【BUCK-TICK】『TOUR アトム 未来派
No.9』2016年12月29日 at 日本武道

撮影:田中聖太郎/取材:帆苅智之

 ステージ中央後方に設置されたオブジェにプロジェクションマッピング的に映像が映し出されてライヴはスタート。無国籍感漂うミディアムグルーブの「cum uh sol nu -フラスコの別種-」から、スピーディかつパンキッシュな「PINOA ICCHIO - 躍るアトム」、4つ打ちダンスチューン「美 NEO Universe」と畳み掛けていく。オープニングから繰り広げられる圧倒的な音世界。樋口豊(Ba)&ヤガミ・トール(Dr)のリズム隊がボトムを支え、今井寿(Gu)&星野英彦(Gu)のツインギターがサウンドを彩り、その上に櫻井敦司(Vo)のヴォーカルが鎮座する。スタイルこそ真っ当なロックバンドのそれだが、いざ音が出ると、我々が知るロックバンドのどれにも似ていない、“BUCK-TICK”としか言いようがない世界が広がっていく。

 以降、過去の楽曲は「Baby, I want you.」「MY FUCKIN' VALENTINE」「メランコリア-ELECTRIA-」の3曲のみで、鳴らされるのは最新アルバム『アトム 未来派 No.9』収録曲。ラストでは「Cuba Libre」「曼珠沙華 manjusaka」「愛の葬列」とタイプは異なる楽曲を連ねながらも、会場全体を妖艶な色に包んでいく様子はまさに圧巻だった。17年連続の同日開催となった恒例の12月29日の日本武道館公演。代表曲を散りばめたイベント色の強いライヴになったとしても不思議ではない。しかし、彼らはあくまでも新作の世界を構築することを貫いた。そのロックバンドとしての矜持に敬意を表したい。回顧も懐古もなく、結成からここまでの間、常にアップデートし続けてきたからこそのBUCK-TICKである。それを痛感させられた夜だった。

セットリスト

  1. cum uh sol nu -フラスコの別種-
  2. PINOA ICCHIO - 躍るアトム -
  3. 美 NEO Universe
  4. Baby, I want you.
  5. MY FUCKIN’ VALENTINE
  6. El Dorado
  7. 樹海
  8. メランコリア -ELECTRIA-
  9. DEVIL’S WINGS
  10. BOY septem peccata mortalia
  11. FUTURE SONG -未来が通る-
  12. THE SEASIDE STORY
  13. Cuba Libre
  14. 曼珠沙華 manjusaka
  15. 愛の葬列
  16. <ENCORE1>
  17. キラメキの中で…
  18. 見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ
  19. 無題
  20. <ENCORE2>
  21. 天使は誰だ
  22. 形而上 流星
  23. ROMANCE
  24. NEW WORLD - beginning -
BUCK-TICK プロフィール

日本のロック・シーンが急激に加速し始めた1980年代中頃から活動を続けるワンアンドオンリーなロック・バンドで、現代のアーティストたちにも多大な影響を与え続けている。1985年に結成。自主制作盤の発表やライヴ活動を経て、87年9月にライヴビデオ『バクチク現象 at LIVE INN』でメジャーデビューを果たし、11月にアルバム『SEXUAL×××××!』を発表。89年1月にリリースされた3rdアルバム『TABOO』は、オリコン週間チャート1位を獲得。“バクチク現象”が起きる中、バンドは名実共にトップ・アーティストへ。同年12月には、東京ドームでライヴを敢行し、43,000人を動員する。90年2月、4thアルバム『悪の華』を発表。耽美的な世界観が一気に開花したこの秀作は、オリコンチャートで週間1位に輝く。以降もコンスタントにアルバムをチャート上位に送り込み、ファンを獲得していく。2007年9月には、初となる主催大型ロック・イベント『BUCK-TICK FEST 2007「ON PARADE」』を横浜みなとみらい・新港埠頭特設野外ステージで開催。2012年、不動のメンバーでデビュー25周年を迎え、新レーベル<Lingua Sounda(リンガ・サウンダ)>を設立。7月にトリビュートアルバム『PARADEⅡ~RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK~』を、9月にアルバム『夢見る宇宙』を発表。さらに9月には、トリビュート・アルバムに参加したアーティストと共に『BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE』を千葉ポートパーク内特設ステージにて開催。2013年6月には、デビュー25周年を記念したドキュメント映画『劇場版BUCK-TICK~バクチク現象~』を公開する。2013年12月、14年連続となる日本武道館公演を達成。2014年6月、19枚目のアルバム『或いはアナーキー』をリリース。独特なポップ・センスとダークな世界観を深く掘り下げつつ、インダストリアル・ロックの要素を取り入れるなど、今なお進化は止まらない。BUCK-TICK オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント