【金子ノブアキ】『金子ノブアキ To
ur 2016 「Fauve」』2016年6月16日
at EX THEATER ROPPONGI

撮影:廣瀬順二、Junji Hirose/取材:荒金良介

 光と影、音楽とダンスが織り成す未曾有のパフォーマンスに釘付けになった。今日は全席指定という形式で、観客は終始座ってライヴを観戦。しかし、意識は宇宙を彷徨いながら、金子ノブアキのドラム一打一打が心臓を激しくノックし、現実に引き戻される感覚に陥る。何だ、この感情が引き裂かれるような不思議な空間は…。天と地を行き来する壮大なサウンドスケープに完全に魅了された。

 3rdアルバム『Fauve』に伴う『金子ノブアキ Tour 2016 「Fauve」』最終日。草間 敬(マニュピレーター)がステージ中央に座った後、Pablo(Gu/Pay money To my Pain)、金子が登場。最新作『Fauve』同様、「awakening」~「Take me home」で幕を開けた。荘厳なインストから金子のパワフルなビートが響き渡り、同時に彼はヘッドマイクで歌も担当する活躍ぶり。とはいえ、金子、草間、Pabloの強固なトライアングルで力強くも優美な世界観を描き上げていく。その姿はバンドに近いものであり、バンドを越えた集合体という結束力の高さだ。

 中盤、金子はRIZE、AA=と自身のキャリアを振り返りつつ、音楽の可能性をもっと追求したいと熱く語る。そして、“彼らとの共演は念願だった”と付け加えると、パフォーミング・アーツ・カンパニーenraを呼び込む。男女入り乱れ、映像と人間が見事にシンクロし、光と影の芸術とも言うべき鮮やかな踊りを披露。その後に金子、Pabloがenraとコラボする場面もあり、音楽、ダンス、映像が織り成す融合美に耳目を奪われっぱなしだった。

 後半も巨大スクリーンに映像が流れる中、Pabloは哀愁あふれるギターフレーズで存在感を見せつける。本編ラスト「Historia」では金子のドラムは熾烈さを極め、その様子に興奮したのか、草間が両手を上げてエアドラムする仕草もあり、曲の締めではゴールテープを切るアスリートのごとき猛ダッシュを決める壮絶なドラミングに圧倒された。

 そして、アンコール2曲をやり終えると、観客総立ちのスタンディング・オベーションとなり、ステージには盛大な拍手が送られた。“また新しい作品を作って、すぐ戻ってくるから”と金子は言っていたけれど、こんな異次元ライヴを観てしまったら、次回も期待せずにはいられない。

セットリスト

  1. awaking
  2. Take me home
  3. The Sun
  4. Signals
  5. Tremors
  6. Garage affair
  7. Weather and Seasons
  8. (enra.1) Primitive
  9. (enra.2) Torquestarter
  10. (enra.3) CloudCluster
  11. Firebird
  12. blanca
  13. Lobo
  14. Sad Horses
  15. to crete
  16. see you there
  17. Historia
  18. <ENCORE>
  19. Girl (Have we met??)
  20. [fin]
  21. オルカ
金子ノブアキ プロフィール

カネコノブアキ:1981年6月5日生まれ、東京都出身。96年にRIZEのドラマーとして活動を開始。00年8月にシングル「カミナリ」でメジャーデビュー。そして、吉井和哉、AA=、Def Techなど数多くのドラムサポートとして高い評価を受ける一方、役者としても映画『クローズZEROII』『BANDAGE』や、フジテレビ系ドラマ『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』等に出演。09年、自宅スタジオでヴォーカル/ベース/ギターを自身で演奏した初のソロワークスアルバム『オルカ』をリリース。14年には2ndアルバム『Historia』を発表。16年6月25日東京ユーロスーペースにて上映される『スリリングな日常』にも出演。金子ノブアキ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」