【SiM】『THE BEAUTiFUL PEOPLE TOU
R -season II- “ONEMAN SHOWS 2017
”』2017年3月31日 at Zepp Tokyo

撮影:半田安政(Showcase)/取材:日本工学院専門学校蒲田キャンパス コンサート制作コース 塩澤幸紀

【STUDENT REPORT from 日本工学院専門学校コンサート・イベント科】

 2階席まで満杯の会場は、開演前から熱気に包まれていた。そして、暗転。SEが流れる中、墓場のようなステージに設置されたガーゴイルの像からレーザーが放たれる。1曲目「NO FUTURE」のど頭からダイブをする人が続出し、MAH (Vo)の“東京歌え!!”という一声で会場が一体に。続く、「Dance In The Dark」が流れた瞬間に一体感はより強まり、「THE KiNG」で温度も上がっていく。モンキーダンスで会場がクラブのようになった「GUNSHOTS」、さらに「Amy」と「R.P.G」を立て続けに叩き付け、「CROWS」では“俺がここにいるぞってのを教えてくれよ!”の言葉でオーディエンスの高揚感は7曲目にして最高潮かと思うほどに。そして、“SiMにしかやれない曲を”と「I DUB U」や2ndアルバム『SEEDS OF HOPE』から懐かしい曲「Murderer」を演奏し、代表曲「KiLLiNG ME」では“座れ!”の号令からオーディエンスがしゃがみ、そこから一斉ジャンプ! 会場全体がひしめき合ったことは言うまでもない。また、“本当にやりたいことをやるほうがいい人生になるんじゃないかな”とMAH自身の考えを投げかけた「If I Die」や「Life is Beautiful」が鳥肌モノだったことも特筆すべきところであり、“俺はステージに立ち続けることで示し続けるから!”という言葉からの「EXiSTENCE」であり、“生きろよ! 生きてまたライヴに来るだけでいいから!”という言葉からの「Get up, Get up」は間違いなくオーディエンスの心に刺さったことだろう。そして、“ダイブとかモッシュは絶対にやっちゃダメだから”と煽ったあとの「Blah Blah Blah」「f.a.i.t.h」で、止むことのないダイブとフロアーを3分割したウォール・オブ・デスを見せつけ本編を締め括った。

 アンコールでは新曲「NO SOLUTiON」を初披露。SiMらしいロックなサウンドであり、ライヴをより盛り上げる一曲となっていくことを期待させる。最後は「MAKE ME DEAD!」。本当にやりたいことをやり、続けていくこと、生きて必ずまたライヴに来いというメッセージに応えるかのごとく、フロアーではダイブ&モッシュが繰り広げられ、大盛り上がりする中、本公演の幕は閉じられた。ステージに立ち続けることで示し続けると語ったSiM。そんな彼らのライヴはこれからも見逃せない!

セットリスト

  1. NO FUTURE
  2. Dance In The Dark
  3. THE KiNG
  4. GUNSHOTS
  5. Amy
  6. R.P.G
  7. CROWS
  8. Abel and Cain
  9. WHO'S NEXT
  10. I DUB U
  11. Murderer
  12. KiLLiNG ME
  13. Fall in Love With You
  14. If I Die
  15. Life is Beautiful
  16. EXiSTENCE
  17. Get Up, Get Up
  18. Blah Blah Blah
  19. f.a.i.t.h
  20. <ENCORE>
  21. NO SOLUTiON
  22. MAKE ME DEAD!

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント