L→R mayu、yu-mi、shior

L→R mayu、yu-mi、shior

【DOMINO】歌って踊る楽しさが伝わっ
てくる
等身大の一枚

同じダンススクールで出会い、小学校4年生の頃からDOMINOとして生きているというyu-miとmayuとshiori。“ダンスから生まれる歌”を思いきり楽しみながら生きる彼女たちの自然体が詰まった『20!!!』。必聴です!
取材:武市尚子

2009年の7月に「DON’T STOP DA MUSIC!!!」でデビューしたDOMINOですが、デビューから約2年、待望の1st アルバム『20!!!』がリリースされますね。

mayu
はい! 私たちはデビューする前にインディーズで活動していた期間もあったので、インディーズの時に1枚ミニアルバムをリリースしているのと、8月3日にミニアルバム『GO GiRL』をリリースしたんですけど、フルアルバムというのは初めてなのですごくうれしいです。
yu-mi
私たちがオリジナル曲を作るようになったのは、デビューのきっかけにもなった10代の最後の記念にと思って出場した『閃光ライオット』の最終審査の時だったんですけど、「DON’T STOP~」はDOMINOとして2曲目くらいに作ったオリジナル曲でもあるんです。最初のフルアルバムには、10代から20歳までのDOMINOと、20歳になった瞬間を詰め込みたかったんです。
shiori
今までのチャレンジが全部詰まった一枚になりましたね。「DON’T STOP~」はDOMINOのテーマ曲みたいな曲でもありますからね。

6曲目の「Keep on jumpin’」は現在のDOMINOの裏テーマ曲みたいな印象ですしね。

yu-mi
まさにそうですね。「Keep on~」は比較的最近作った曲なので、すごく今のDOMINOが凝縮されていると思います。私たちが意識しているのは、やっぱり一番は歌って踊れることなんですが、そこにロックテイストや歌謡曲テイストを入れていきたいというところなんです。コアに突き進むというより、楽しく聴いて歌ってもらいたいと思うので、今回のアルバムを作る上でもそこを一番意識しましたね。「Keep on~」はまさにアルバムだからこそ入れたかった一曲で、シングルじゃなくアルバムの中に入れてちょっとカッコ付けたかった曲です(笑)。
shiori
DOMINOとして残したい曲をチョイスしたし、DOMINOのライヴを感じてもらえるような一枚にもしたかったんです。

なるほど。確かに、中盤まで一気に盛り上げていって、中盤を越えたあたりに歌を中心とした曲を並べているところなんて、まさにライヴを感じる流れですよね。

yu-mi
そうなんです。さらに、13曲目に収録されている「Thank U」っていう曲は、いつもライヴの最後でやってきた曲なんですよね。ずっといろんな人から音源にしてほしいっていうリクエストをもらっていたんですけど、“いや、この曲は絶対にライヴでしかやらないから、この曲を聴きたい時はライヴに来て!”って言い張ってきたんですが、ナント、今回入れちゃいました(笑)。やっぱりこの曲は私たちにとっても特別な曲でもあるし、いつもライヴの最後で大切に歌ってきた曲だし、何よりも観に来てくれるみんなのために作ったメッセージソングでもあったので、こうしてアルバムを聴いてくれた人たちにも、“ありがとう”を言いたいなって思ったんです。

それは1stアルバムだからこそのチョイスですね。

shiori
そうですね。他にもアルバムだからこそいろんなチャレンジをしましたね。「GO GiRL」で初めて作詞作曲を他の方に頼んで作ってもらったんですが、今回タイトル曲の「20!!!」も自分たちがそこに詰め込みたい想いをうるさいくらいにいっぱい伝えて作ってもらったんです(笑)。

でも、そこまで自分たちの言葉で伝えたいことがあったのに、あえて自分たちで歌詞を書かず人に作詞を委ねたのはどうしてだったのですか?

shiori
自分たちの伝えたことがもっともっと違う表現で返ってくる面白さを知ったからかな。より強い気持ちとなって返ってくる楽しさもあって。それもあって、その2曲がこのアルバムのリード曲になっているんです。「20!!!」は本当に現在の私たちが詰まったこのアルバムを引っ張る強い曲になったし、「GO GiRL」は肉食系なガーリー感がすごく可愛いDOMINOらしい一曲なんです!
yu-mi
ジャケット写真も『GO GiRL』に引き続き今回も蜷川実花さんに撮っていただいたんですけど、いろんな人とやることで自分たちが自分たちの意外性に気付けたりするのもすごく楽しいんです! それに、今回オープニングの「WE ARE DOMINO ~intro~」とエンディングの「WE ♥ U ~outro~」は「GO GiRL」の作曲者でもある韓国のアーティストDEEZさんに直談判して作ってもらったこだわりの曲になってますので、そこも含め、ダンスなDOMINOと歌うDOMINOと、いろんなDOMINOを感じてもらえるとうれしいです。
shiori
初回生産限定盤には5曲のミュージックビデオと7月に韓国の音楽番組に出演した時のオフショット映像が入ってます!
mayu
韓国ではすごく楽しくステージができたし、タイトなスケジュールだったんですけど、映像では遊んで食べてばっかりな裏側になってるんですよ(笑)。そんな素顔の私たちもいっぱい観てもらえると思うので、ぜひそちらも楽しんでください!
DOMINO プロフィール

Yu-mi(1990年6月16日生まれ/東京都出身)、Mayu(1990年12月3日/神奈川県出身)、
Shiori(1990年8月22日/神奈川県出身)からなる3人組ダンス・ユニット。小学4年生の時に通い始めたダンス・ヴォーカル・スクールで、クラスの最年少が彼女ら3人だけだったという、偶然の出会いからグループを結成。アイドルに夢中になる年頃にR&Bにハマり、ゴスペルの授業で歌う楽しさを発見。以来、数々のイベントで好成績と強烈なインパクトを残して来たDOMINO。

高校に入り、個々の課外活動が多忙を極め、DOMINO存続の危機が訪れるも、最終決断としてチャレンジした<ソニーグループ>主催の『SDオーディション』に見事合格。勢いに乗り楽曲制作に着手したのち、08年夏にはオリジナル曲を引っさげて、10代限定の音楽フェス『閃光ライオット』に出演。バンド編成での出場が多い中、DOMINOのダンス・パフォーマンスは注目を浴び、09年7月にはシングル「DON'T STOP DA MUSIC!!!」で、『閃光ライオット』出演者として初のメジャー・デビューを果たした。

体を動かしながら言葉やメロディを紡いでいくという独特の制作方法のため、3人の経験値と共に、楽曲の振り幅や可能性は日々増殖中。DOMINOが圧倒的に異端な存在なのは、「ダンスから生まれる歌」を表現しているからだろう。しかし、彼女達にとっては全てが、目の前の今を必死で楽しんで、未来をよりキラキラさせる為に行ってきたごくごく普通のこと。怒濤の環境の変化や加熱する周囲の期待に呑まれるどころか、緩いオーラを漂わせ今後もマイペースに音楽シーンを突き進んでいく。オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • 臼井孝のヒット曲探検隊-アーティスト別ベストヒット20
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • G-NEXT POWER PUSH

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」