【水曜日のカンパネラ、ワンダフルボ
    ーイズ、Shout it Out】『Full Thro
    oooottle!!!!!』2016年1月30日 at 赤
    坂BLITZ

    日本工学院専門学校コンサート・イベント科 制作コース 遠藤南美

    【STUDENT REPORT from 日本工学院専門学校コンサート・イベント科】

     開演と同時に会場の照明が暗転し、スクリーンに映像が流れ始める。今回のライヴタイトルである“Full Throoooottle!!!!!”のロゴ“ooooo”が回転し、ステージ上のライトが青から赤に変わる演出でスタートした。

     オープニングを飾ったのは昨年8月に開催された『未確認フェスティバル』で優勝したShout it Out。若者らしい疾走感のある曲を中心に、等身大の歌詞で綴られた「17歳」を披露し、MCでは好きだったバンドのライヴDVDで観ていた赤坂BLITZでライヴをするのが憧れだったと話す。彼らの目は真剣で真っ直ぐ前を見据えていた。最後の曲は「光の唄」。曲中“自分の信じた道を進め”と熱いメッセージを残し、ステージを後にした。

     続いて登場したのは、個性的なメンバー7人組のワンダフルボーイズだ。序盤からドラム、サックスのパフォーマンスで自分たちの世界観に引き込んでいく。曲中、Sundayミカデ(Vo&Key)が“ベースを弾かせてほしい”と要求。見事な指さばきを披露し、観客からは歓声と拍手が送られた。彼ららしい終始明るく楽しいステージだった。

     会場が十分に温まった頃、ステージには大きな桃が!? 中から水曜日のカンパネラのコムアイ(主演&歌唱)が登場し、「桃太郎」へとなだれ込む。途中、桃太郎でお馴染みのきびだんごや日本工学院のマスコットキャラクター“かまトゥ”のぬいぐるみを投げるなど、会場をさらに盛り上げた。アンコールでは工学院生とともにステージで歌と踊りのパフォーマンスを繰り広げ、『Full Throoooottle!!!!!』は大盛況のうちに幕を閉じた。

     今回異色な3バンドが集まったこのライヴ。それぞれ違った色、表情、考えを持ち、観応えのあるライヴだったと思う。今日ここ赤坂BLITZでの景色は観客と学生の心に強く刻まれたことであろう。

    セットリスト

    1. 【Shout it Out】
    2. 1.風を待っている
    3. 2.若者たち
    4. 3.17歳
    5. 4.ハナウタ
    6. 5.光の唄
    7. 【ワンダフルボーイズ】
    8. 1.サウスポーミュージック
    9. 2.ロックジェネレーション
    10. 3.平和to the people
    11. 4.Back to the ’95
    12. 5.Love story
    13. 6.Joy to the world
    14. 【水曜日のカンパネラ】
    15. 1.桃太郎
    16. 2.シャクシャイン
    17. 3.ミツコ
    18. 4.ディアブロ
    19. 5.猪八戒
    20. 6.メデューサ
    21. <ENCORE>
    22. ラー
    ワンダフルボーイズ プロフィール
    Shout it Out プロフィール

    シャウト・イット・アウト:2012年4月、高校の軽音楽部のメンバーで結成。地元である大阪府堺市を拠点に活動中。15年の『未確認フェスティバル2015』では3,254組の中からグランプリを獲得。12月にタワーレコード内のインディーズレーベル“Eggs”からタワーレコード限定ミニアルバム『Teenage』、16年3月には初の全国盤となる4曲入りEP『僕たちが歌う明日のこと』をリリース。7月6日、シングル「青春のすべて」でメジャーデビュー。同年9月にメンバーの脱退があり、山内と細川の2人体制となった。Shout it Out オフィシャルHP

    水曜日のカンパネラ プロフィール

    主演・歌唱を担当するコムアイを中心とした、J-POPユニット。12年夏、初のデモ音源となる「オズ」「空海」をYouTubeに配信し、活動を開始。“水曜日のカンパネラ”の語源は、水曜日に打合せが多かったからという理由など、さまざまな説がある。13年3月、マネージャー兼ディレクターであるDir.Fの指令でライヴ活動を開始。同年5月に『クロールと逆上がり』、10月に『羅生門』と立て続けにミニ・アルバムを発表。トラック・メイカーであるケンモチヒデフミによる本格エレクトロ・サウンドとコムアイのキュートな脱力ヴォーカルやシュールなラップが中毒性を生み、熱狂的なファンが増える中、ワンマン・ライヴで鹿の解体を行うなどの不可解な活動でも話題を集める。14年11月、カバー・ミニ・アルバム『安眠豆腐』とミニ・アルバム『私を鬼ヶ島に連れてって』を同時リリース。15年4月、1stEP『トライアスロン』を全国流通盤としてリリース。同年6月より、初のワンマン・ツアーとなる『トライアツロン』を開催。水曜日のカンパネラ オフィシャルHP
    水曜日のカンパネラ オフィシャルTwitter
    水曜日のカンパネラ オフィシャルfacebook
    コムアイ Twitter
    ケンモチヒデフミ Twitter
    水曜日のカンパネラ オフィシャルYouTube
    Wikipedia

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント