【吉井和哉】『Kazuya Yoshii Beginning & The End』2015年12月28日 at 日本武道館

    撮影:有賀幹夫/取材:田山雄士

     カバー中心でリラックスムードだった去年とは一転、1曲目の「恋の花」はペダルスティール、篠笛、パーカッションを入れた編成で幽玄にスタートするなど、かなり作り込まれたライヴに思わず息を呑む。「PHOENIX」をワンコーラス歌い終えると、吉井和哉の“ブドーカン!”という掛け声を合図に赤の照明が激しくフラッシュ! まさに不死鳥のようにロックヴォーカリストの凄みを解き放つ、素晴らしい滑り出しとなった。
     恒例の年末日本武道館と言えど、今回はやはりスペシャル。鉄壁のナポリタンズに盟友ジュリアン・コリエルを加えたツインギターバンドの深みあり、ファン投票を踏まえたセットリストありで、始まってみればYOSHII LOVINSON時代のナンバーもふんだんに、内省的なまどろんだ世界観を展開していく。すなわち、吉井の言う“ソロでやりたかった、洋楽と東洋が混ざった感じ”である。“盛り上がる曲は少ないです! もともと少ないんです!!”なんて前置きで自虐しつつも、演奏を重ねるにつれて結果としてボルテージが増しまくる会場。いつも観ているファンはきっと、こういう吉井和哉に悩殺されたかったのではないか。時折、サイドクロスに映し出される彼のシルエットもたまらなくカッコ良い。
     「TALI」では“幸せになるんだよ~!”と、そして「FLOWER」では“自分を愛してね!”と叫んで感傷的な気分も振りまいては、心のひだに深く染みわたるステージを繰り広げた吉井。“Beginning & The End”を経て、向かう先は果たして? 今年は50歳。ロックスターとしてますます突き進んでほしい。

    セットリスト

    1. 恋の花
    2. PHOENIX
    3. I WANT YOU I NEED YOU
    4. 欲望
    5. SIDE BY SIDE
    6. CALL ME
    7. BLOWN UP CHILDREN
    8. 朝日楼(朝日のあたる家)
    9. シュレッダー
    10. TALI
    11. 魔法使いジェニー
    12. MUSIC
    13. 点描のしくみ
    14. (Everybody is)Like a Starlight
    15. FLOWER
    16. 雨雲
    17. <ENCORE>
    18. トブヨウニ
    19. SWEET CANDY RAIN
    20. BLACK COCK'S HORSE
    21. ノーパン
    22. HEARTS
    23. FINAL COUNTDOWN
    24. 血潮
    25. MY FOOLISH HEART
    吉井和哉 プロフィール

    ヨシイカズヤ:88年にTHE YELLOW MONKEYを結成し、92年にメジャーデビュー。01年にバンドが活動休止した後、03年にYOSHII LOVINSONとしてソロデビュー。04年にTHE YELLOW MONKEYが解散。05年6月より初のソロツアー『AT the WHITE ROOM』を実施。06年1月、吉井和哉に名義を変更し、シングル「BEAUTIFUL」で活動を再スタート。14年11月、自身のルーツ・ミュージックをカバーした、初のカバーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』を発表。15年3月、4年振りとなる7thアルバム『STARLIGHT』を発表した。吉井和哉 オフィシャルHP(アーティスト)
    吉井和哉 オフィシャルFacebook
    吉井和哉 オフィシャルYouTube
    Wikipedia

    0コメント

      吉井和哉の関連情報