【アンダーグラフ】『新宿SAMURAI G
RAND OPENING LIVE featuring アンダ
ーグラフ』2016年6月11日 at LIVEHO
USE shinjuku SAMURAI

撮影:石川駿人/取材:荒金良介

 新宿・歌舞伎町に新たに“LIVEHOUSE shinjuku SAMURAI”がオープン。そのこけら落としライヴとして、10年以上をキャリアを持つアンダーグラフが抜擢!

 加えて、“若くて勢いのあるバンド”として一般公募の中から選ばれたTake my umbrella(現在は“テラナノカ”に改名)がこの日オープニングアクトを務めた。満杯のフロアーにネクタイにスーツというフォーマルな服装で、メンバー4人が現れる。ハートフルな歌心を軸にしたギターロックバンドで、明るくノリやすい曲調で観客の心をとらえていく。哀愁漂うブルージーなギターフレーズも胸に沁み、ポテンシャルの高さを存分にアピールしていた。

 19時を回ると、ついにアンダーグラフの登場だ。真戸原直人(Vo&Gu)、中原一真(Ba)、谷口奈穂子(Dr)、サポートギタリストアオキサトシの4人が揃うと、「2011」で本編スタート。続く「Sekai-no-kibou」でアッパーに盛り上げ、序盤からハンドクラップが沸き起こる活況ぶりだ。真戸原の芯のある力強いヴォーカルをタイトなバンドアンサンブルが援護し、矢継ぎ早に楽曲を解き放つ。時折、脱線上等のMCで観客を笑わせ、フロアーとの距離を縮めていく和やかな空気も漂っていた。中盤には「風を呼べ」「アカルキミライ」「MATATABI」と畳み掛け、観客は手を上げてジャンプする光景が広がる。また“ウォーウォー”とコール&レスポンスで体の内側から焚き付け、本編ラストは「ジャパニーズ・ロックファイター」をプレイし、大フィーバーの盛り上がりを記録。

 それからバンドはアンコールに応え、“飛べる曲やるでー!”とメンバーが煽ると、40万枚を超えたヒット曲「ツバサ」をここで披露。観客総出で歌詞を大声で歌い上げ、新宿SAMURAIはアンダーグラフ一色に染め上げられた。「忘却の末、海へ還る。」でフロアーを再びジャンプ大会の様相を呈し、トータル2時間近くに及ぶライヴは幕を閉じた。こけら落としの大役を担ったアンダーグラフだが、今日集まった観客は全15曲の熱演に大満足したに違いない。

セットリスト

  1. 2011
  2. Sekai-no-kibou
  3. パーソナルワールド
  4. ハイスピードカルチャー
  5. 衣食住と君だけ
  6. 白い雨
  7. タイムリープ
  8. モルモット
  9. 風を呼べ
  10. アカルキミライ
  11. MATATABI
  12. パラドックス
  13. ジャパニーズ・ロックファイター
  14. <ENCORE>
  15. ツバサ
  16. 忘却の末、海へ還る。
アンダーグラフ プロフィール

大阪出身のロックバンド。1998年より自主制作のデモテープを作成し、大阪城公園(城天)でライヴ活動を開始。00年に活動拠点を東京に移し、02年にインディーズ・デビュー・シングル「hana-bira」をリリース。03年にはニッポン放送でオンエアされたのをきっかけに、オールナイトニッポンレコーズからシングル「真面目過ぎる君へ」をリリースし、注目を集める。04年9月にトーレ・ヨハンソンがミックスを担当した、メジャー・デビュー・シングル「ツバサ」を発売。長澤まさみが出演したCMスポットを流すや否や、「長澤まさみが出てるCMは何?」と問い合わせが殺到。また、コンビニなどで流れる同曲を気に入ったリスナーからも問い合わせが殺到し、発売から数ヵ月経ってチャートを一気にジャンプ・アップする。05年に6月に1stアルバム『ゼロへの調和』を発表、06年4月にニッポン放送『アンダーグラフのオールナイトニッポン』が放送開始(07年3月まで)。09年6月にはV6に「red」を楽曲提供した。その後もコンスタントにリリースやライヴ活動などを続け、11年には所属事務所内に自主レーベル<Acorn Records>を設立。12年3月にメンバー脱退により、3ピース編成に。13年3月よりプロデューサーとのコラボレーション企画をスタートさせ、デジタルシングル「空へ届け」(藤井丈司)、「第三次成長期」(島田昌典)、「Mother feat. MICRO (HOME MADE 家族)」(根岸孝旨)、「素敵な未来」(常田真太郎)を4ヵ月連続で発表した。14年7月、日本クラウンより3rdミニアルバム『未来は続くよどこまでも』を発売し、再メジャーデビューを果たす。陰影のある切なげなヴォーカルと、ドラマティックな展開のサウンドがマッチし独自の世界を構築する彼ら。今後も良質な音楽を作ってくれることは確かだ。オフィシャルHP
スタッフ Official Twitter
Facebook

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。