【『SPEEDSTAR RECORDS 20th Annive
rsary Live      ~LIVE the
SPEEDSTAR 20th~』】SHEENA & THE
ROKKETS、AA=、ORANGE RANGE、THE B
ACK HORN ※出演順2013年1月18日 a
t Zepp DiverCity Tokyo

撮影:TEPPEI/取材:石田博嗣

 ロックレーベルとして数々の名曲や名盤を世に送り出し続けるスピードスターレコード。その誕生20周年を祝して3日間に渡って行なわれたアニバーサリーイベントの初日をレポートしたい。まずトップ…すなわちイベントの幕開けを飾ったのは、同レーベルの設立時より在籍するSHEENA & THE ROKKETS。シーナのハスキーヴォイス、鮎川 誠のクールなギター、奈良敏博(Ba)&川島一秀(Dr)による鉄壁な8ビート…それらが織りなすグルーブは半端ない。“ロック=不良”と言われていた頃のワイルド感を漂わせ、ソリッドでセクシー、ポップでキュートなロックンロールが会場を魅了した。二番手はTAKESHI UEDAのソロプロジェクト、AA=。“DiverCity、いくぞ!”とのっけから攻撃的なデジタルハードコアサウンドを叩き付けると、それに呼応するようにフロアではモッシュやクラウドサーフが発生する。刺々しさの中にも繊細さを感じさせるナンバーで会場の熱量を高める一方、昨年末に急逝したPay money To my Pain のK(Vo)のことに触れ、Kも参加した震災復興プロジェクト・AA=AiDの楽曲「We're not alone」を披露。バンドが捧げた想いに観客の気持ちも加わったことは言うまでもないだろう。続いては、昨年同レーベルに仲間入りしたORANGE RANGE。お祝いムードを盛り上げるパーティーチューン…しかも、アゲアゲのサマーチューンの連続投下で会場を瞬く前に沸騰させたパフォーマンスには目を見張るものがあり、YOH(Ba)の蠢くようなスラップベース、NAOTO(Gu)の挑発的なギターの妙技にも耳を惹き付けられた。トリを務めたのはTHE BACK HORN。同レーベルと出会うきっかけとなった、インディーズ時代の1stアルバム『何処へ行く』を再現したスペシャルなメニューでフロアの床を揺らし、ボディブロウのように響く重厚なバンドサウンドで観客を高揚させていくさまは圧巻である。それも展開が複雑で、抑揚も激しく、グルーブに“乗せる”と言うよりも“酔わせる”といった感じだ。…といったように初日から異種格闘技のようなアクトが繰り広げられたが、それだけ個性の強いバンドが所属しているということ。それが同レーベルのカラーでもある。当然、2日目、3日目も個性派アーティストたちの艶演が繰り広げられた。

セットリスト

  1. 【SHEENA & THE ROKKETS】
  2. Oh No I'm Flash ホラフキイナズマ
  3. You Really Got Me
  4. HAPPY HOUSE
  5. LEMON TEA
  6. ユー・メイ・ドリーム
  7. 【AA=】
  8. LOSER
  9. sTEP COde
  10. Lasts
  11. The Klock
  12. GREED...
  13. FREEDOM
  14. We're not alone
  15. 【ORANGE RANGE】
  16. おしゃれ番長
  17. サディスティックサマー
  18. 上海ハニー
  19. Restart
  20. Warning!!
  21. GOD69
  22. 鬼ゴロシ
  23. 【THE BACK HORN】
  24. ピンクソーダ
  25. カラス
  26. 冬のミルク
  27. 魚雷
  28. 雨乞い
  29. 怪しき雲ゆき
  30. 晩秋
  31. 何処へ行く
  32. <ENCORE>
  33. 無限の荒野
ORANGE RANGE プロフィール

オレンジレンジ:沖縄の米軍・嘉手納基地近くのコザ(沖縄市)に在住する5人組ロックバンド。2001年に結成し、02年2月にアルバム『オレンジボール』でインディーズデビュー、そして03年にシングル「キリキリマイ」でメジャーデビューを果たす。10年7月には自由な音楽を生み出すために自ら設立した音楽レーベル『SUPER ((ECHO)) LABEL』にて活動を開始。ジャンルにとらわれない自由かつ高い音楽性と卓越したポピュラリティーで、数々の名曲を送り出し続けている。ORANGE RANGE オフィシャルHP

THE BACK HORN プロフィール

ザ・バックホーン:1998年結成。“KYO-MEI”という言葉をテーマに、聴く人の心を震わせる音楽を届けている。01年にシングル「サニー」をメジャーリリース。17年には宇多田ヒカルとの共同プロデュース曲「あなたが待ってる」が話題に。結成20周年となる18年、3月にメジャーでは初となるミニアルバム『情景泥棒』を、10月にはインディーズ時代の楽曲を再録した新作アルバム『ALL INDIES THE BACK HORN』を発表。また、ベストセラー作家・住野よるとのコラボレーション企画もスタートし、注目を集めている。THE BACK HORN オフィシャルHP
THE BACK HORN × 住野よるコラボプロジェクト公式サイト

AA= プロフィール

THE MAD CAPSULE MARKETSでヴォーカル&ベースを担当、全ての楽曲をプロデュースしているTAKESHIによるソロ・プロジェクトAA=(エーエーイコール)。THE MAD CAPSULE MARKETSは05年に<ソニー・ミュージック・レコーズ>へ移籍後、06年4月に突然の活動休止を発表。KYONOやMOTOKATSUがソロ活動を展開するなか、彼は3年間の沈黙を続けていたが、08年10月、遂に音楽活動を再開。ユニット名はジョージ・オーウェル作『動物農場』内で登場する一文“All animals are equal”の略。

09年2月、坂本龍一をはじめとする数々のアーティストが所属する<commmons>より、AA=として1stアルバム『#1』をリリース。この作品発売から間髪を入れずに、東名阪ツアー『TOUR#1』を敢行し、全公演ソールド・アウトとなる。ツアー終了後には、『SUMMER SONIC 09』『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009』などの夏フェスに出演し大反響を呼んだ。公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着