【SKY-HI】『SKY-HI Live House Tou
r 2016 -Round A Ground Tokyo Fin
al- Supported by MUSICA』2016年1
2月15日 at 豊洲PIT

取材:日本工学院専門学校 レコーディングクリエイター科ラジオ専攻 松本 蓮

【STUDENT REPORT from 日本工学院専門学校コンサート・イベント科】

 “日本全国にSKY-HIの音楽を届けよう”をコンセプトに行なわれたSKY-HIのライヴハウスツアーも翌日のクリープハイプを残しての20本目、東京公演2デイズの1日目は、対バン相手にUVERworldを迎え、両者のファンが会場を埋め尽くした。

 “対バンは、イーブンでなければならない”。そう語ったのはUVERworldのTAKUYA∞(Vo)。“自分たちのファン、相手のファンが同じだけいて、その状態でお互いのファンに演奏を聴いてもらわないと駄目だ”。同じ想いのSKY-HIと意気投合し、音楽雑誌『MUSICA』のサポートもあり実現した今日の対バン。その言葉通りイーブンな状況でのパフォーマンスが始まった。圧倒する歌声と熱いバンドグルーブ、そして響き渡るサックスの音色でオーディエンスを自分たちの世界に当たり前のように引きずり込む。そして、その演奏と変わらぬ熱い感情。“演奏時間60分。たった3,600秒。全て込めるぞ!”“誰ひとり置いてかねーからな! 最高の夜にしようぜ”と、ライヴにかける彼らの魂を会場の隅々までぶつけまくった。ラスト前のMCでは、SKY-HIに対して“ひとつのグループにおさまらず、自分のやりたいことをやっている”と称賛して、その彼が好きだと言ってくれた「7日目の決意」を高らかに歌い上げ締め括ったが、この曲が歌われる景色は、どちらのファンだとかは関係なく、会場全体がひとつに結ばれていた。最後に“新しい時代に足跡を付ける俺たちがUVERworld、よろしくどうぞ!”と言葉を残し、SKY-HIにバトンを渡した。

 会場の熱気が冷めることなく、続くSKY-HIの登場に大歓声が上がる。12月12日に30歳の誕生日を迎え、この日がSKY-HIにとって30代初のライヴとなる。SUPER FLYERSを率いてフルバンド+フルダンサーでのパフォーマンスに加え、自らの高速ラップで冒頭からファンの期待に応える。MCでは“魂燃やしていくから!”と叫び、ファンは大声援で応えた。その直後のラップメドレーでは、止まらない言葉の波がオーディエンスに押し寄せ、息継ぎする間も与えない程に魅了した。また、前日リリースされたニューシングル「Double Down」が披露されると、観客は待ってました!と言わんばかりの歓声で身体を揺らした。この日、熱いラップに加え、自らがギターやキーボードを演奏しての歌声と、ミュージシャンとしてのさまざまな面とポテンシャルを見せてくれたSKY-HI。そんな彼の口から発せられた言葉で、会場はさらなる盛り上がりを見せる。それは、来年3月から始まるツアーの東京公演が日本武道館だということだった。

 そして、想いを込めて歌った「ナナイロホリデー」。“この冒険の続きはそこでしよう”“最高を届けよう”。この歌でこの日のライヴを終わりへと、そして日本武道館へと導いてくれた。

セットリスト

  1. 【UVERworld】
  2. 1.Don’t Think Feel
  3. 2.ナノ・セカンド
  4. 3.Enough-1
  5. 4.在るべき形
  6. 5.ALL ALONE
  7. 6.PRAYING RUN
  8. 7.零HERE
  9. 8.IMPACT
  10. 9.LONE WOLF
  11. 10.7日目の決意
  12. 【SKY-HI】
  13. 1.逆転ファンファーレ
  14. 2.Ms.Liberty
  15. 3.スマイルドロップ
  16. 4.ラップメドレー
  17. (As a Suger
  18. 〜Welcome to the dungeon
  19. 〜Enter the dungeon
  20. 〜Tyrant Island
  21. 〜Tune up
  22. 〜F-3)
  23. 5.Double Down
  24. 6.Limo
  25. 〜Countdown
  26. 7.Seaside Bound
  27. 8.Luce
  28. 9.クロノグラフ
  29. 10.ナナイロホリデー
  30. 11.カミツレベルベット
UVERworld プロフィール

様々な音楽ジャンルを融合し独自の表現に昇華する、ミクスチャー・ロック・バンドの雄、UVERworld。TAKUYA∞(vo、programming)、克哉(g,cho)、彰(g,cho)、信人(b)、真太郎(ds)という滋賀出身の5人によって02年に結成され、05年にシングル「D-tecnolife」(TVアニメ『BLEACH』主題歌)でメジャー・デビューを果たした。この曲はオリコン4位を記録するなど、新人バンドとしては異例の大ヒットとなり、世間の注目を一気に集めることとなった。06年リリースの4thシングル「Colors of the Heart」は人気アニメ『BLOOD+』主題歌、5thシングル「SHAMROCK」はTVドラマ『ダンドリ。〜Dance☆Drill〜』主題歌と、TV番組のタイアップ・ソングが多いのも彼らの特徴。
ロック・アンサンブルを基本としつつ、ラップやスクラッチ、ヒューマン・ビート・ボックスなどのヒップホップ的要素や、ヘヴィーなギター・リフなどを織り交ぜたそのサウンドは一筋縄ではいかない。5人の伊達男たちによる痛快なまでのその音楽世界は、10代の若者を中心に絶大な支持を集めている。UVERworld オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント