L→R 近藤洋一(ベースとコーラス)、木内泰史(ドラムスとコーラス)、山口 隆(唄とギター)

L→R 近藤洋一(ベースとコーラス)、木内泰史(ドラムスとコーラス)、山口 隆(唄とギター)

【サンボマスター】10年やって『フジ
ロック』も出て、ちょっと自信付いた
かな?

結成10周年記念シングル「きみのキレイに気づいておくれ/あれから10周年オーディションライブ完全収録」を完成させたサンボマスター。最新型のサンボが聴ける新曲に加え、ライヴ音源フル収録と内容充実! 熱い、ヤバイ!!
取材:フジジュン

新曲とライヴ音源の両A面という今作。あれから10年、最近のサンボの傾向として“あの頃のドキドキを取り戻そう!”みたいな感じがあって。本当に楽しみながら作ってますよね。

山口
そうそう。大学時代に近ちゃん家に溜まってた時みたいなですね、あの感じでやりたかったんだなっていうのが改めて分かって。それを続けられるのが夢なんだなって。
近藤
結成10周年ってのは言われて初めて気付いたけど、またバンドが面白くなってきた感じはありますよね。
山口
“良い曲作ろう”ってやってるのが一番良いじゃないですか! 今回もね、オーケストレイションみたいなものはみんなでスコア書いてやってね、そういうのがいちいち楽しかったんですよ。今、機械が発達してPC上で楽器とかもすぐ選べるんですよね。そこで“あの楽団がこの音を使ってたから、これ使おう”とかワイワイやって。もう楽しくてね、終わらないんですよ!
木内
時間はかかるけど、頭の中で鳴ってる音をちゃんと表現できるじゃないですか。これが一番健全ですよね。

ギターソロは近藤くんが弾くという自由さ。“私、近藤洋一が…”って挨拶から始まるギターソロなんて、初めて聴いたよ(笑)。

山口
アハハ。そこは前口上ありきで発注しましたから。
近藤
あと、“カモン!”って言うこと(笑)。
山口
で、コーラスが《男の子! 女の子!》って、何なんだこの曲は!って(笑)。そう言えば、オーディションライヴを受けようって言い出したのは近ちゃんだったんですよ。ツアー初日が決まらなくて、電話で相談してたら“10年やって自信も付いたから、オーディション受けたいんスよね”って(笑)。10年の間に『フジロック』も出させてもらいましたしね、ちょっと自信付いたかな?って。

完全に順番おかしいよ!(笑) そもそも、「きみのキレイ~」はどんな経緯でできた曲?

山口
ライヴでワーッと踊ってる男の子や、ずっと本読んでて文学作品に異常に詳しい女の子とかを俺が肯定しなくて、誰が肯定してやるんだと。そういう子たちを“それでいいんですよ!”って肯定する曲が作りたかったっていうのがまずあって。

バンドだってカッコ良いと信じて作った曲も、ライヴで反応を見るまでは自信持てなかったり。結局、誰かに気付かせてもらって、自信を付けるのが重要なんだよね。

山口
それは絶対そうですよ! 今回もみんなが気に入ってくれるといいなぁと思いながら作りましたからね。

自信って意味では最近、歌にすごい自信を感じます。

山口
そこは僕よりふたりの方から、“キレイに録りたい”って意見があって。昔は“歌は破壊だ!”と思ってたけど、ちゃんとやることで新しいものが見えることもあって。今回はちょっと自慢の喉をね、披露してみようかなと(笑)。
木内
一番伝えたいのはやっぱり歌ですから。それを届かせるために、すべきことをしたいなってことですよね。
山口
ぶち壊すことで伸びていく時期もありますけど、今は自分たちの聴いてきた音楽とかをビシッと出すことで伸びる時期なのかなって。前回出したアルバムとそのツアーで、自分たちがやってることをみなさんに支持してもらえることも分かったんで、またいろんなことができるんじゃないかな?

まさに、自分のキレイに気付かされたと。

山口
アハハハ。そんなね、私は口が裂けても自分のことを“美しい”なんて言えませんよ!(笑)
「きみのキレイに気づいておくれ/あれから10 周年オーディションライブ完全収録」2010年12月01日発売MASTERSIX FOUNDATION/Sony Music Records
    • 通常盤
    • SRCL-7455 1223円
    • 期間生産限定盤
    • SRCL-7456 1223円
    • ※東村アキコ描き下ろし「尼~ずバンド」イラスト・ワイドキャップステッカー仕様
サンボマスター プロフィール

山口隆(vo&g)、近藤洋一(b&cho)、木内泰史(dr&cho)が00年に結成。山口の狂気じみた渾身のヴォーカルと、ソウル魂が炸裂するファンク・サウンドでインディーズ・シーンの中でも異彩を放つ存在となり、様々なコンピレーションに参加。03年、オナニーマシーンとのスプリット・アルバム『放課後の性春』をメジャー・レーベルからリリース、同年リリースした1stフル・アルバム『新しき日本語ロックの道と光』が爆発的ヒットを記録した。その後、“コザック前田と泉谷しげる”やYO-KINGのシングル「審美銃」のバック・バンドをつとめたり、松尾スズキの映画『恋の門』の主題歌に「月に咲く花のようになるの」が選ばれたりと、音楽関係者やアーティスト筋にもに絶賛されている。要チェック。サンボマスターOfficial Website
オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント