【the band apart】『SMOOTH LIKE BUTTER TOUR』2013年6月21日 at SHIBUYA O-EAST

    撮影:Rui Hashimoto/取材:奥村明裕

     川崎亘一(Gu)、荒井岳史 (Vo&Gu)、木暮栄一(Dr)、そして原昌和(Ba&Cho)と、それぞれのパートが悠然と折り重なっていく「いつかの」から間髪置かず「ノード」へとつなぐ劇的な幕開け。さらに「coral reef」「free fall」と目くるめく怒涛の攻勢で、『6th album“街の14景”release live SMOOTH LIKE BUTTER TOUR』東京公演は序盤から最高潮! 開演直前に川崎のエフェクターが断線というハプニングに見舞われたものの、4人のエモーションあふれる熱演はひとつの奔流となってフロアを飲み込み、オーディエンスを丸ごと歓喜の果てへと導いていった。「higher」「Fool Proof」など定番曲はもちろん、ニューアルバム『街の14景』の楽曲群も――4月の初披露時には多少の力みも感じられたけれど――自然体ながら高い精度と熱量で鳴らされていて、長いツアーでの成果をまざまざと感じさせた。中盤には、今ツアーからやり始めたという木暮のMCタイムも(バスドラ叩きながら「EZ DO DANCE」を熱唱!笑)。「ARENNYAで待ってる」で爽快なR&B風コーラスを響かせたと思えば、「black」でAC/DCさながらの硬質なハードロックをブチかまし、さらに長大なインストナンバー「師走」では狂気交じりのプログレッシブな衝動をスパークとライヴ後半も充実のアクトを展開。浮沈激しいシーンにあって10年以上も最前線に立ち続け、今もこうしてフルハウスの渋谷O-EASTを熱狂させている姿を目の当たりにすると、改めてこのバンドの異才と偉大さを痛感せずにはいられなかった。この先も東北公演、夏フェス出演、そして“秋になったらもう一回ツアーをやります。7月1日にいろいろ発表するんでよろしくお願いします!”と荒井から告知があった通り、バンアパの進軍は続く!

    セットリスト

    1. いつかの
    2. ノード
    3. coral reef
    4. Free Fall
    5. fool proof
    6. higher
    7. 12月の
    8. 仇になっても
    9. ARENNYAで待ってる
    10. BLACK
    11. light in the city
    12. AKIRAM
    13. 師走
    14. 泳ぐ針
    15. 夜の向こうへ
    16. I love you Wasted Junks & Greens
    17. アウトサイダー
    18. photograph
    19. 8月
    20. <ENCORE>
    21. 明日を知らない
    22. Eric.W
    the band apart プロフィール

    ザ・バンド・アパート:1998年結成。04年に自らが運営する“asian gothic label”での独立を果たす。ツアーでは両国国技館や幕張メッセでのライヴを成功させ、国内では毎年数々の野外フェスで多くのアーティストとの共演を重ねながら自らのサウンドを確立してきた。さらに、レーベル所属のmock orangeとのアメリカツアーや、台湾、フランスでのライヴを行なうなど、ワールドワイドな活動も展開している。
    the band apart オフィシャルHP

    0コメント

      the band apartの関連情報