【THE MODS】『THE MODS 2015 "PAROLE TOUR"』2015年4月25日 at Zepp DiverCity Tokyo

    撮影:斉藤ユーリ/取材:石田博嗣

     “こういうバンドがたまにいないとダメでしょ? 体が続く限り、主治医が許す限り(笑)、やっていこうと思います。みんなもロックを好きでいてください”という森山達也(Vo&Gu)のMCの後に披露された、トリプルアンコールでの「ROCKAWAY」。《ヤメたい ヤメられない キライだけど 大好きなんだ》という歌詞が何倍もの説得力を持って胸に響いてきたーー。

     昨年のクリスマスに“PAROLE(仮釈放)”と掲げて行なった1年振りのライヴで手応えを得て、同タイトルを冠にして敢行された全国ツアーの最終日。心配された森山の体調だが、そのパフォーマンスは微塵も不安を感じさせない。1曲目「FRIEND OR FOE」から軽快に飛ばし、3曲目「HEY!! TRAVIS」では大合唱を誘発させていた。中盤に入ると“ヤバいね。55になりました”とこの日が誕生日だった苣木寛之(Gu&Vo)が「Congratulation Song」、佐々木周(Dr&Vo)が「EVERYTHING'S GONNA BE ALRIGHT」のメインヴォーカルを務め、さらに観客の高揚感を引き上げると、北里晃一(Ba&Vo)ヴォーカルのグルービーなパンクチューン「SHE DON'T LIKE」から終盤戦に。スリリングなナンバーの連続投下に会場はヒートアップし、「PISTOL SLAPPER」で本編が締め括られるが、熱烈な“モッズ”コールが再三アンコールのステージへと4人を呼び戻す。“素晴らしきモッズファンと天国に行ってしまったシーナのために”とスタンダードナンバー「WHAT A WONDERFUL WORLD」が披露され、幕を下ろした本公演であり、仮釈放ツアー。THE MODSは来年デビュー35周年を迎えるわけだが、自分が中学生の頃から聴いていたバンドが今も活動しているすごさ、その素晴らしさを改めて実感した。

    セットリスト

    1. SE.STUCK ON YOU(Instrumental)
    2. FRIEND OR FOE
    3. ご・め・ん・だ・ぜ
    4. HEY!! TRAVIS
    5. MAKE SOME TROUBL
    6. Am(エーマイナー)の詩
    7. Congratulation Song
    8. ONE CHANCE
    9. EVERYTHING'S GONNA BE ALRIGHT
    10. PROUD ONES
    11. ROCKA ACE
    12. GO-STOP BOOGIE
    13. バラッドをお前に
    14. SHE DON'T LIKE
    15. WHERE THE ACTION IS
    16. PISTOL SLAPPER
    17. <ENCORE1>
    18. LIVE WITH ROCK'N'ROLL
    19. EXCUSE ME , Mr.FUCK
    20. KILL THE NIGHT
    21. <ENCORE2>
    22. NO REACTION
    23. 壊れたエンジン
    24. PRISONER(野獣を野に放て)
    25. <ENCORE3>
    26. ROCKAWAY
    27. 他に何が
    28. <ENCORE4>
    29. WHAT A WONDERFUL WORLD
    THE MODS プロフィール

    ザ・モッズ:1981年にアルバム『FIGHT R FLIGHT』でメジャーデビュー。以来、時代に流されることなく、音楽に対する真摯な姿勢を貫き、ファンのみならず多くのアーティストたちにも多大な影響を与え続けてきた。技術や理屈だけでは作り出せないバンド然とした強靭なサウンドと、リーダーである森山の類稀なる歌唱力とカリスマ性が最大の魅力である。 THE MODS オフィシャルHP

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント