【水樹奈々】『MTV Unplugged: Nana Mizuki』2016年10月23日 at 舞浜アンフィシアター

    撮影:上飯坂 一/取材:榑林史章

     かつてエアロスミスやマライア・キャリーも出演した、MTVの人気アコースティックライヴ番組の日本版30組目のアーティストとして、水樹奈々が登場した。いつもは掛け声とペンライトで熱く盛り上がる彼女のライヴだが、この日は一転セクシーなドレスを身にまとい、大人の女性としての魅力と圧倒的なヴォーカル力で存在感を見せつけ、シンガーとしての水樹奈々の実力をいかんなく発揮したものになった。荘厳なストリングスに始まりファンタジー感が倍増した「innocent starter」「夢幻」では艶やかな歌声で手振りを交えながら表現。「DISCOTHEQUE」は、アコースティックサウンドながらファンキーさはそのままに、振り付けを交えて披露した。セットチェンジの間には“咳しちゃダメみたいな空気感で、本当に緊張するよね。でもここは使われないから、声出してもいいよ”と、集まったファンを気遣った彼女。中盤には“2001年に原宿アストロホールで行なったライヴで歌った曲を”と、デビー・ギブソンの「Lost in Your Eyes」のカバーを披露。包容力のある歌声で切ないムードが会場に充満。この日だけの特別な選曲に、ファンも集中して歌声に聴き入っていた。実は彼女自身、相当緊張していたようで、MCで言葉に詰まり目を潤ませながら声が震えるような姿もあった。しかしひとたび歌い始めれば、会場の空気を一変させ楽曲の世界へと瞬時にトリップ。その表現力と引き込み力は、さすがのひと言だった。声優アーティストというカテゴリーをぶち破り、実力派アーティストのひとりとして、また一歩先へと歩を進めたステージになった。

    セットリスト

    1. innocent starter
    2. Silent Bible
    3. 夢幻
    4. 純潔パラドックス
    5. PHANTOM MINDS
    6. Lost in Your Eyes(デビー・ギブソン カバー)
    7. DISCOTHEQUE
    8. エゴアイディール
    9. Justice to believe
    10. 深愛
    11. <ENCORE>
    12. オルゴールとピアノと
    13. 星空と月と花火の下
    水樹奈々 プロフィール

    ミズキナナ:声優、歌手として高い人気を誇る。声優としてのデビュー作は1997年のプレイステーション用ゲーム『NOёL〜La neige〜』門倉千紗都役。歌手としては2000年12月にシングル「想い」でデビュー。09年6月に発売された7枚目のオリジナルアルバム『ULTIMATE DIAMOND』で声優として初のオリコンチャート1位を獲得し、11年12月と16年4月には東京ドーム2デイズライヴも大成功に収める。また、NHK『紅白歌合戦』に6年連続で出場するなど、声優アーティストとして名実ともにトップを走り続けている。水樹奈々 オフィシャルHP

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント