取材:ジャガー

珍しくダークな印象を与える作品になっ

THYMEにとって初のバラード作品となる「愛する人」は、映画『魔法遣いに大切なこと』の主題歌として、より映画を際立たせる役目を果たしている。歌詞を書いたヴォーカルのthymeに話を訊いてみると、映画用に書き下ろしたわけではなく、偶然イメージが合ったのだという。

『愛する人』は何年か前に作った曲で、前作の1st アルバム『first 9uality』に入れる話もあったんですが…他の曲とのバランスを考えて見送ったんです。それから、しばらくして映画の台本を読ませていただいたらイメージがピッタリだったので、監督に曲を聴いてもらって。テーマとしては“日常にあふれている何気ない会話をもっと大切にしてほしい”というのがあって、そんな思いから生まれた曲です。今となっては、アルバム後のシングルが『愛する人』に決まって、この曲がより新鮮な形でリスナーに届けられるように運命が味方したんだなって思いますね。

やさしい序章からサビに到達すると、どこまでもサウンドが広がっていく。その中を伸びやかに歌うthymeの歌声がすごく心地良く響いているのが印象的だった。

技術的なことよりも、周りの楽器の音に身を委ねることを大切にしながら歌いました。この曲では大切な人への想いを歌っているんですけど、恋人っていう限定した存在だけでなく、聴く人によって思い浮かべる存在は自由であってほしい。広い意味で“愛”を感じ取ってもらえたら本当にうれしいです。

2曲目「keep on my way」は、クールなサウンドやメッセージ性の強い歌詞から、今までのTHYMEよりもぐっと大人のテイストに仕上がっている。

今の世の中って、何を、誰を信じていいのか分からず混乱しているように見えるんです。そんな時代だからこそ、“自分自身で答えを導き出せる人間にならなきゃダメだ!”ってことを私自身に言い聞かせるつもりで作りました。だからかな? 背筋が伸びて、大人になった印象があったのは。私たちにとっては、珍しくダークな印象を与える作品になったんですけど、そこに“keep on my way”(=自分の道を突き進んで行こう)という前向きなフレーズを乗せることでTHYMEらしさも出せたと思います。
THYME プロフィール

タイム:2004年に結成。日本ではまだ稀なメンバーにエンジニアが存在する、1シンガー・2サウンドプロデューサーという形態を持った3人組ロックバンド。THYMEの由来は、「勇気」という花言葉を持つハーブの一種より。THYME Official Website

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着