【LOUDNESS】『LOUDNESS WORLD TOUR
2015 “THE SUN WILL RISE AGAIN”
~30TH ANNIVERSARY THUNDER IN TH
E EAST~IN JAPAN』2015年9月7日 at
渋谷公会堂

撮影:ほりたよしか/取材:石田博嗣

 LOUDNESSが世界展開するきっかけとなった歴史的名盤『THUNDER IN THE EAST』が発表されて、今年で30年。その節目に開催された本メモリアルツアーの第1部では、同作を完全再現! しかも、ステージに登場したメンバーは当時を彷彿させる衣装というサプライズ付きだ。もちろん、“完全再現”と言っても世界を相手に闘ってきた30年というキャリアがあるだけに、二井原実(Vo)の熟成したヴォーカリゼーションを含め、サウンドの持つ深みや重み、破壊力が断然違う。幾度となく聴いてきた名盤の収録曲が記憶のもの以上の迫力で…それもアルバムの曲順通りとなれば、会場を埋めるファンの興奮度が1曲目「Crazy Night」のMAXだったのは当然のことだろう。

 そして、第2部はベストセレクション。会場にSE「Theme Of Loudness Part II」が流れると、再び客席に火が付く。キラーチューン「Crazy Doctor」など80年代の代表曲の連続投下に、拳とメロイックサイン、歓声でもって呼応する観客。それを高崎晃の超絶テク満載のギタープレイが焚き付け、山下昌良の下腹部にずっしりと響くベースであり、鈴木政行のパワフルかつダイナミックなドラムが高揚感を蹴上げ、場内に熱気の渦を発生させる。中盤では最新アルバム『THE SUN WILL RISE AGAIN 〜撃魂霊刀』からのナンバーも披露。往年の代表曲と最新曲に温度差を感じさせないのは、ずっとバンドが第一線で動き続けているからこそだということを改めて実感した。ライヴはヘドバンナンバー「S.D.I」で幕を下ろしたのだが、ステージ上には最高のライヴをやり切ったメンバーの、客席には最強のメニューを堪能した観客の満足げな笑顔が広がっていた。

セットリスト

  1. 【I部】
  2. SE. ERUPTION
  3. Crazy Night
  4. Like Hell
  5. Heavy Chains
  6. Get Away
  7. We Could Be Together
  8. Run For Your Life
  9. Clockwork Toy
  10. No Way Out
  11. The Lines Are Down
  12. Never Change Your Mind
  13. 【II部】
  14. SE. Theme Of Loudness Part II
  15. In The Mirror
  16. Crazy Doctor
  17. Shadows Of War
  18. Dream Fantasy(夢・Fantasy)
  19. In My Dreams
  20. The Sun Will Rise Again
  21. Mortality
  22. S.D.I
LOUDNESS プロフィール

日本が世界に誇るへヴィ・メタル・バンド、ラウドネス!! 野茂や佐々木が米国野球界に挑戦する10年も前に、アメリカ音楽界に殴り込みをかけた男たちがいた。元レイジーの高崎晃(g)と樋口宗孝(dr)を中心に結成されたラウドネスは、81年に『誕生前夜』でデビューを飾る。メタリックかつプログレッシヴ、ア〜ンド、メロディアスなサウンドは、ジャパニーズ・メタル(通称ジャパメタ)・ムーヴメントの幕開けを告げる狼煙となり、多くの若手バンドがその後に続く。ニ井原実のハイトーン・ヴォーカル、高崎の煙の出るような超絶ギター・ソロ、そして、山下昌良(b)と樋口による鉄壁のリズム隊は、海外のへヴィ・メタル・バンドに何ら遜色のない実力を誇った。『撃剣霊化〜DISILLUSION』(84年)で日本メタル・シーンの頂点を極めた彼らは、『THUNDER IN THE EAST』(85年)を引っ提げて、遂にワールドワイド・デビューを果たす。それに伴い、モトリー・クルーのオープニング・アクトとしてアメリカ・ツアーを敢行、日本人としては初めてマジソン・スクエア・ガーデンでライヴを行うという快挙を成し遂げる。さらに、アルバムもスマッシュ・ヒットを記録し、その名を全米に知らしめたのであった。以後も、メンバー・チェンジを繰り返しながら、傑出した作品を次々と発表する。00年10月には、ニ井原実(vo)、高崎晃(g)、樋口宗孝(dr)、山下昌良(b)というオリジナル・メンバーで活動開始。メタル道を追求する姿勢は少しも揺るがず、鋼鉄の牙城を死守し続けている。LOUDNESS Official Website
公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント