L→R 海(Gu)、Tohya(Dr)、智(Vo)、瑠伊(Ba)、Yuh(Gu)

L→R 海(Gu)、Tohya(Dr)、智(Vo)、瑠伊(Ba)、Yuh(Gu)

【vistlip】自分たちが歩んでいく道
に対しての序曲

今春のツアーで感じた“トップを獲るから、みんなについてきてほしい”という思いが込められたニューシングル「OVERTURE」。同作について、智(Vo)、Yuh(Gu)、Tohya(Dr)が語る。
取材:桂泉晴名

アルバムツアーが終わり、どんなことを感じましたか?

Tohya
アルバム『LAYOUT』の楽曲は、挑戦的なフレーズを多く取り入れたのですが、ツアーをやり切ることで、自分のスキルアップにつながりました。それに伴い、外見もこのままじゃいけないな、と。札幌公演の日に鏡を見て痩せようと思ったんです。今回のツアーのおかげで、自分自身いろいろな部分で変われたので、いい8周年を迎えられそうです。
Yuh
Tohyaのダイエットについては、そんなに頑張らなくてもいいんじゃないか、と思ってはいたけれど(笑)、達成感を味わえるならいいかな、と。俺自身はツアーの本編が抑えざるを得ない布陣の楽曲だったので、結構苦しかったです。でも、今まで通り人気のある曲を途中に入れて、盛り上がってやり切るつもりはなかったので。そうしなくても楽しいと思ってもらえるライヴができて、すごく達成感があります。
今回のツアーで本編をやり遂げるには、自分を強く持たないといけなかったので、みんなどんどん強くなっていったと思います。そのおかげで“トップを目指したい”という、自分たちがかつて夢見たアーティスト像を取り戻せました。

そして、今回のシングルがリリースされるわけですが。

2曲ありますが、本当にどっちも1曲目でもいいという感じだったので、曲のタイトルをあえて盤には付けていません。

Yuhさんはご自身の作った「MONOGRAM」について“勝手に原点”とコメントされていましたが、その意味は?

Yuh
バンドを始める時、「EDY」を作ったんですけど、この曲には当時の俺らなりのミクスチャー感が入っていて、そういうテイストをひとつの方向性としてやりたい思いがあったんですね。今回はタイアップも関係なく自由に作れたので、俺が本来やりたかった音楽を改めて思い出したんです。

もう一方の「BABEL」はTohyaさん作曲の作品ですね。

Tohya
この曲に関しては、使われるとも思わなかったくらい、自分の思ったままに書きました。Yuhの曲があったからこそ、この曲も映えたのかなと。Yuhの攻め方が「MONOGRAM」で、僕の中での攻め方が「BABEL」です。

「MONOGRAM」の歌詞は、vistlipとオーディエンスとの関係性に受け取れましたが、智さんの想いとしては?

今後は自分のために歌おうと「Period」から決めたんですけど、それが全開になった感じです。人のために歌っているようだけど、実は観に来ている人たちのいろいろな部分を奪って、自分たちの身にしている…でも、変な罪悪感や遠慮を一切せずに生きていくことが大事だと思うし、ファンも俺たちを観にくるわけだから、そこは主役らしく生きていきたい、という思いの歌詞です。ただ、以前はこういう歌詞を書くと、うしろめたさといった陰の部分が見え隠れしていたと思うんです。「BABEL」はその陰が見え隠れしているかな。その陰をも凌駕して、“俺は俺自身のために歌うけれど、それについてきてほしい”という歌詞になっていますね。これって恋愛にしても同じテーマがあると思うから、Twitterには“今回はラブソングを2曲書きました”と書いたんです。

“OVERTURE”とは“序章、序曲”といった意味ですよね。

ええ。7周年とアルバム『LAYOUT』で切り替わったものがすごくあったので。ニューシングルは自分たちが歩んでいく道に対しての序曲ということで、こういうかたちでリリースできるのは良かったと思います。
「OVERTURE」2015年08月05日発売マーベラス
    • 【LIMITED EDITION(DVD付)】
    • MJSS-09148~9 1620円
    • ※初回生産限定盤
    • 【vister(DVD付)】
    • MJSS-09150~1 1620円
    • 【lipper】
    • MJSS-09152 1080円
vistlip プロフィール

ヴィストリップ:2007年7月7日に結成。以降、七夕の日には結成記念ライヴが開催されている。ヘヴィなものからメロディックなものまで幅広く、かつジャンルに縛られない楽曲であり、海がディレクションを務めるアートワークやMVなど、唯一無二の存在感を放っている。また、智が手掛けるストーリー調のものであったり、メッセージ性の高い歌詞にも定評がある。vistlip オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着