【さくらしめじ】お母さんへのありが
とうを歌とギターで伝える新曲登場!

スターダストプロモーションのEBiDANに所属する、田中雅功と髙田彪我の中学2年生ふたりによるフォークデュオユニット、さくらしめじ。昨年夏から活動をスタートし、ストリートやイベントでライヴを重ね、今年3月に1stシングル「いくじなし / きのうのゆめ」を全国で発売。和やかムードなふたりの魅力に注目の集まる中、ニューシングル「ぎふと」を配信リリースした。新曲、ユニットについての話を聞いていこう。
取材:土屋恵介

おふたりがギターを始めたきっかけは?

田中
僕はもともとは楽器に興味がなかったんです。でも、クリープハイプさんとか、そうした音楽に出会って、カッコ良いなと思ってエレキギターを弾き始めたのが小学5年生です。
髙田
僕はお父さんがギターを持ってて、弾いてみたかったのがきっかけです。始めたのは、小学6年生の3学期くらいです。

ギターを弾いてみて面白かったですか?

田中
はい。弾けたらカッコ良いし、ちゃんと弾けるとすごく気持ち良くて。
髙田
難しいコードがあっても、それが弾けるようになると“やった!”ってなりますね。

普段はどんな音楽が好きですか?

田中
僕はクリープハイプさんがすごく好きです。「社会の窓」って曲をたまたまラジオで聴いていいなって好きになりました。声がカッコ良いです。あとは、KANA-BOONさんとか、THE BAWDIESさんとかを聴いてます。
髙田
僕はゲスの極み乙女。さんを聴いたり、がくくんから教えてもらったクリープハイプさんを聴いたりします。あと、最近知ったRADWIMPSさんを聴いてます。

結構ロックな感じなんですね。では、フォークデュオを組むきっかけは?

田中
お客さんの前でギターを持って歌う機会があって、それを見たスタッフさんがじゃあふたりでやってみようと言ってくれたのきっかけです。
髙田
もともと、お互いあまりしゃべったことがなかったんです。
田中
でも、ふたりで組んだら、気が合ってすぐ仲よくなりました。しかも、たまたま同じぞうさんギターを持ってて、それも運命だったのかなって(笑)。
髙田
そうなんです! 運命です!

(笑)。ふたりでやるのは面白かったですか?

田中
そうですね。
髙田
初めは歌もギターも合わせるのが難しかったんですけど、練習していくに連れて徐々に息が合ってきて、すごく楽しいです。

さくらしめじの名前が決まったのが、11月24日の日本青年館のライヴ中でしたね。

田中
はい。サプライズで想像もしてなかったです。MCをしてたらいきなりスクリーンに“注目”って出たんですよ。その時、彪我がすごい顔をして、“どうしましょう?”って言ったんです(笑)。

発表されて、彪我さんボロ泣きでしたね。

髙田
嬉しさと驚きで…ハイ(笑)。
田中
それまでガク&ヒョウガでやってたのが、ユニット名ができたことで、グループとして進歩した感がありました。

さくらしめじとして、もっとやっていくぞ!と思えましたか?

田中
はい。思いました。
髙田
サプライズ発表のあとに、「さんきゅう」って曲を歌ったんですけど、最後の《これからも一緒にいよう》って歌詞が泣けるんです。ふたりでこれからも一緒に頑張ってみようと思えました。ふたりで見合った時の、雅功のやさしい笑顔にやられました(笑)。
田中
(笑)。彪我がボロ泣きしちゃって歌えなかったんですよ。でも、最後に頑張って“さんきゅ~~”って言ったのを覚えてます。
髙田
そうでしたね。いい思い出です。

雅功さんは泣かなかったんですか?

田中
僕は、なんとか耐えました。
スタッフ
裏に行ってガン泣きでしたけどね(笑)。

(笑)。その日にCDも発売されて、そのCDには“さくらしめじ”って書いてあったんですよね(笑)。

田中
そうなんです。見事にやられました(笑)。サプライズでユニット名と一緒に、今日このあとCD発売しますって、ぼくたちが見たこともないジャケットと音源が流れて(笑)。
髙田
え?って感じでした(笑)。
田中
歌を録った時、何のために録っているのかもまったく知らされなかったんです。なんで録るんだろう?って思ったけど…でも、それを聞かなかった僕たちも悪いなって。

そんなことはないですよ(笑)。素直でいいことです。では、お互いがどんな人かを他者紹介してください。

田中
彪我さんはすごく天然で、精神年齢が小学生なんです。まるで赤ちゃんを相手してるかのような…。
髙田
え? ちょっと待ってください(笑)。
田中
しかも、よくコケます。でも、すごく声がきれいでいいなと思います。
髙田
ありがとうございます。雅功くんは、食べるのが早くて憧れてます(笑)。低い声が出せるのも憧れです。あと、しっかりしてる時はあるんですけど…してない時のほうが多いです。
田中
そうなんです。なんか、ふたり似てるんじゃないかなってことがたくさんあるんです。大体、動作が遅いんです。ふたりともマイペースって言われますね。
髙田
あと、すごくやさしくて、僕より年上なんじゃないかってくらいです。あるエピソードがあって、ふたりで夏にお昼寝をしてる時に、雅功くんが布団代わりに、自分のシャツをかけてくれたのを今でもすごく覚えています。

いい話じゃないですか! では、新曲「ぎふと」について聞かせてください。

田中
まず、僕たちが実際にお母さんへの手紙を書いて、それをもとに曲を作ってもらったので、伝えたいことが真っ直ぐに届くような歌になりました。
髙田
お母さんに書いた手紙が曲になるのがすごく嬉しいです。普段、なかなか感謝の言葉って直接言えないので。

そうですよね。実際、歌ってみてどうでしたか?

田中
最後の歌詞に《心からありがとう 照れるけどありがとう》ってあるんですけど、この曲を録る前に、ふたりとも風邪を引いてしまって、その時も看病してくれたので、心からありがとうって気持ちをより込めて歌えました。
髙田
僕はサビの《たくさんの愛情で たくさんの笑顔で守ってくれてる》ってところで、雅功くんも言ったように看病してくれた時に笑顔で笑わせてくれたお母さんを思い浮かべてしまいました。

ちなみに普段のお母さんは?

田中
え~~っと…怖いです(笑)。
髙田
そうですね(笑)。でも、おやつの時間は面白いです。
田中
おやつの時間があるの?
髙田
うん。学校から帰って来て、おやつの時間があって、ギターの練習とかをしてから夜ご飯を食べます。おやつの時間は面白い話をしてくれて楽しいです。…でも、いつもやさしいです。

「ぎふと」を聴いたお母さんからは、どんな感想を言われましたか?

田中
“すごくいい曲だね”って言われました。
髙田
僕の親も“いい曲だね”って。あと、“曲調がいいね”って言われました。

普通に褒めてくれたと。目の前で歌ったことはありますか?

田中
まだないです。そのうち目の前で歌って聴かせられたらいいなって。
髙田
僕もそう思ってます。

ジャケットの絵は彪我さんが描いたそうですね。

髙田
はい。母の日にちなんで、カーネーションにしたんです。でも、カーネーションは基本は赤ばかりなので、遊び心を加えて青とか緑とかのバラ…あ、カーネーションを加えたりしました。

そう言えば、手書きでチラシを作ってるとのことですが。

田中
はい、描いています。いろんな絵を描きましたね。
髙田
動物とか、夏休みのイメージとか。

絵を描くの好きですか?

髙田
僕は好きです。
田中
僕は全然ですね~。

でも、okmusic UP'sで絵の連載が始まりましたよ(笑)。

田中
う~、もっと頑張ります(笑)。

では、さくらしめじの目標、野望を聞かせてください。

田中
いつかふたりで、さいたまスーパーアリーナでワンマン公演をやりたいねって言ってるんです。
髙田
その理由が、最初にストリートライヴをやったのが埼玉県の大宮なんです。なので、埼玉の一番大きなところでやってみたいなと思ったんです。
田中
もともとそれは彪我さんの夢だったんです。僕、個人的にはロックフェスに出たいなって思ってます。
髙田
あ、フェス、僕も出たいです。

ロックフェスでの勇士を期待してます。ちなみに今年の夏、どんなことをやってみたいですか?

髙田
生まれて2回目の海に飛び込みたいです。1度、小学校の臨海学校に行きました。海の水ってしょっぱいって聞いてたので、ほんとにしょっぱいのかなって。しょっぱかったです。
田中
僕は、流しそうめんがしたいです。1回小さい頃にしたことがあって、楽しかったのを覚えてて。
髙田
…流しそうめんって、流してる人は食べられないですよね?

え? そうですね、流す係ですからね(笑)。

髙田
あ~、そうですねぇ。僕も、流しそうめん食べたいです。

(笑)。では、最後に「ぎふと」の曲にちなんで、お母さんにひと言ずつお願いします。

田中
いつも迷惑ばかりで、こんなマイペースな僕を育ててくださり、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
髙田
わがままでいつも迷惑かけているんですけど、学校から帰っておやつの時間を作ってくれてありがとうございます。これからも迷惑をかけたりしますが、おやつの時間を作ってください。こんな僕ですが、これからも育てていってください。
「ぎふと」
    • 「ぎふと」
    • 2015.05.06
さくらしめじ プロフィール

さくらしめじ:田中雅功と髙田彪我による、フォークデュオユニット。2015年3月に両A面シングル「いくじなし / きのうのゆめ」にてデビュー。フリーライヴで全国47都道府県を回る“菌活”の遂行など、精力的な活動を展開! 17年夏より1年をかけて月に1回、日本各地のライヴハウスでライヴを行なっていく『菌育 in the 家(はうす)』を実施し、18年4月には待望の1stアルバム『ハルシメジ』をリリースした。さくらしめじ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。