取材:宮本英夫

曲のスピード感と歌詞がマッチしている

3ヶ月連続リリースの第二弾「stillness in the wind」はどんな曲ですか?

これは佐藤くん(Gu)の曲で、5~6曲書いてきた中から選びました。佐藤くんの曲は僕の作る曲とは違っていて、僕にはない自由な発想と独特のメロディーセンスがすごくて、幅広い作曲ができて楽しいです。

UNCHAINといえば洗練されたソウルフルなポップス感が特徴ですけど、これはエモーショナルに突っ走る曲ですね。

歌詞の内容も“人生どれだけ早く走れるか?”みたいな、でもふと立ち止まってみたら“周りがよく見えた”という内容なので。曲のスピード感がいい感じで歌詞とマッチしたと思います。

バンド的に、演奏の手応えは?

こういう曲調は、特にドラムの吉田くんなんかは得意な感じだと思います。ビートに気持ちが乗っていて、僕らもその勢いに乗って、レコーディングはパッとできちゃった感じです。

詞は前作に続いて日本語で、今回は佐藤くんと谷川くんの共作になってますね。

佐藤くんの作ってくる曲は、最初からイメージがあるんですよ。“こういうイメージで書いたから、こういう詞を書いてくれ”って。今までもそうだったんですけど、今回は日本語ということで、佐藤くんと一緒に考えました。

内容は一見ラヴソングですけど、人の生き様というか、人生観っぽいですね。

人生の中で何か手に入れたいものがあって、そのためにはただ突っ走るだけじゃダメなんだという。教訓じゃないですけど、それを恋愛に例えた感じです。UNCHAINの曲はいつも、後ろを向いている自分が前を向いて、“ポジティヴになろうぜ”と言って終わるのが多いんですけど、今回は珍しく“大切なものがなくなっちゃった”で終わるという、バッドエンドな感じは今までなかったので。その切なさがいいかなと思います。

とても切ない余韻が残ります。

大切なものに気付いたんだけど、もう遅かったという。この次に出す第三弾も、“若き日の輝いていた頃を忘れない”みたいな歌詞を書いてるんで。現在と過去と未来の中で、感情が入り混じる感じは共通してる思います。後悔もあるけど、未来は頑張るんだみたいな。今はそういう歌詞が多いですね。

カップリングは恒例のセルフカヴァーと洋楽カヴァーの2曲ですね。

『Withered Voice』は当時のUNCHAINの中でも浮いてた曲で、もっと重たい感じのロックだったんですけど、ちょっとだけ軽くしてファンキーさを出してみました。アークティック・モンキーズみたいなイメージで。『HYPERBALLAD』はビョークのカヴァーで、入念に聴き込むほどビョークのすごさが分かってきて、カヴァーするのが少し怖かったんですけど。ダンスミュージックっぽさを生かして、打ち込みっぽい生ドラムとループっぽいギターを重ねてみました。自分のヴォーカリストとしてのレベルアップにもつながったし、すごく勉強になりましたね。

11月~12月にかけて、2マンで回る冬のツアーがスタートしますが、その抱負は?

僕自身の目標としては、日本語の味をしめたいです。ライヴでの歌い方はまだまだ成長していけると思うし、お客さんがどんな反応をしてくれるのかも楽しみです。対バンもカッコいいバンドばかりなので、負けないように頑張ります。
UNCHAIN プロフィール

1996年に結成された京都出身のロック・バンド。2005年6月、1stミニ・アルバム『the space of the sense』でインディーズ・デビュー。2007年1月には、3rdミニ・アルバム『departure』でメジャー進出を果たす。ロック、ポップスはもちろん、ジャズやR&B、ソウル、ファンクなどさまざまなサウンドを飲み込み、独自のグルーヴで奏でる美メロ・ナンバーの数々。そして、愛や孤独を歌った切ない詞世界が話題を呼ぶ。2008年3月にリリースした1stフル・アルバム『rapture』は、全編英詞でグルーヴ・ロックの一つの完成形とも言うべき傑作となり、各方面から絶賛される。同年秋からは11月に「Across The Sky」、12月に「stillness in the wind」、2009年1月に「Brighter Days」とバンド史上初の日本語詞によるシングル3部作をリリース。2010年7月、3rdアルバム『Hello, Young Souls!!』を発表。2011年4月には、UNCHAINの2大ルーツであるロックとソウルをコンパイルしたコンセプト・ベスト・アルバム『Rock Flavour』と『Soul Flavour』を同時リリース。2013年2月にカヴァー・アルバム『Love & Groove Delivery』を発表すると、2014年2月に第二弾『Love & Groove Delivery Vol.2』、そしてデビュー10周年を迎えた2015年にも2月に第三弾『Love & Groove Delivery Vol.3』をリリースした。また、2015年6月には014年グラミー賞を受賞したサウンドエンジニア Sadaharu Yagiを迎え、L.Aでレコーディングした初のリメイク・ベスト・アルバム『10fold』を発表。2016年3月には8枚目のフル・アルバム『with time』をリリース。UNCHAIN Official Website
Facebook
Twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着