写真上より時計回り、プールイ(Vo)、小原 just begun(Ba)、テンペスト竹内(Gu)

写真上より時計回り、プールイ(Vo)、小原 just begun(Ba)、テンペスト竹内(Gu)

【LUI FRONTiC 赤羽JAPAN】バンド感
が強まった極上のシングル、ここに誕
生!

メジャーデビューシングル「リプミー」は“私たちはこんなバンドです”という名刺代わりの一作となったわけだが、新作の「ワンダーループ」ではルイフロの魅力全開! ライヴバンドとしての自信があふれている。カップリング含め、これからのライヴで盛り上がる曲になること間違いなし。
取材:水谷エリ

ニューシングルの「ワンダーループ」を聴かせていただきましたが、よりバンド感が強くなったなと思いました。

竹内
今回は編曲まで自分たちでやっていて、楽器と歌が芯となっている分、そういう聴こえ方をしているのかなと思います。前作の「リプミー」と比べるとソリッドめですよね。
プールイ
私は「リプミー」はライヴでやるのが好きなんですけど、「ワンダーループ」は音源で聴いてカッコ良いなって思える曲で。だから、「ワンダーループ」はすごく好きです。

今回も歌が際立っているのはもちろんのこと、楽器陣もかなり目立っていませんか?

小原
そうですね。ギターとベースはだいぶ厳つい感じでできたんじゃないかなと思いますね。
プールイ
「ワンダーループ」のベースは難しいの?
小原
イントロが一番難しい。作曲者の竹内からは特に何も言われてなかったんですけど、フレーズはかなり作り込んだんですよ。それをレコーディング当日まで秘密にしていたわけではないにせよ、当日にやったことでかなり驚いていたと思いますね。
竹内
いや、別に(笑)。僕が曲を持ってきた段階では、イントロはある程度のかたちでしかなかったから、これは絶対に小原が何かやってくれるだろうなと思っていたので、まさに予想通りでした。
小原
その上で僕の聴きどころを言うと、イントロと間奏です。曲自体は全編聴いてほしいですけど、ベースの聴きどころと言ったら、そこですね。1回、コピーしてもらいたいんですよ。そうしたら難しいって言ってたことが分かると思うんで。
竹内
僕の聴きどころは、サビですね。実はこれ、もともと出していたかたちから変わったんです。サビだけ転調させているんですけど、今までにやったことがないことなので挑戦になりました。もともとあったものより良いバージョンにしてやろうと思いながら作り直したので、僕としては一番言いたいことがサビに詰まっているんですよね。だから、サビちょっと前からサビにかけての温度の上昇感っていうところは一番聴いてほしいところです。

「リプミー」に続き「ワンダーループ」でも歌詞を手掛けられているプールイさんは、どんなことをイメージしながら今回の歌詞を書かれたのでしょう?

プールイ
今回は、夏から秋にかけてっていう、季節の変わり目がテーマだったんです。ただ、今までに季節系の歌詞を書いたことがなかったので、最初は単語ばかりが取っ散らかってしまって。それで、夏の終わりから始まりを、過去から現在、そして未来で表そうと意識してまとめていきました。ちょうど、BiSの解散から1年が経つんです。なので、そこをテーマに書き上げていった感じですね。

力強く、素敵な歌詞になっていると思います。

プールイ
あは(照)。
竹内
お前、褒められ慣れてなさすぎや!

確か、前回のインタビューでもそうだったような(笑)。

プールイ
だって、ふたり(竹内&小原)からも褒められないんですから。それこそ、最初よりだんだん褒めなくなってきてますからね。
小原
褒めてるって。なのに、それを受け流すんですよ。

いわゆる、照れ隠しですね。

竹内
褒められることに慣れるっていうのもよくないと思うんですよ。ほら、見ての通り、褒めても嬉しそうじゃないじゃないですか。
プールイ
嬉しいよぉ! (胸を差しながら)嬉しさはここに秘めておいてるんです。これはきっと、いつか爆発するから。

では、プールイさんが「ワンダーループ」を聴いたファンの人から言われて嬉しい言葉というと何ですか?

プールイ
これはそんなに褒めなくていいかなぁ。どちらかと言うと、これを聴いて頑張って生きていけよ!って言いたい。むしろ、カップリングの「騙されたいんだよ」を私は褒めてほしいですね。だって、この曲の歌詞、ファンのことを書いたんですから。ここでは好きに書いていいよって言われた分、結構遊んだ感じなんですよ。《気付きゃもうあれから5年目》っていう歌詞があるんですけど、私もデビューからちょうど5年目なんですね。この歌詞が浮かんだ瞬間に、これはもうファンのことを書こうって思ったんです。そうしたら、どんどん気持ち悪い歌詞になってしまって(笑)。だって、《チューするときは目はつぶる派ですか? 教えて》とかですよ。でも、これぐらいのほうがみんなは喜んでくれるかなって。そうやって君たちの気持ちを代弁したんだから、もっと私のことを褒めてほしいですね(笑)。

そして現在、LUI FRONTiC 赤羽JAPANは“ワンダーループ大作戦”と題し、12月までに100回以上ライヴを行なうことを公約していますが、こちらについてはいかがですか?

プールイ
もう達成しちゃうんじゃない?
小原
さすがに無理でしょ(笑)。でも、このままだといくかな。
竹内
まぁ、1日2公演とかあるからな。

また、10月2日には恵比寿LIQUIDROOMにてワンマンライヴがあります。構成等は、これから考える感じですか?

竹内
こんなことやろうね、っていうぐらいは。
プールイ
ここでは音源化されていない曲もやるので、新作の「ワンダーループ」同様楽しんでもらいたいです。あとはとにかく、満員の景色が観たい。大きな会場を取ってしまったんですけど、やると決めた以上は埋めたいですね。
一同
頑張ろう!
「ワンダーループ」2015年08月12日発売UNIVERSAL J
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • UPCH-7042 2000円
    • 【通常盤】
    • UPCH-5850 1200円
    • 【体験盤】
    • UPCH-5854 600円
    • ※「ワンダーループ」1曲のみ収録
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN プロフィール

ルイ・フロンティック・アカバネジャパン:2013年12月にプールイ率いるバンド“LUI◇FRONTiC◆松隈JAPAN”として始動。14年7月、プールイが在籍していたBiSが解散したことによって活動が本格化。15年1月に活動休止をかけたインディーズラストワンマンを渋谷CLUB QUATTROで行ない、見事ソールドアウトしメジャーデビューの切符を手にする。同時にバンド名も“LUI FRONTiC 赤羽JAPAN”に改名した。そして、同年3月にメジャーデビューシングル「リプミー」を発表。3人が作り出す音楽はファンを始め、多くの注目を集めている。LUI FRONTiC 赤羽JAPAN オフィシャルHP

LUI◇FRONTiC◆松隈JAPAN プロフィール

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント