【a flood of circle】『AFOC 10th
    Anniversary “THE BLUE TOUR -青く
    塗れ!-”』2016年6月4日 at 新木場
    STUDIO COAST

    撮影:Viola Kam (V'z Twinkle)/取材:宮本英夫

     “10年間、ブルースとロックンロールしかやってこなかったよ”。7曲目「I’M FREE」を歌う前に佐々木亮介(Vo&Gu)が放った、鮮やかな台詞にシビれた。結成10周年、ベストアルバム『THE BLUE』をリリースして臨む2年振りのワンマンツアー。東京ファイナルのステージは「Golden Time」を皮切りに、のっけから新旧代表曲を惜しげもなく披露していく。フロアーを埋めたオーディエンスも歌い、踊り、飛び跳ね、ペース配分完全無視の無礼講だ。“好きにやっちゃって。怪我すんなよ”。「Black Eye Blues」では、佐々木がマイクを握ってフロアー最前列に飛び込んだ。切なすぎるロックバラード「月面のプール」では、巨大なミラーボールが美しい星の雨を降らせた。佐々木のブルージーなド迫力ヴォイス。HISAYOのしなやかなステップと骨太ベース。渡邊一丘の凄まじい鬼神ドラム。音と光、歌とアクションだけで勝負する、シンプル・イズ・ベストのロックショーだ。後半は「Buffalo Dance」「KIDS」などシングル曲を、さらに「シーガル」「プシケ」と、ファンとの固い絆を象徴する名曲を畳み掛ける。“俺たち、まだまだここから。転がり続けていきましょう”。アンコールではロンドンで録音してきた新曲「BLUE」を披露し、“いい曲だろ?”と自画自賛。サポートギターのキョウスケ(爆弾ジョニー)も含め、みんなヤンチャでピュアな永遠のロックキッズだ。予定外のダブルアンコール「I LOVE YOU」も入れてたっぷり2時間15分。この模様は、9月7日に映像作品としてリリースが決まった。a flood of circleの集大成として、未来へのスタート地点として、長く語り継がれるベストライヴだ。

    セットリスト

    1. Golden Time
    2. The Beautiful Monkeys
    3. Blood Red Shoes
    4. 青く塗れ
    5. GO
    6. 春の嵐
    7. I'M FREE
    8. 博士の異常な愛情
    9. Miss X DAY
    10. Black Eye Blues
    11. 月に吠える
    12. 月面のプール
    13. Buffalo Dance
    14. KIDS
    15. Dancing Zombiez
    16. シーガル
    17. プシケ
    18. ベストライド
    19. 心臓
    20. <ENCORE>
    21. BLUE
    22. Human License
    23. 理由なき反抗(The Rebel Age)
    24. I LOVE YOU
    a flood of circle プロフィール

    佐々木亮介(vo&g)、石井康崇(b)、渡邊一丘(dr)からなる3人組ロック・バンド。06年にa flood of circle(ア・フラッド・オブ・サークル)結成。下北沢、渋谷を中心にライヴ活動を開始。ブルース/70年代のロックをルーツとした重厚かつフリーキーなサウンドに、佐々木の圧倒的なヴォーカルを加えた他に類をみない独自のスタイルを追求する。

    早熟な音楽センス、そして卓越したライヴ・パフォーマンスには定評があり、新宿LOFTや下北沢SHELTERを拠点に全国ツアーを展開。『FUJIROCK FESTIVAL'07』にも出演し圧巻のステージを披露、LIQUID ROOM ebisuで開催された『FUJIROCKアフターパーティー』にも大抜擢される。

    07年7月に1stミニ・アルバム『a flood of circle』を、08年5月に2ndミニ・アルバム『泥水のメロディー』をLOFT PROJECT発信のインディーズ・レーベル<CRUX>より発表。続く08年秋には、異例となる3ヶ月連続でライヴ音源をリリースし、08年の年末に開催された『COUNTDOWN JAPAN 08/09』にも出演。

    09年4月、<ビクターエンタテインメント>内に所属する<SPEEDSTAR RECORDS>から1stフル・アルバム『BUFFALO SOUL』でメジャー・デビューを果たし、a flood of circleという名が着実に全国へと飛び火中である。a flood of circleオフィシャルサイト
    オフィシャルHP
    公式サイト(アーティスト)
    公式サイト(レーベル)

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント