【超特急】『超特急 BOYS GIG Vol.2
    』2016年2月28日 at 表参道GROUND

    取材:清水素子

     心躍る音楽やパフォーマンスを楽しむのに、男も女も違いはない。1年振り2度目となった超特急の男子限定ライヴ“男祭り”には、フロアーいっぱいの男8号車が大集結。お馴染みのSEが鳴って、普段と同じサイリウムの光に、普段より野太い“オイオイ!”の声がライヴハウスを満たせば、その熱さにステージ中央のユーキも思わずニヤリと笑みを漏らす。事実ライヴが始まると、男8号車の曲中コールも合いの手も驚くほど完璧で、コーイチが自己紹介の口上を“愛しい男を見つめるため”と言い変えたのも納得の熱狂ぶり!

     中盤の「バッタマン」では“みなさんに僕の命を預けます”と、背中からダイブしたユースケを男8号車たちが見事フロアー中央まで運ぶシーンまであり、場内のテンションは最高潮だ。さらに「Beautiful Chaser」ではユーキの要望でヘドバンの嵐が起きたり、ピンクの髪色が可愛いと言われたカイがハイテンションのあまりキャラ崩壊したりと、レアな光景が次々に展開。MCでは新たな試みとしてタカシが進行を仕切り、必死な彼にメンバーが容赦なく突っ込みを入れてグッと砕けたムードを振りまいていたのも、男同士の空間ならではかもしれない。

     ラストには“日々、思い悩んでる8号車の背中を押せる曲になった”(タクヤ)と、新曲「Yell」を想いのこもったドラマチックなダンスで贈って、感動的に締め括り。そんなライヴの模様は全国19カ所の映画館に生中継されており、会場の女性ファンは男8号車の盛り上がりを新鮮な面持ちで楽しんでいたという。その両者が集う春のツアーでは、さらに強大なパワーが生まれるに違いない。

    セットリスト

    1. Superstar
    2. Drive on week
    3. Shake body
    4. Believe×Believe
    5. バッタマン
    6. Kiss Me Baby
    7. We Can Do It!
    8. Time Wave
    9. Beautiful Chaser
    10. Burn!
    11. 走れ!!!!超特急
    12. fanfare
    13. Yell
    14. <ENCORE>
    15. OVER DRIVE
    超特急 プロフィール

    チョウトッキュウ:今話題のメインダンサー&バックヴォーカルグループ。2011年12月25日結成。12年6月にシングル「TRAIN」でインディーズデビュー。17年4月26日にリリースしたCDデビュー5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」は初のオリコンウィークリーチャート1位、ビルボードチャートHOT100総合1位を獲得。8月末には、ジャンルの異なるアクトを迎えた初の主催イベント『超フェス』を5日間に渡って敢行。12月から2018年1月にかけて自身最大規模となるアリーナツアーを開催予定。超特急 オフィシャルHP
    超特急 オフィシャルブログ

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント