【真空ホロウ】『「少年A」レコ発ツ
アー【“Pe(r)son A” TOUR】』2013
年5月16日 at 渋谷CLUB QUATTRO

撮影:古溪一道/取材:田中 大

 オープニングを飾った「アナフィラキシーショック」によって、一気に熱く沸き立ったフロア。続いて「シンデレラコンプレックス」と「週末スクランブル」も演奏されて、場内の誰も彼もが汗だく。冒頭の3曲の時点で、早くもすさまじい盛り上がりへと至っていた。そして、刺激的な演奏がさらに続く。奥行き深いドラマを描き上げた「娼年A」。鋭い殺気を漂わせた「グライダー」。松本明人(Vo&Gu)が爪弾くアコースティックギターと歌による瑞々しい幕開けを経て、村田智史(Ba)と大貫朋也(Dr)が合流するや否や、壮大に高鳴った「4月某日」…などなど。様々な曲が絶妙に連なり合ったセットリストであった。
 「闇に踊れ」を皮切りに、アグレッシブなナンバーが連発された終盤。「サイレン」の演奏を終えると、メンバーたちはステージから去った。すると、観客の間から“おかわり! おかわり!”というコールが起こる。その声に応えて戻ってきた3人。“本編で全力を出そうと思っていたのでアンコールはやらないんですけど、みんながコールしてくれて、毎回心震わされてます。もう1曲。頭に戻ろうぜ!”、村田が言って、2回目となる「アナフィラキシーショック」がスタートした。曲の途中で“ここで提案があります。《おかわり頂戴》を言って欲しいです。今日をかけがえのない日にしましょう”と観客に呼びかけた松本。皆が全力で歌詞の一節《おかわり頂戴》を叫んで雪崩れ込んだクライマックスは、最高に清々しい完全燃焼を実感させてくれた。

セットリスト

  1. アナフィラキシーショック
  2. シンデレラコンプレックス
  3. 週末スクランブル
  4. 眩暈
  5. 思春の生贄
  6. 娼年A
  7. グライダー
  8. 4月某日
  9. 終幕のパレード
  10. Highway My way
  11. 闇に踊れ
  12. クレイマン・クレイマー
  13. Balance cont(r)ol
  14. 被害妄想と自己暗示による不快感
  15. サイレン
真空ホロウ プロフィール

シンクウホロウ:2006年、松本明人を中心に3ピースバンドとして始動。 09年にRO69が運営する新人コンテスト『RO69JACK 2009』を勝ち抜き、『ROCK IN JAPANFESTIVAL 2009』に初出演。その後も数々のフェスに出演するなど、ライヴバンドとしても注目を集め、12年10月にミニアルバム『小さな世界』でメジャーデビューを果たす。15年にメンバーの脱退により松本明人のソロプロジェクトとなる。17年3月に高原未奈、11月にMIZUKIが加入し、3ピースバンドとして活動を再開。リアルな女性目線に切り込んだ世界観が、多くのリスナーの共感を呼んでいる。真空ホロウ オフィシャルHP
真空ホロウ オフィシャルTwitter
真空ホロウ オフィシャルFacebook

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。