【BLUE ENCOUNT】『TOUR 2017 break
    “THE END”』2017年3月20日 at 幕張
    メッセ国際展示場

    撮影:浜野カズシ、鈴木公平/取材:フジジュン

     “スゲェな、この景色! まるでツアーファイナルじゃん!!”と、田邊駿一(Vo&Gu)が思わず感想をもらした、BLUE ENCOUNT全国ツアー『TOUR 2017 break“THE END”』幕張メッセ公演。1月にリリースされた最新アルバム『THE END』を掲げての今ツアーは、この日でまだ2日目ながら、大会場を埋め尽くすファンの熱気と期待や渇望感、そして完成されたステージは明らかにツアー序盤と思えないものだった。

     この日特筆すべきは、同作の世界観をしっかり残したまま、ライブアレンジされ、ブラッシュアップされた楽曲と演奏の完成度の高さ。「THE END」「HEART」「ルーキールーキー」といったアルバムでも重要な箇所を担う新曲たちは、ライヴ仕様に進化、強化。強度の高い演奏力とグルーブ、さらに強い説得力を持った歌がガツンガツンと胸に響き、“ここからライヴを重ねたらどうなっちゃうの!?”と、僕に嬉しい悲鳴を上げさせた。

     アルバムの新曲を中心としたセットリストでしっかり1曲1曲の存在意義を示し、『THE END』の良さも改めて確認させてくれたこの日。5月公開の映画『LAST COP THE MOVIE』主題歌であるバラード曲「さよなら」の初披露では、“また、こんな夢を見られるなんて思わなかった”と語り、気持ちいっぱいに歌う田邊に『THE END』の向こう側も見えた気がした。

     しかし、カッコ良いだけでは終わらず、アンコールではトラブルを観客に助けられ、“頼りなくて、ごめんな”と田邊が涙するシーンも人間臭くブルエンらしく、微笑ましくも熱かった。ツアーが終わる頃、さらに強靭になった4人のステージが今から楽しみで仕方ない。

    セットリスト

    1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
    BLUE ENCOUNT プロフィール

    ブルーエンカウント:熊本発、都内在住の4人組エモーショナルギターロックバンド。熱く激しくオーディエンスと一体となる熱血なパフォーマンスがライヴシーンで話題を呼び、2014年9月にEP『TIMELESS ROOKIE』でメジャーデビュー。16年10月には日本武道館で、17年3月には幕張メッセ国際展示場での単独公演を成功させた。 BLUE ENCOUNT オフィシャルHP

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント