【D】『D 14th Anniversary Special
Premium "Free" Live』2017年4月23
日 at Zepp Tokyo

撮影:TAKUYA ORITA/取材:帆苅智之

 フリーライヴと聞いた時、“いいところ、新曲を含めて10曲で1時間程度だろう”と高を括っていた自分自身を恥じ、反省し、深くお詫びする。新しいコスチュームを纏った5人のメンバーはアンコールを含めて全24曲を演奏。OPで新曲「Dark fairy tale」のMVを初披露し、演出はスモークあり、炎あり、キャノンあり。2時間半超、通常のライヴと比べても何ら見劣りしない、堂々たるパフォーマンスであったことを、まずもって記したい。所謂、無料コンサートの枠を逸脱した内容に、活動14年目に突入したDの意気込みが感じられる、まさにスペシャルプレミアムなライヴであった。セットリストは彼らがここまで発表してきたアルバム、シングルから万遍なくチョイス。とりわけメンバーそれぞれがDとして初めて作った曲(M8(ASAGI)、M10(Ruiza)、M15(HIDE-ZOU)、M16(Tsunehito)、M11(ASAGI&HIROKI))を入れ込んだのは、14周年のアニバーサリーならではの計らいだったと言える。ロシア民謡的なダンスチューンや、バロック音楽の要素を取り入れたスケール感あるナンバーも披露され、全体をとらえればバラエティーに富んだ内容ではあったが、やはり中心はスラッシュ、ラウド系で、オーディエンスは終始ヘドバンの嵐。“10年前、ここでメジャーデビューを発表した時の気持ちは今も変わっていません”(ASAGI)とのMC通り、退廃的かつ妖艶でありつつも激しく、攻撃的な演奏で、バンドの勢いはまったく衰えていないことを示した。同時にそれは、6月の「Dark fairy tale」発売記念ワンマン、7月から始まる全国ツアーに向けて十分な“鬨の声”でもあった。

セットリスト

  1. 7th Rose ~Return to Zero~ / 7th Rose
  2. 闇の国のアリス
  3. 闇より暗い慟哭のアカペラと薔薇より赤い情熱のアリア
  4. 光の庭~名もなき森の夢語り
  5. Night ship “D”
  6. 花摘みの乙女 ~Rozova Dolina~
  7. 三角お屋根と哀れな小熊
  8. Vampire Missa
  9. 花惑
  10. Lost breath 〜Drum Solo&リズムセッション~
  11. Desert Warrior
  12. In the name of justice
  13. 鬨の声
  14. GOD'S CHILD
  15. 君が見る夢の中
  16. Leukocyte
  17. 黒薔薇の騎士
  18. Dark fairy tale
  19. <ENCORE1>
  20. 太陽を葬る日
  21. Wonderland Savior ~太陽と月の歯車~
  22. Pride 
  23. <ENCORE2>
  24. Dearest you
  25. EDEN
  26. 春の宴
D プロフィール

ディー:2003年4月、ASAGIとRuizaを中心にバンドを結成。2005年に現メンバーとなる。世界観を重視した、ドラマ性を持った作品を次々に発表し、08年にメジャーデビュー。ASAGIの独特の世界観を重視した、ドラマ性を持った作品が特徴。そんなDの作り出す唯一無二の独特の世界観は、ティム・バートン監督にも愛されている。15年9月にアリスの世界をコンセプトにしたシングル「HAPPY UNBIRTHDAY」をリリースし、16年10月にはアリスシリーズ完結作となるフルアルバム『Wonderland Savior』を発表した。D オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。