【家入レオ】私が求めているのは愛じ
    ゃないかもしれない

    愛を求めていた心が本当に切望しているものは?という自問と葛藤を、ドラマ『Nのために』の原作で描かれた人間の切なさや愚かさと重ね合わせて生まれた、“苦悩”を綴った歌。今の彼女のリアルな叫びーーそれが「Silly」だ。
    取材:竹内美保

    前作「純情」では“純情宣言”を明確な意思を持って謳っていましたが、今作はまったく異なる世界観ですね。

    はい。実は「純情」をリリースした時と決定的に違うところが私の中であって。それは、求めているものが明確ではなくなった、ということなんです。手に入ったら全てが満たされると思っていた、その“求めているもの”がちょっとぼやけてしまったんですよね。だから、愛の歌というより、透明なものについて歌っている感じですね、「Silly」という楽曲は。

    あぁ、何か渇望している印象を受けたのはそこかしら。でも、透明っていうのは?

    今までは枯渇感を満たせるものは愛だって信じて疑わなかったんです。でも、いろいろなことを知っていくたびに選べる事柄も増えていくので、自分を本当に満たしてくれるものがどういうつくりで、どんな匂いで、どんな温度で、どんなものなのかがまったくぼやけて分からなくなったんです。だから…以前だったら“愛を求め”って歌っているはずのサビの詞が、“何かを求め”になっているんですよね。デビュー当時からあれだけ“愛が欲しい”って言ってたのに、“愛ってもしかしたら私のことを満たせないものかもしれない”っていう気持ちが表れているんです、この歌には。

    確信を持っていたはずなのに、そこに近付けたり、それを手に入れてみると“あ、これじゃなかった”みたいな感覚?

    そうです。それこそ前までは、進むことっていうのはどんどん答えが出てくることだと思っていたんですけれど、実は進めば進むほど分からなくなるものもあるんだな、って。

    でも、“何か”と表現しているのは曖昧なようでいて、実はいろんなものを包括できるというところもありますよね。

    そう! そうなんですよ。“何か”だったら、それこそ“愛”も包み込めるんです。でも、私は愛じゃなくて、多分もっと奥にあるものに出会いたいんですよね。それにぴったり合う言葉が見つからないのかな、とも思っているんですけれど…。消化し切れない気持ちがあると、やっぱりイライラもしますし。それを表す言葉を知っていれば、それがちゃんと言える、届けられるんですけど。

    でも、名前を持たない感情を感じている、っていうことはすごく大事なことだと思いますよ。ものすごく大切な感情が自分の中に芽生えているのにそれを表す言葉がないのは、本当に新鮮な感情だからでしょうから。

    でも、今、すごく苦しいんです。初めてだから、こんなこと。できれば「純情」のまま止まっていたかったくらいです。でも…答えはふとした瞬間に出るのかもしれないですけど。

    確かに得体の知れないものと対峙している感覚ではありますもんね。ただ、レオさんと同じように何か得体の知れないモヤモヤを抱えた人がこの歌を聴いて、“あぁ、この何とも言えない不思議な感情は存在するものなんだ”って受け止めることができるかもしれない。

    あぁ、それだけでもすごく嬉しいですね。名前のない感情は持っちゃいけないと思い込んでいる人って多分たくさんいると思うんですけど、そういう気持ちって苦しいけどあってもいいんだなって思えるだけで生きていることが楽になるし。そう、だから、この曲の最後にはメジャーコードに展開しているんです。最初はもっと重い感じのサウンド、アレンジだったのに。

    そのアウトロはすごく気になっていました。トラックが渦巻くようにループしている中、最後に小さな光を感じられたので。

    破滅の連鎖に身を置いている感じがすごくしますよね。でも、希望はあるっていう。その光は、牢獄みたいなところから見る光に近いかもしれないですけど。

    《失えばいい》からの流れとか、歌の表情が鬼気迫る感じがありますよ。

    そういうふうに聴こえるだろうな、と思いました。自分でも“うわっ、ここ聴きたくない!”って思いますし(苦笑)。多分、自分の一番性格の悪い部分とか、ダメな部分が出ているからなんですけど。でも、その感情じゃないと歌えないんですよね、ここの部分の表現は。

    なんか、すごくいろんなものがギリギリのバランスで成り立っている作品なんですね、「Silly」って。

    コップの淵ギリギリに注いである水みたいな…表面張力ギリギリで成り立っているんだけれど、ほんのちょっとの震動であふれちゃうような。そういうギリギリ感で歌いました。ひとりの人間として生まれてきたことの孤独、その孤独を抱えて生きていかなければならないという切なさ…今までで一番自分の気持ちを曝け出している曲かもしれないです。

    対して、カップリングの「願い事」は浮遊感のある楽曲ですね。

    メルヘンというか、乙女チックな…恋をし始めた一番楽しい時期のことを書いています。でも、恋人だけではなく、友人、家族、動物…愛しいっていう気持ちを抱いた時にも重なる詞だと思います。すごくキラキラした、魔法にかかっているような、“この幸せを分けてあげたい!”くらいのハッピーな気持ちで歌詞を書きました。そして、もう1曲の「勇気のしるし」は自分自身も含め、誰しも弱い心に負けそうな時もあるけれど、自分を奮い立たせて頑張っていこうという思いの応援歌です。

    聴いていても、“よしっ!”って鼓舞されましたよ。

    あ、良かった! 言葉、歌詞のニュアンスも今まで使ったことがないようなものを選んだので、チャレンジでもあったんです。変わったフェイクも入れてますし。

    3曲異なる世界観で、一枚の作品として表現力の豊かさと深さが感じられる充実作でした。12月13日のライヴがさらに楽しみになります。

    20歳になる日のライヴなので、支えてくださっているファンの方たちやスタッフの人たちに“ありがとう”っていう気持ちを伝えられるライヴにしたいなと思います。
    「Silly」2014年11月19日発売ビクターエンタテインメント/Colourful Records
      • 【初回限定盤A(DVD付)】
      • VIZL-726 1836円
      • 【初回限定盤B(DVD付)】
      • VIZL-727 1836円
      • 【通常盤】
      • VICL-36967 1296円
    家入レオ プロフィール

    イエイリレオ:1994年12月13日生まれ、福岡県出身。13歳で音楽塾ヴォイスの門を叩き、青春期ならではの叫びと葛藤を爆発させた「サブリナ」を完成させた15歳の時、音楽の道で生きていくことを決意。翌年、単身上京。12年2月に「サブリナ」でメジャーデビューを果たし、『第54回日本レコード大賞』最優秀新人賞など数多くの新人賞を受賞。17年2月に迎える5周年を記念した初のベストアルバム『5th Anniversary Best』を発売。同年4月には初の日本武道館公演が決定している。家入レオ オフィシャルHP
    家入レオ オフィシャルブログ
    家入レオ スタッフTwitter
    Facebook
    YouTube
    Wikipedia

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント