【GLIM SPANKY】『Next One TOUR 20
16』2016年10月30日 at 新木場STUDI
O COAST

撮影:KAMIIISAKA HAJIME/取材:竹内美保

 大地を揺らしながら未開の世界を突き進んでいくような、ドラムのキックが鳴らすヘヴィなビート。どっしりとした、しかし無限の広がりをも感じさせる「Next One」で幕を開けたライヴは、“GLIM SPANKY”という名が象徴する特異な存在感がさらに強固なものになっていることを深く感じさせた。

 松尾レミ(Vo&Gu)と亀本寛貴(Gu)が血肉とし、それをフレッシュな感性で昇華させたブルージーなロックンロールは、源流がやがて波打つ大河へと姿を変えていくようなスケール感をもって響いてくる。混沌を表現するがごとく攻撃的な音色を奏でる亀本のギタープレイが魅了する「ダミーロックとブルース」。“静かな重さ”がジワジワと身体に染み渡ってくるような「闇に目を凝らせば」。松尾の少し気怠そうなハスキーヴォイスが歌詞に描かれている風景を映像化して浮かび上がらせていく「いざメキシコへ」。そして、“ワイルド・サイドこそが王道”であるGLIM SPANKYのテーマ曲と言える「ワイルド・サイドを行け」といった、このバンドの背景や礎、主軸がはっきりと見えるナンバーで真骨頂を発揮していたのはもちろんだが、シンプルなサウンドに真っ直ぐなメッセージを乗せた「話をしよう」がいいフックとなっていたのは、ふたりの進化の新たな証かもしれない。“もろウッドストックの丘のような景色で歌えて最高!”というアンコールの時のMCには松尾らしい感動があふれていたが、おそらくそこに満足はないはず。「リアル鬼ごっこ」で炸裂させていた正のパワーには、すでに未来へと向けて席捲し始めている、ふたりの強い志が表れていたのだから。

セットリスト

  1. NEXT ONE
  2. 焦燥
  3. 褒めろよ
  4. ダミーロックとブルース
  5. 闇に目を凝らせば
  6. NIGHT LAN DOT
  7. grand port
  8. 時代のヒーロー
  9. いざメキシコへ
  10. 風に唄えば
  11. 話をしよう
  12. BOYS&GIRLS
  13. 怒りをくれよ
  14. Gypsy
  15. 大人になったら
  16. ワイルド・サイドを行け
  17. <ENCORE>
  18. リアル鬼ごっこ
GLIM SPANKY プロフィール

グリム・スパンキー:2007年、長野県内の高校にて結成。60〜70年代のロックとブルースを基調にしながらもフレッシュな感性で“今”の時代に鳴らすべき音、伝えるべきメッセージを歌い奏でている。14年6月にミニアルバム『焦燥』でメジャーデビュー。以降、その特異な存在感で注目を浴び続け、18年5月には初の日本武道館でのワンマンライヴも決定している。GLIM SPANKY オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント