【MERRY】『NOnsenSe MARkeT FINAL
    -最終階-』2016年2月7日 at EX THEA
    TER ROPPONGI

    撮影:中村 卓/取材:清水素子

     ピンチをチャンスに変えるとは、こういうことを言うのだろう。アルバム『NOnsenSe MARkeT』を発表して以降、1年続けたツアーの最終日であり、負傷からのリハビリを続けてきたテツ(Ba)が約2年振りにフル参加の完全復活を果たすライヴ。黄色いひよこがドアップになるオープニング映像に、ど真ん中には真っ赤な鳥居と、MERRYらしいナンセンス臭満載のステージには幕開けからテツの姿があり、オーディエンスは大熱狂だ。

     しかし、今日の目玉は彼の復活だけではない。「「東京」」に「絶望」とベースフレーズが前に出た曲を序盤から組み込む一方、持ち前のトリッキーなギターフレーズや爆裂ドラミングも炸裂して、アルバムとバンドの進化を存分に証明。最新シングル「平日の女 -A面-」では、彼らの武器である昭和歌謡なサウンドとエモーショナルなグルーブが絶妙に融合して、確かな新境地を感じさせる。一転、ライヴチューンを畳みかけた後半戦の「Midnight Shangrila」では、それまで黙々とプレイしていたテツが突如ベーススタンドを持ち上げ、フロアーギリギリまで前に出る場面も。他メンバーのキレたパフォーマンスを背景に、究極とも言える静と動のメリハリは、新しいMERRYの魅力となる予感すらした。本編ラストの「梟」で雌伏(しふく)からの雄飛を、アンコールの「Happy life」ではオーディエンスへの感謝を誓って、最後は「群青」で大合唱。ファンとMERRYの未来を結ぶ熱い歌声と、2時間半のライヴをやり終えて感極まったテツの“まだまだやれるよ、MERRYは!”という言葉が、苦難を前進への起点に変えた5人の強さを映し出していた。

    セットリスト

    1. NOnsenSe MARkeT
    2. 「東京」
    3. 青春ノイローゼ
    4. 絶望
    5. Zombie Paradise ~地獄の舞踏曲~
    6. 暗闇にピンク
    7. 青年秘密倶楽部
    8. 首吊りロンド
    9. Hide-and-seek
    10. 平日の女 -A面-
    11. Station 07
    12. 千代田線デモクラシー
    13. オリエンタルBLサーカス
    14. Midnight Shangrila
    15. Carnival
    16. ジャパニーズモダニスト
    17. <ENCORE1>
    18. 不均衡キネマ
    19. 自意識過剰型木偶人間
    20. T.O.P
    21. Happy life
    22. <ENCORE2>
    23. Unreachable Voice
    24. 平日の女 -B面-
    25. 陽の当たらない場所
    26. <ENCORE3>
    27. 群青
    MERRY プロフィール

    メリー:2001年10月、現メンバーによって結成される。哀愁とヘヴィネスの融合による唯一無二の“レトロック”を掲げ、進化&深化を繰り返しながら、独自のスタンスで活動。昭和歌謡的な叙情旋律や欧米発のロックなどをさまざまに融合させた個性的な世界観で、結成時よりメインストリームとアンダーグラウンド双方の特性を活かしながら規格外のロックバンドであり続けている。MERRY オフィシャルHP
    MERRY オフィシャルTwitter
    MERRY オフィシャルYouTube
    Wikipedia

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント