【水樹奈々】まるでレールの先が見え
    ないジェットコースター!

    デビュー15周年イヤーに突入して、さまざまなチャレンジを続けている水樹奈々が、32枚目のシングル「Angel Blossom」をリリース。カップリングの「レイジーシンドローム」ではラップも披露するなど、新たなチャレンジが詰まった一枚になった。
    取材:榑林史章

    「Angel Blossom」は流れるようなストリングスで始まる、さわやかで疾走感のある曲になりましたね。

    はい。「Angel Blossom」はTVアニメ『魔法少女リリカルなのはViVid』という、この春に始まったアニメのオープニングテーマで、季節的にも“笑顔”をキーワードにして前向きな気持ちになるような曲にしてほしいと、アニメの制作チームからリクエストがありました。『なのは』シリーズの原作者・都築真紀さんからも“例えば、水樹さんの「POP MASTER」のような、友情をテーマにした応援ソングで、そこに『なのは』らしさが加わった曲を”とイメージをいただいて。『ViVid』の世界観に沿いながら、新しい切り口で明るさとカッコ良さを融合させるという部分では、楽曲選びにはとても難航しました。なかなか、これだ!という曲に巡り合えず迎えた3度目のミーティング、ちょうど私の誕生日にこの曲と出会ったんです! イントロを聴いた瞬間に心を打ち抜かれてしまい、誕生日にこんな運命的な出会いがあるなんて、きっと神様からの誕生日プレゼントだ!と思いました(笑)。曲の持つ温度感、アレンジ面でもストリングスとデジタルサウンドのバランスが本当に絶妙で、一気に曲の世界に引き込まれて…これだ!と。

    まるで空を飛んでいるような爽快さがありますね。

    はい。でも、飛んではいますが、優雅にというわけではなく、急カーブを何度も曲がりながら無我夢中で飛んでいるイメージです。まるでジェットコースターに乗っている感覚。それも、レールの先がどこにつながっているか想像がつかない、そんなワクワクを感じていただけると思います。

    作詞は水樹さんご自身ですが、“不屈の夢”という言葉が印象に残りました。

    『ViVid』の主人公のヴィヴィオのお母さんである“なのは”が、変身する時の口上に“不屈の心はこの胸に”という一説があるんです。そこには憧れのお母さんの背中を追いかける、ヴィヴィオの気持ちを込めました。これまで歌ってきた『なのは』シリーズの楽曲で登場する“始まり”という言葉も使っていたり、シリーズのファンの方には、きっとニヤリとしていただけるフレーズがいろいろあると思います!

    春らしいタイトルもすごくいいですね。

    今回の『ViVid』は『魔法少女リリカルなのは』の主人公“なのは”の子供たちの世代のお話なので、天真爛漫で純真無垢なイメージから “Angel”という言葉が最初に浮かびました。その後に続く“Blossom”はMV撮影中に。まだ肌寒い季節でしたが春の息吹を随所に感じる空間で、なんと言っても350名のエキストラのみなさんの笑顔がとても印象的で…さまざまな人との出会いで、芽吹いた蕾が花開いていくようなイメージとともにタイトルが決まりました。MVは以前からチャレンジしたいと思っていた、フラッシュモブ風の楽しい映像になっています。初回盤のBlu-rayとDVDには、MVとメイキングが付いていますので、ぜひ観ていただきたいです!

    カップリングの「レイジーシンドローム」は、バンドサウンドで独特のメロディー感を持った曲ですね。

    これも聴いた瞬間に惚れてしまった曲です(笑)。皮肉っぽい歌詞と、純粋さと危うさを兼ね備えたストレートなメロディーが1度聴いたら忘れられなくて。タイトルは造語で、直訳すると“怠惰な症候群”…つまり、“怠け者”という意味です。歌の主人公はそのことを自覚しつつ、誰にも邪魔されない自分だけの箱庭の中で、このままここにいてはダメになってしまうことを分かっていながら、でも動けないでいる。思春期独特の理想と現実の狭間で揺れ動く、ある種のファンタジーのような世界を表現したいと思いました。

    中盤ではラップに挑戦されていますね。

    2ndシングル「Heaven Knows」の時のラップとはまた違うテイストで、新しいチャレンジになりました。カッコ付けすぎてもダメだし、歌の流れに乗るだけではサラッと流れてしまうので、一番バシッとくる歌い方を見つけることが課題でした。ライヴで歌うのが今から楽しみです。

    そして、もう1曲の「あしたgraffiti」は、イントロを聴くと今までの水樹さんのスタイルを継承していそうでいて…。

    少し変わっていますよね(笑)。Bメロの展開が面白くて。ただ明るく元気なだけじゃなく、斬新な転調が組み込まれていて、今までの私の曲にありそうでなかった曲だと思います。歌詞はフレッシュなOLさんをイメージしました。“さぁ、今日から社会人としてがんばるぞ!”とか、都会に圧倒されて飲まれてしまいそうになっても、“いやいや負けないぞ!”みたいな。この曲は愛媛銀行のTV-CMソングになっていて、実はCMには私も出演しています!

    愛媛限定のCMとのことですが、7月に始まるツアーの初日が愛媛なので、そこで観られるかもしれませんね。

    その頃まで流れているかは不明なのですが…(笑)。ぜひ、愛媛県以外にお住まいの方にも観ていただける機会が作れたらと思っています。ツアーは全国各地をトレジャーハントしながら旅するようなイメージで、“ADVENTURE”と題してお送りします。15周年イヤーという節目に、地元で初日を迎えられること、去年行くことができなかった鳥取や山口、中止になってしまった北九州にも足を運べることもあって、本当に楽しみにしています。1月に開催した『LIVE THEATER-ACOUSTIC-』とは一転、アグレッシブで夏らしいステージになる予定です。今回もきっと何かしらの乗り物に乗るかも!?(笑) どんな冒険になるのか、ぜひ楽しみにしていてください!
    「Angel Blossom」2015年04月22日発売KING RECORDS
      • 【初回限定盤(Blu-ray付)】
      • KICM-91590 1836円
      • ※初回製造盤:特製カラーケース仕様
      • 【初回限定盤(DVD付)】
      • KICM-91591 1836円
      • ※初回製造盤:特製カラーケース仕様
      • 【通常盤】
      • KICM-1590 1200円
    水樹奈々 プロフィール

    ミズキナナ:声優、歌手として高い人気を誇る。声優としてのデビュー作は1997年のプレイステーション用ゲーム『NOёL〜La neige〜』門倉千紗都役。歌手としては2000年12月にシングル「想い」でデビュー。09年6月に発売された7枚目のオリジナルアルバム『ULTIMATE DIAMOND』で声優として初のオリコンチャート1位を獲得し、11年12月と16年4月には東京ドーム2デイズライヴも大成功に収める。また、NHK『紅白歌合戦』に6年連続で出場するなど、声優アーティストとして名実ともにトップを走り続けている。水樹奈々 オフィシャルHP

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント