【Mr.Children】『Mr.Children Stad
    ium Tour 2015 未完』2015年9月5日
    at 日産スタジアム

    撮影:石渡憲一/取材:森 朋之

     最新アルバム『REFLECTION』を引っ提げた全国スタジアム&5大ドームツアー『Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』。そのハイライトとなる日産スタジアム公演(2デイズで約14万人を動員)で、Mr.Childrenは現代人の苦しみ、痛み、そして、その先にあるはずの希望を生々しいバンドサウンドと最新鋭の映像、演出とともにダイナミックに体現してみせた。

     オープニングはツアーのタイトルにも掲げられた「未完」。さらに「擬態」「ニシエヒガシエ」などの人気曲と『REFLECTION』の楽曲を交えながらライヴは進んでいく。桜井和寿(Vo&Gu)は“どんな曲をやったらみんながビックリするかな?とか、リハーサル期間、想像と妄想を膨らませながら準備してきました”と満面の笑みで語り掛けていたが、ライヴが行なわれていた3時間半、“うわっ、この曲やるんだ!”という驚きはまったく絶えることがなかった。

     4人のメンバーとサポートのSUNNY(Key&Cho)によるサウンドも素晴らしい。『REFLECTION』は全体を通して生々しいバンド感を押し出した作品だったが、そのモードは今年前半のアリーナツアー、そして、今回のスタジアム&ドームツアーにもダイレクトに引き継がれていた。ミスチルは2015年のツアーを通して、ロックバンドとしての衝動をしっかりと取り戻したのだと思う。

     アンコールでは「Tomorrow never knows」「innocent world」も披露されたのだが、それは単なるファンサービスではなく、『REFLECTION』を表現する上で欠かせない楽曲であり、その世界観、メッセージ性は明らかにつながっていることがはっきりと感じられた。過去の名曲と最新のアルバムをひとつの線でつなぐこと。それこそがこのツアーの意義であり、ミスチルはその壮大なトライを見事にやり遂げてみせた。

    セットリスト

    1. 未完
    2. 擬態
    3. ニシエヒガシエ
    4. 光の射す方へ
    5. CHILDREN’S WORLD
    6. 運命
    7. FIGHT CLUB
    8. 斜陽
    9. I Can Make It
    10. 忘れ得ぬ人
    11. and I love you
    12. タガタメ
    13. 蜘蛛の糸
    14. REM
    15. WALTZ
    16. フェイク
    17. ALIVE
    18. 進化論
    19. 終わりなき旅
    20. 幻聴
    21. 足音 〜Be Strong
    22. <ENCORE>
    23. I wanna be there
    24. overture〜蘇生
    25. fantasy
    26. Tomorrow never knows
    27. innocent world
    28. Starting Over
    Mr.Children プロフィール

    純粋なロック・バンドが、いわゆるアイドルや歌謡曲(Jポップ)のアーティストと同様にチャートを賑わせるようになって久しい。ホコ天バンド人気やヴィジュアル系の台頭などと連動してそういった状況が生まれたと思われるが、Mr.Childrenは着実なライヴ活動で叩き上げられ、トップに昇りつめたバンドである。

    89年に桜井和寿(vo&g)、田原健一(g)、中川敬輔(b)、鈴木英哉(dr)の4人によって結成され、92年に第5のメンバーともいえる小林武史プロデュースによるミニ・アルバム『EVERYTHING』でデビュー。93年頃から徐々に注目を集め、ついにシングル「CROSS ROAD」が120万枚以上のセールスを記録した。以後、日本を代表するロック・バンドとして不動の地位を確立しながら、「innnocent world」(第36回日本レコード大賞受賞)「終わりなき旅」「Sign」(日本レコード大賞・金賞)「GIFT」「HANABI」など数々の大ヒット・シングルを発表。オリコン・シングル・チャートにおいては「innocent world」以降の全シングルが初登場1位を獲得しており現在も記録を更新中である。

    壮大なサウンド・アレンジが光るバンド・アンサンブルと、桜井自身の直情ともとれる歌詞——ポップ感あふれるノリのいいナンバーも、アコースティックが冴えわたるバラード調の曲も、真っ向勝負でかます4人の真摯な姿勢には、ロック・バンドとしての自信と新境地へ向かう勇気を垣間見ることができる。Mr.Children オフィシャルHP(アーティスト)
    Mr.Children オフィシャルHP(レーベル)
    Mr.Children オフィシャルfaceFacebook
    Mr.Children オフィシャルYouTube
    Wikipedia

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント