【ラックライフ】『名前を呼ぶよレコ
発ツアー東京編「ユビキタスを呼ぶよ
」』2016年6月24日 at Shibuya eggm
an

撮影:MASANORI FUJIKAWA/取材:山口智男

 地元大阪のちょっと先輩、ユビキタスをゲストに迎え、ともに熱演を繰り広げたメジャーデビューシングル「名前を呼ぶよ」リリースツアーの東京編。渾身のスタートダッシュを含め、序盤からぶっ飛ばすのはいつものこと。普段ならその後のペース配分を考えるのだが、この日は“ウーッとやって、ガーッとやって、ワーッとなってしまった。すぐ調子に乗るのが自分の悪いところ”(PON/Vo&Gu)と反省して、バラードの「アイトユウ」でひと息付いたにもかかわらず、その後もまたぶっ飛ばして、結局アンコールまで全力で一気に駆け抜けていった。本編最後のロックバラード「名前を呼ぶよ」では、それまで新旧の楽曲をたたみかけるように熱唱してきたせいか、PONは振り絞るように歌っていたが、それさえも熱演と思わせる勢いがこの日のラックライフにはあった。“5年前、このステージに立った時、客席の床ばかりが見えた”という悔しい思い出を語ると、“そのeggmanをソールドアウトにしたことを、5年前の自分に自慢したい”とPONは言った。いつもの何倍も力んでいるように思えた演奏には、自分たちがさらに大勢の人々に受け入れられ始めているという感動と新たな世界を目の前にした武者震いとともに、自分たちの歌をもっともっと多くの人々に届けたいという熱い想いがあふれていた。アンコールではリリース前の新曲「初めの一歩」も披露。イコマ(Gu)、たく(Ba)、LOVE大石(Dr)はもちろん、観客も一緒にサビの掛け声風のコーラスを歌ったロックナンバーは、今後のライヴの定番曲になるに違いない。

セットリスト

  1. 変わらない空
  2. ブレイバー
  3. チキンボーイ
  4. ハートイズ
  5. そんな世界になればいい
  6. アイトユウ
  7. タイムライト
  8. 君のこと
  9. ストレンジマン
  10. その手とこの手
  11. 名前を呼ぶよ
  12. <ENCORE>
  13. 初めの一歩
  14. フールズ
ラックライフ プロフィール

ラックライフ:2005年、同じ高校のクラスメイトで結成された大阪・北摂出身の4ピースギターロックバンド。前身バンドを経て08年3月にバンド名を現在の“ラックライフ”に改名。大阪、東京を中心に活動を続け、16年3月にはラックライフ8周年記念イベントを大阪なんばHatchにて開催し、800人を動員した。同年5月、シングル「名前を呼ぶよ」でメジャー進出を果たした。ラックライフ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント