【MAN WITH A MISSION】『MAN WITH
A MISSION “The World’s On Fire
TOUR 2016” ~追加公演~』2016年1
0月23日 at 幕張メッセ 国際展示場9
~11ホール

撮影:Nobuyuki Kobayashi、Daisuke Sakai(FYD inc.)/取材:竹内美保

 壮観。深化と進化を多彩さでもって具現化し、提示してみせた、濃厚でありながら清々しく突き抜けていくようなミュージックスケープ。強靭さがダイレクトに伝わってくる新木場Studio Coastでのライヴも素晴らしかったが、彼らの楽曲が湛えるスケール感や音のダイナミズムは、やはりアリーナクラスの場でさらに映えることを改めて確信した。

 “本日、MAN WITH A MISSION、全身全霊ヲモチマシテ、アナタタチヲブッツブシニ来マシタ!”というJean-Ken Johnny(Gu&Vo&Raps)の言葉通り、オープニングナンバーからいきなりの沸点越え。鋼鉄のボディで疾走するようなヘヴィかつエッジの効いたサウンドと、鮮やかなコントラストを成すTokyo Tanaka(Vo)とJean-Ken Johnnyのタフでエモーショナルなヴォーカリゼーションが繰り出す、魂を込めた弾丸のごときキラーチューンの数々に約2万5000人のオーディエンスのヒートアップは止まることを知らない。とりわけ圧巻だったのは最新アルバム『The World's On Fire』の中核となるナンバーから「Seven Deadly Sins」への流れ。非常に明確なメッセージを打ち出した映像も重なり、これまでの彼らのライヴでもっとも衝撃的なシーンだったと言えるだろう。また、BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之をプロデューサーに迎えた新曲「Hey Now」ではレイブ感のあるスペーシーなサウンドで、バンドが新たなフェーズに入ったことを感じさせた。

 選曲、構成、照明と映像、メンバーそれぞれの、そしてバンド全体としてのパフォーマンス…全てが最良のかたちで融合し、昇華していた、幸福な音楽空間だった。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
MAN WITH A MISSION プロフィール

マン ウィズ ア ミッション:頭はオオカミ、身体は人間という5人組のロックバンド。本人たち曰く“究極の生命体”とのこと。“マンウィズ”、“MWAM”の呼称で親しまれる。メンバーはTokyo Tanaka(トーキョー・タナカ、Vo)、Spear Rib(スペア・リブ、Dr)、Jean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー、Gu&Vo&ラップ)、DJ Santa Monica(DJサンタモニカ、DJ&サンプリング)、Kamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ、Ba、Cho)。2010年より始動。自主制作盤をライヴ会場限定で販売したのち、同年11月に初の全国流通盤となるミニアルバム『WELCOME TO THE NEWWORLD』を発表。2011年6月に1stフルアルバム『MAN WITH A MISSION』でメジャーデビューを飾った。その独特なビジュアルとエモーショナルかつキャッチーなサウンドをもって、人気はグングン上昇。2011年8月には『SUMMER SONIC』に出演、9月には渋谷CLUB QUATTROで初の自主企画ライヴ『MAN WITH A MISSION presents THE MISSION Vol.1』を開催。2012年7月には2ndフルアルバム『MASH UP THE WORLD』を発表。同作は2013年3月に、全日本CDショップ店員組合による『第5回CDショップ大賞』の大賞を受賞した。2013年5月には、初の日本武道館公演を大熱狂のうちに終了。その後、世界をターゲットにするべく、レーベルを移籍。同年10月に10-FEETのヴォーカル&ギターであるTAKUMAを迎えたシングル「database feat.TAKUMA(10-FEET)」をリリースした。MAN WITH A MISSION オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント