L→R 真城めぐみ(Vo/ヒックスヴィル)、真島昌利(Gu&Vo/ザ・クロマニヨンズ)

    L→R 真城めぐみ(Vo/ヒックスヴィル)、真島昌利(Gu&Vo/ザ・クロマニヨンズ)

    【ましまろ】作り込むよりも ゆるい
    感じで楽しめるバンドを

    “真島”と“真城”で“ましまろ”。ヒックスヴィルの真城めぐみ(Vo)と中森泰弘(Gu&Vo)、ザ・クロマニヨンズの真島昌利(Gu&Vo)の3人が組んだニューバンドのキーワードは“ゆるさ”“楽しさ”、そして“音楽を愛する魂”。1stアルバム『ましまろ』に込めた思いとは?
    取材:宮本英夫

    人も違えば音も変わる そこを新鮮に思
    ってもらえれば

    この3人は、実は相当昔からの知り合いということで。

    真島
    そうですね。なんだかんだと。
    真城
    昔から、ライヴを観てますし。

    それはザ・ブルーハーツの前のバンドですか?

    真城
    そうです。ザ・ブルーハーツになってから、私もバンドを始めて忙しくなって、観に行けなくなっちゃったんですけど。情報を聞いて、“すごいなぁ”と思ってました。
    中森
    共通の知り合いの新年会でよく会ってたんですよ。マーシー(真島)の幼馴染みがいっぱいいる新年会なんですけど。
    真島
    地元のね。
    真城
    マーシーの友達って、よく集まるよね。誰もいなくならずに。
    中森
    みんな何かしら、音楽をやってたり、その周辺にいたりするんですよ。

    その席で、いつか一緒にやろうね、みたいな話をした記憶は?

    真城
    ないです(笑)。
    真島
    きっかけは、そのうちのひとりが、“真島と真城で、“ましまろ”ってやればいいじゃん。あはは”とか言い出して。それが3~4年前。
    真城
    その人にしてみたら、気が利いたことを言ったと思うんですよ(笑)。私にもずっと言ってたし、マーシーにも言ってたし。“マーシーはそんな暇ないでしょ”とか答えたら、“いや、やってもいいとか言ってたよ”って、だんだん話が進んでいって。いつのまにか口車に乗せられた(笑)。

    真島さんも、口車に乗せられて?

    真島
    そうですね(笑)。会うたびに言われるし。

    ましまろの曲は、真城さんが歌うことを想定して作っているのですか?

    真島
    いやいや。歌を書くのが趣味みたいなものなんですよ。暇さえあれば作ってる。他に趣味もないんで。歌を作ってるのが楽しいんで、いっぱいありますよ。
    真城
    そういう、いっぱい生まれてきた曲をこのバンドでやったら、人も違えば音も変わるじゃないですか。そこを新鮮に思ってもらえればいいなと思います。
    中森
    バンドを新しく始める時って、ワクワク感がすごいですね。どう来るんだろう?とかね。

    ヒックスヴィルに真島さんが入ってきた、という感じでもない?

    中森
    人数は同じですけど、まったく別物ですね。
    真城
    やり方がまったく違うんで。

    真島さんも、ましまろはあくまでニューバンドとして?

    真島
    そうですね。音楽をやるという基本的な姿勢は変わらないですけど、もともとの成り立ちが、昔からの腐れ縁の友達とやり始めたものなので、結構ゆるい感じでやらせてもらってます。ザ・クロマニヨンズだと、リハーサルで酒飲んだりしないんですけど、ましまろは最初から酒を飲んでるし。
    真城
    最初が飲み会だったから(笑)。でも、やることはちゃんとやってるんですよ。集中してガッとやる。しかも酔っ払わないから、マーシーは。私と中森さんが同じ調子で飲んでると、マーシーが帰ったあとに潰れてる(笑)。
    中森
    だいたい4時間練習して、4時間飲みに行ってます。
    真島
    近所に安くていいお店があるんですよ。
    真城
    いくら飲んでも3000円超えないんですよ。そうしながら、作ってきたアルバムです(笑)。

    真城さんとしては、真島さんのメロディーと言葉を歌うのは、どんな経験ですか?

    真城
    いやー、どうでしょうね? 思惑として、外れた部分もあると思うんですよ。もしかすると。

    あぁ、真島さんが自分で歌う用に作ってるから?

    真島
    いや、そういうことでもなくて。ただ歌を作るのが好きなんで、自分で歌うとか、そういう想定は一切ないんで。どっちかと言うと、誰かが歌って“あぁ、そういうことなんだ”と思うのが好きなんですよ。メロディーにも微妙にその人の味が出たりするから。人に歌ってもらったほうが、自分は楽しめるんですよ。
    真城
    だから、もしかしたらメロディーが違ってる部分もあるかもしれないけど、“そこは違うよ”とか何も言われないので。それぞれに、その曲に対して自由にやってる感じですね。歌ってみて思ったのは、違和感が全然なかったことと、どの曲も2回ぐらい聴けば覚えられること。それはすごいなぁと思いました。

    アルバムのための選曲は?

    真島
    なんとなく。特に考えて選んだわけではなくて。

    全体的にアコースティックな感覚で、ゆっくりした曲が多いですよね。アメリカンポップスとか、マージービートとか、“あの頃感”もたっぷり入ってるなぁと思いました。

    真城
    ノスタルジーは音楽にあってほしい要素なので。そこはたぶん共通してると思いますね。

    シングルのカップリングで、バディ・ホリーの「ハートビート」をカバーしてたじゃないですか。あのへんの音が、3人の共通項なのかなと。

    中森
    そうですね。古いロックンロール、ロカビリーとか大好きです。
    真城
    中高生の時に聴いたみたいな。
    中森
    共通言語みたいな感じですね。今回のアルバムに関しては、自分たちがこのバンドで出す音を、そのまま切り取れればいいなと思ってました。がちがちに作り込むよりは、そうやって楽しみたいし、それができるバンドかなと思うので。今までだと、“こうあるべきだ”ということでバンドをやっていたところもあるので。でも、せっかくゆるい感じで集まったので、そのままの感じでできればいいなと思っていて、それはできてると思っています。
    真城
    あと、一番大きい違いと言えば、マーシーはアコギに徹してるし、中森さんはエレキに徹している点ですね。

    “エレキ”って感じですね、中森さんのギター。トゥワンギーな響きが、ちょっとGSっぽいなあと思ったり。

    中森
    GS、大好きですね。

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント