【BUCK-TICK】『或いはアナーキー –
N P P N B D K N -』2014年12月29日
at 日本武道館

撮影:森 久/取材:土屋京輔

 BUCK-TICKが放つ、この強烈な求心力の根源は何なのか? 最新アルバム『或いはアナーキー』を携えたライヴは、全国ホールツアーの締め括りとなる東京・NHKホール公演を約3カ月前に観たばかりであり、その際の素晴らしいパフォーマンスにも感銘を受けたが、15年連続となるこの日の日本武道館公演では、また新たな衝動に心も体も揺さぶられることになった。

 新曲を主軸にしながら、過去のマテリアルを組み込んでいくセットリスト。このセレクトの仕方からして深遠だ。単に曲調的な近似性だけではなく、歌詞に描かれる世界観のちょっとした共通項まで連関させて魅せていくのである。ダダイズム、シュルレアリスム、デジタル・ビート、宇宙…そういったキーワードでつながる抽象化された概念が音塊となり、オーディエンスを異次元へと誘う。

 現実と非現実を自在に行き来する。その佇まいは櫻井敦司(vo)の艶かしく毒々しい立ち居振る舞いに象徴されるが、それが決して妄想ではないことは、彼らのステージに触れれば一目瞭然だろう。あらゆる現象がBUCK-TICKという媒介を通じて表出される瞬間の連続。享楽的な感覚もある一方、時には恐怖感すら覚えるほどだ。

 観客と常に心地良い距離感で温かさを伝える姿を改めて確認した場面も多かった。本編を「HEAVEN」で締め、最終アンコールで「CLIMAX TOGETHER」から、同名映像作品を再現する「…IN HEAVEN…」「MOON LIGHT」へと結ぶ。つまり、いずれも行き着いた先は“天国”ということか。そんな心憎い演出までさりげなく織り込んでしまう。まだまだ追究したくなるバンドである。

セットリスト

  1. DADA DISCO - G J T H B K H T D -
  2. Devil'N Angel
  3. ICONOCLASM
  4. SE
  5. ボードレールで眠れない
  6. PHANTOM VOLTAIRE
  7. サタン
  8. masQue
  9. SE
  10. 世界は闇で満ちている
  11. ONCE UPON A TIME
  12. 宇宙サーカス
  13. 独壇場Beauty -R.I.P.-
  14. SURVIVAL DANCE
  15. ROMANCE
  16. 絶界
  17. 惡の華
  18. HEAVEN
  19. <ENCORE1>
  20. メランコリア -ELECTRIA-
  21. NOT FOUND
  22. 形而上 流星
  23. 無題
  24. <ENCORE2>
  25. ノクターン -RAIN SONG-
  26. CLIMAX TOGETHER
  27. …IN HEAVEN…
  28. MOON LIGHT
BUCK-TICK プロフィール

日本のロック・シーンが急激に加速し始めた1980年代中頃から活動を続けるワンアンドオンリーなロック・バンドで、現代のアーティストたちにも多大な影響を与え続けている。1985年に結成。自主制作盤の発表やライヴ活動を経て、87年9月にライヴビデオ『バクチク現象 at LIVE INN』でメジャーデビューを果たし、11月にアルバム『SEXUAL×××××!』を発表。89年1月にリリースされた3rdアルバム『TABOO』は、オリコン週間チャート1位を獲得。“バクチク現象”が起きる中、バンドは名実共にトップ・アーティストへ。同年12月には、東京ドームでライヴを敢行し、43,000人を動員する。90年2月、4thアルバム『悪の華』を発表。耽美的な世界観が一気に開花したこの秀作は、オリコンチャートで週間1位に輝く。以降もコンスタントにアルバムをチャート上位に送り込み、ファンを獲得していく。2007年9月には、初となる主催大型ロック・イベント『BUCK-TICK FEST 2007「ON PARADE」』を横浜みなとみらい・新港埠頭特設野外ステージで開催。2012年、不動のメンバーでデビュー25周年を迎え、新レーベル<Lingua Sounda(リンガ・サウンダ)>を設立。7月にトリビュートアルバム『PARADEⅡ~RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK~』を、9月にアルバム『夢見る宇宙』を発表。さらに9月には、トリビュート・アルバムに参加したアーティストと共に『BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE』を千葉ポートパーク内特設ステージにて開催。2013年6月には、デビュー25周年を記念したドキュメント映画『劇場版BUCK-TICK~バクチク現象~』を公開する。2013年12月、14年連続となる日本武道館公演を達成。2014年6月、19枚目のアルバム『或いはアナーキー』をリリース。独特なポップ・センスとダークな世界観を深く掘り下げつつ、インダストリアル・ロックの要素を取り入れるなど、今なお進化は止まらない。BUCK-TICK オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント