L→R 小島和也(Ba&Cho)、清水依与吏(Vo&Gu)、栗原 寿(Dr)

L→R 小島和也(Ba&Cho)、清水依与吏(Vo&Gu)、栗原 寿(Dr)

【back number】上質なポップス性と
シンプルなバンド感 そのコントラス
トが際立つ第5作

小林武史のプロデュースを得た4曲など上質なポップス性を備えたシングルヒッツ、3ピースバンドならではの個性が光るセルフプロデュース楽曲とのコントラストが印象的な第5作『シャンデリア』が届いた。
取材:兼田達矢

どの時期に、どんなふうにアルバムを意識しましたか。

小島
今回は、本当に見えなかったんですよ。1曲やって、次にまた1曲やって、ということを繰り返していったら、出来上がったっていう。今回はシングルが「SISTER」以外はバラードばかりだったんですけど、そのレコーディングがどんどん進んでいったから、それ以外にはどういう曲があったらいいんだろう?ということを話し始めたのは、本当に後半になってからですね。
栗原
僕もやっぱり、マスタリングが終わった音源をもらって、それをひとりになって聴いた時に“こういうアルバムか”と思ったくらいで、レコーディングの最中は全体のことまで考える余裕がなかったというのが正直なところですね。
清水
本当に最後の最後まで“このアルバムはどんな感じになるんだろう?”という感じだったんです。まずシングル曲を一曲一曲しっかり向き合って作っていったら、もうその時点で結構バラけてるなぁっていう感じで。しかも、前作の『ラブストーリー』の時は、セルフプロデュースの曲もプロデュースしてもらった曲と遜色ない仕上がりにしたいと思ってたんですけど、今回はもうそういうふうにしたいとは全然思ってなかったんですよ。バンドとしてというか、ひとりのミュージシャンとしてというか、とにかく一番カッコ良いと思うものを作りたいという気持ちが強くて。だからこそ、プロデュースしていただいたものはより広がりがあったり奥行きがすごかったりしてポップスとして上質な出来栄えなんですけど、セルフプロデュースの曲は逆に本当にシンプルなロックバンドに戻っていくという気持ちもあって、そういう二面性がすぎるくらい出てきたんですよね。

“シャンデリア”というタイトルに込めた思いは?

清水
音楽は結局人を照らすためにあるべきだと思うけど、でも何かを燃やさないとそうすることはできないところもあるし、誰かを照らすためにあるはずなのに、見た人たちはその光ってるものをきれいだなと思ったりとか。ただし、その光も誰かが電源を入れないと光れないし、どこかからエネルギー供給してもらわないと光れない。自分たちが今バンドをやるということにも当てはまっていることが多いなと気付いて、それでアルバムタイトルにしました。

出来上がってみての感触はいかがですか。

清水
今回の一曲一曲は自分の気持ちを押し付けようとしかしてないので、その感じは今回のほうが『ラブストーリー』よりも潔いという気がしてて、そういう意味でも曲ごとのデコボコが聴いてくれる人にハマるといいなと思うんです。自分の気持ちを押し付けようとして、でも結果として“握られちゃった”というような瞬間があったらいいなと思っています。
栗原
一曲一曲主人公のキャラクターも違うし、サウンド的にも音の感じも違うし、そういう12曲が集まって“シャンデリア”というタイトルになったのは、今はすごくしっくりきてます。僕たちが作ったシャンデリアが誰かを照らすことができたらいいなというふうにも思っています。
小島
まだ客観視できていないというのが正直なところです。で、まだひとりの登場人物になっちゃってるというか、“これはひとりの人がやったことなんです”というふうに聴いちゃってる感じなんです。でも、多分それは違うと思ってて、“この曲はこういう人だ”というふうに、曲ごとに聴けた時にやっとアルバムが見える気がしています。
『シャンデリア』2015年12月09日発売UNIVERSAL SIGMA
    • 【初回限定盤A(DVD付)】
    • UMCK-9785 6264円
    • 【初回限定盤B(DVD付)】
    • UMCK-9786 4298円
    • 【通常盤】
    • UMCK-1528 3240円
back number プロフィール

バックナンバー:2004年、群馬にて清水依与吏を中心に結成。幾度かのメンバーチェンジを経て、07年に現在のメンバーとなる。09年2月にリリースした1stミニアルバム『逃した魚』が好評を得て、その名が全国に広く知られるようになり、翌年6月に発表した1stフルアルバム『あとのまつり』で他とは一線を画す切なすぎる歌詞と美しすぎるメロディーでその地位を確立。そして、11年4月にシングル「はなびら」でメジャーデビューを果たすとさらに多くの注目を集め、13年9月7日には日本武道館での単独公演を成功させた。back number オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。