跳躍したエネルギーを放つ名曲「冒険彗
星」

とてつもない「名曲」が誕生した。その名も「冒険彗星」。何と言えばいいのだろう。この曲には、理屈ではなく本能を刺激する心地良いエネルギーがみなぎっている。ものすごいエネルギーが心と体と頭にまっすぐに飛び込んでくる。体内の血液が体の隅々まで駆け巡るような疾走感。とにかく心が躍ってしまう。“音楽”を通してこんな感触を体感するのは、久しぶりな気がする。潔いほどにまっすぐで、温かくて、そして優しくて切ない感触…とても言葉では語り尽くせない詞世界、心にまっすぐに飛び込んでくる高揚感あふれるメロディーとサウンド。そして、ただただ真っすぐに歌う榎本くるみのヴォーカルは、全ての感情を聴き手に委ねさせてくれる。この曲を聴くと、アドレナリンが上がる。何せタイトルからして“冒険彗星”である。一定の軌道上を周るのが“彗星”のひとつの定義だとすると、その“彗星”が“冒険”してしまうのである。まさにそれが全てを指し示すかのように、この曲はとてつもなく跳躍したエネルギーを内包し、そして放っている。“全ての芸術は音楽に憧れる”。この曲を聴いていると、そんな大層な言葉が頭の中をかすめた。
今回のこの楽曲は、大人気TVアニメ『テイルズ オブ ジ アビス』のエンディングテーマ曲に起用されている。『テイルズ オブ ジ アビス』とは、累計販売本数1000万本を超える大ヒットRPG『テイルズ オブ』シリーズの10周年を記念して製作されたPS2用ソフト。“生まれた意味を知るRPG”として広く知られ、シリーズ最高傑作との呼び声が高い大ヒットRPG。今回待望のTVアニメ化が決定し、毎回そのエンディングを飾っているのが「冒険彗星」であり、すでに大きな話題を集めている。また、その誕生秘話など詳細は“冒険彗星オフィシャルサイト”にアップされており、このサイトへのアクセス数が35万件を超えるなど、リリースを前にして、こちらも大きな反響を集めている。
泣いたり、笑ったり、もがいたり、突き抜けたり、さまざまな色合いを持つ真摯なライヴも、榎本くるみの大きな魅力のひとつ。7月14日恵比寿リキッドルームで開催された『アコースティックワンマンライブスペシャル2008』は、チケットも瞬時完売。大きな感動が生まれた。また、三軒茶屋のライヴハウスのグレープフルーツムーンを中心に毎月定期的にアコースティックライヴを開催しているほか、年末には『rockin’on presents“COUNTDOWN JAPAN 08/09”』への出演も決定。
さらに、来年2月には、東京・名古屋・大阪でのライヴツアーも決定とのこと。2006年、シングル「心のカタチ」でメジャーデビュー以降、8枚のシングルと1枚のアルバムをリリース。独自のペースで精力的に活動を続けながら、常にその唯一無二の存在感と歌声で聴く者を魅了してきた榎本くるみ。彼女の音楽は今、より多くの人々の共鳴を集め始めている。
榎本くるみ プロフィール

81年10月17日生まれ、名古屋出身のシンガー・ソング・ライター。自分のこと、自分の思うことを丁寧に描く詞の世界は、“奇跡の歌声”と称されるその力強くやさしい歌声と共に聴く者の心を強く揺さぶる。

06年4月に<フォーライフミュージックエンタテイメント>より「心のカタチ」でメジャー・デビューした彼女は、デビュー・シングル「心のカタチ」、2ndシングル「打ち上げ花火」で地元名古屋のFM局ZIP FMのチャートで連続して3位を記録、さらに3rdシングル「RAINBOW DUST」は、同チャートで1位を記録。TBS系ドラマ『スイーツドリーム』主題歌にも抜擢される。

4thシングル「愛すべき人」は、FM802(大阪)やTOKYO FM(東京)など、各地FM局にてヘビーローテーション。さらにテレビ朝日『ミュージックステーション』、フジテレビ『めざましテレビ』でも注目アーティストとして取り上げられ、その独自の世界観は多くの人を魅了していく。「愛すべき人」をテーマに、フジテレビドラマ制作班が、ミュージック・ドラマを製作(監督:中江功)しネット配信でアクセスが殺到したのもこの頃。

07年5月、待望の1stアルバム『NOTEBOOK I 〜未来の記憶〜』を発売。同年秋には、「リアル/She」「夕陽が丘/みんな元気」のシングルを2作連続リリース。シングルが有線チャート上位に長期間ランクインするなか、アルバムもロングセールスを記録する。

08年2月には、シングル「未来記念日」を発売。TBS系『CDTV』エンディングテーマに起用される。
同年7月に、毎月三軒茶屋 グレープフルーツムーンを中心に定期的に開催していたアコースティック・ライヴを拡大し、恵比寿リキッドルームにて『アコースティックワンマンライブスペシャル2008』を開催し、チケットは瞬時完売の大成功を収める。
8月には『ROCK IN JAPAN FES.2008』にも初出演、10月には、映画『イエスタデイズ』(11月全国公開/監督:窪田崇、主演:塚本高史・國村隼)の主題歌として書き下ろしたニュー・シングル「イエスタデイズ 〜大切な贈りもの〜」をリリース。
11月、「冒険彗星」がオリコンデイリーランキングにて6位、ウィークリーランキング10位を記録、テレビ朝日『ミュージックステーション』へも出演。
露出・リリースが一気に増え、榎本くるみの名が広く知れ渡ったところで09年1月21日(水)シングル5作を含む2ndアルバム『NOTEBOOK II 〜冒険ノート中〜』をリリース。
榎本くるみオフィシャルサイト
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」