取材:土内 昇

森翼色が出たシングルだと思う

デビューから半年が経ちましたが、何か変わりました?

やっぱり、今までやってたことと同じことをやっててはダメじゃないですか。だからと言って、何をすればいいのかは、まだ分かってないんですよ。でも、もっといい曲を作りたいとは思ってて…今までだったら寝る前に歌詞が思い浮かんでも眠さに負けてたんですけど、最近ではメモしてますね。めっちゃ眠いんですけど(笑)。だから、いい曲を作るために、いい歌詞を書くために…っていうことを考えて動いてます。あと、歌番組を観てても今までだったら男の人の歌ばかりを聴いてたんですけど…中高生の時の“カラオケで歌いたいから聴く”っていう習性がついてて。でも、最近は女の人の歌も聴くようにしてて…それが自分の曲を作る時に生かされてたりするんで、“いろんな曲を聴こう”って思うようにもなりました。

音楽に対して、より貪欲になったと?

貪欲に…それ、僕が言ったことにしておいてください(笑)

(笑)。では、2ndシングルの「すべり台」について訊いていきたいと思います。前作はフォーキーな感じだったのですが、今作はバンドサウンドですよね。

今まではギター一本と声のことだけしか考えてなかったんですけど、楽器を意識して作ったというか…この曲は作っている時から4つ打ちのドラムが頭の中に流れてたんですよ。アレンジャーの鈴木Daichi秀行さんがいろんな音を作ってくれるんで、“こういう音を入れるといいんじゃないかな?”ってバックの音をある程度想定した上で曲を書きましたね。そしたら鈴木さんが“じゃあ、こんなのはどう?”とかアイデアを出してくれて、すごいカッコ良い曲になりました。

もともとはどんな曲を作ろうとしたのですか?

疾走感のある曲を作りたいと思ったんですけど、楽しいだけじゃなく、切ないだけでもないっていう。パッと聴きはノリが良くて楽しいんですけど、聴き終わった時に胸の奥が少し切なくなってるようなものにしたかったんですよね。

彼女に別れを切り出される歌詞は、今回も実体験を?

そうですね。でも、彼女が別れを切り出そうとする前に、僕の方から別れを切り出したんで…でも、結局はフラれてるんですよね。って、今さら何を強がってるんやろ(笑)。自分が悪いって受け入れている部分もあるので、女々しい感じではなく、最後は力強く歌いたいなって思ってました。

“公園で?”のフレーズが切ないですよね。

めっちゃ切ないですよね(笑)。ここの歌詞が一番気に入ってるんですよ。公園で別れ話をしてて、初めは彼女の目を見て喋ってるんですけど、彼女が泣いてるから見れなくなって、目をそらした時にすべり台があったんです。頭の中は真っ白になってるから、そのすべり台がキリンだったか、ゾウだったかは覚えてないけど、“彼女を守りたい”と思ってたのは覚えてる…っていう景色が見えるじゃないですか。僕も景色を想定しながら歌詞を書いたり、景色を思い浮かべながら歌ったりしてるんで、聴いてくれた人も、そのシーンを思い浮かべてほしいですね。ちなみにここの歌詞、寝る前に思い浮かんだんですよ(笑)

カップリングも含めて、やはり1枚目とは違いますよね。

全然違いますよね。1枚目よりもパンチ力があるというか。でも、1枚目があったからこそ、今回はこういうサウンドに挑戦できたと思うし…ぜひ、いろんな人に聴いてほしいですね。男の女々しさも出しつつ、森翼色が出たシングルだと思います(笑)
森 翼 プロフィール

1985年5月3日生まれ、大阪府出身。中学3年生の頃、家出したことをきっかけに音楽と出会う。中古楽器屋でギターを購入し、曲作りを始める。高校の時には、2人組で西宮や三宮、梅田などでストリート・ライヴを開始。夏休みには東京行きなどを含む約1ヶ月のヒッチハイク・ツアーを行い、その後もストリート・ライヴで着実にファンを増やしながら、初のワンマン・ライヴを梅田バナナホールで開催し大成功を収める。

08年5月に1stシングル「雨傘物語/オレンジの街」でメジャー・デビュー。個性的な歌声と天性のキャラクターが各方面で話題とり、7月には映画『愛流通センター』で役者デビューを果たし活動の幅を拡げる。そして、同年11月に発売された2ndシングル「すべり台」がテレビ東京系アニメ『家庭教師ヒットマンREBORN!』のエンディング・テーマに抜擢され、スマッシュ・ヒットを記録。
09年3月には1stアルバム『コワイモノシラズ』をリリース。さらに役者としてテレビ朝日系ドラマ『京都地検の女』に出演、意外に重要な役どころからお茶の間にも森翼という名前を知らしめた。森 翼 Official Website
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着