L→R あいにゃん(Ba)、ひなんちゅ(Dr)、すぅ(Vo&Gu)、ゆかるん(Key)

    L→R あいにゃん(Ba)、ひなんちゅ(Dr)、すぅ(Vo&Gu)、ゆかるん(Key)

    【Silent Siren】より多彩な気持ちと
    曲調を描いた7色のボールペン!

    昨年は日本武道館と東京体育館でのライヴを成功させ、今年7月には横浜アリーナ公演も決定し、快進撃を続けるSilent Siren。ニューアルバム『S』はより深みを増した、進化したバンド感を聴かせる作品に仕上がった。
    取材:榑林史章

    タイトルの“S”は一文字だけど、たく
    さんの意味が詰まってる

    今回のアルバム『S』は、どういうものになりましたか?

    ひなんちゅ
    前作の『サイレントサイレン』は“陰と陽”とか“ポップとロック”とか、裏表一体のような感覚でした。でも、今作は2色のボールペンだったのが、7色のボールペンになったみたいな感じですね。幅が広くなって、細かくいろんな面やいろんな曲調を入れることができました。
    あいにゃん
    「チェリボム」なんかは一聴するとキャッチーでポップだけど、それに負けないロック感があります。ギターが立った曲では他の楽器は抑えたりと、考えながら作ったので、4人で作った感覚がすごく強いものになりました。
    ゆかるん
    歌詞もロックな曲だからロックな内容というわけではないし。例えば「吉田さん」はユーモアとストーリー性があって、「nukumor」のような泣けるミドルバラードもあるし、Silent Sirenのいろんな表情を前よりいっそう見てもらえる作品になったと思います。

    「吉田さん」はいつ頃にできた曲ですか?

    すぅ
    前回のアルバムの時にできていました。前作の「女子校戦争」みたいな感じで、少しサブカル色があってエモーショナルな、かわいさとは少し違う曲を入れたくて。

    同窓会に行った女子が感じる気持ちを書いた歌詞ですが、この歌詞は実話ですか?

    すぅ
    ノンフィクション(笑)。“吉田さん”というのは私の苗字でもあるし、歌詞に出てくる完璧な女の子の名前でもあるんです。苗字は同じなのに、こんなにも違うんだっていう…。
    ひなんちゅ
    他人と自分を比較して、自分が惨めに感じることってみんなあると思うんです。共感の種類が違うというか…恋愛というものではない、クスッとするユーモアが込められた感覚の曲は他にはないので、アルバムの中ではフックになっていますね。そういう新しいジャンルも含めているのが、『S』というアルバムです。

    そもそもどうして“S”というアルバムタイトルになったのですか?

    ひなんちゅ
    Silent Sirenの頭文字でもあるし、他にもいっぱい意味があって、Super、Special、Seasons、Select…アルバムには、どれも当てはまる部分があるんです。
    ゆかるん
    いろいろ考えた結果“S”になったんですけど、“S”になったことで、すごくしっくりきました。一文字だけどたくさんの意味が詰まっているし、全員でやっぱりこれだよねって。聴いた人は、どんな“S”が当てはまるか、それぞれで考えてくれてもいいなと思います。

    メンバーそれぞれの作詞の曲がありますが、あいにゃんの作詞「Love install」はアッパーだけどクールなイメージですね。

    あいにゃん
    デモを聴いた時にデジタル感があったので、それと恋愛をかけて書いてみたら面白いと思って。アレンジャーさんは今回初めての方にお願いして、音作りの段階から周りのスタッフも違ったので、サウンド面でも今までとは違ったものになりました。ライヴでぶち上げるというよりは、少し落としめのところで盛り上がりそうな曲になっています。

    どんなところから作詞をしていったのですか?

    あいにゃん
    昔、ひなに恋愛相談をしたことがあって。悩んでいる私に、いろいろ言ってくれたことをもとにして書きました。でも、その時のひなを鮮明に書いているわけではなくて、思い出をもとに膨らませた感じです。簡単に言うと、恋愛体質なのに恋愛を客観視できる自分がもうひとりいるみたいな。恋愛をどんどん上書きする冷静さがありながら、“でも恋愛は必要だ”っていう。そういう私にない部分を持っているというところが、すごいなと思ったので。
    ひなんちゅ
    その話は、こういう取材が始まってから初めて聞いたんです。レコーディングの時とか、そんなことは全然言ってなくて。言われてみれば“あぁ~、そうかもな”って感じですけど…(笑)。話をした時のことはよく覚えてますよ。4年くらい前、渋谷のスタバで、冬だったと思います。

    続いて「C.A.F.E.」ですが、この曲はゆかるんの作詞で。

    ゆかるん
    これは「爽快ロック」(7thシングル「恋い雪」のカップリング曲/2014年12月発売)の時に1番まであって、その時は♪ラ~ラ~ラ~っていうのは付いてなかったんです。キーも上げたりしてデモとはだいぶ変わりましたけど、ポジティブで元気で、みんなで歌えるものになりました。

    “C.A.F.E.”と文字を点で区切っているのは、それぞれの文字に意味があるということですよね?

    ゆかるん
    これも聴いた人それぞれで考えてほしいんですけど、私は“かわいい・あの子に・触れた・E~!”です(笑)。カフェから始まる恋という曲です。男の子が、好きな女の子に告白する口実にカフェに誘うという。私も好きですけど、女の子はカフェ好きな子が多いので。
    あいにゃん
    超ゆかるんワールドです。「ぐるぐるワンダーランド」も“ザ・ゆかるん”って歌詞じゃないですか。ゆかるんはみんなを持ち上げたい気持ちがきっと強くて、それが歌詞のベースになっているんだなって思います。
    ゆかるん
    盛り上げたいのもあるし、たくさん叫んでほしいし。自分では何が自分らしいかは分からないけど、この曲はとにかくハッピーさを意識しました。

    ちなみに、ひなんちゅなら「C.A.F.E.」にどんな言葉を入れますか?

    ゆかるん
    大喜利ですね!
    ひなんちゅ
    えっ、う〜ん“California Another Flying Eagle”みたいな。意味はまったく分かりませんけど(笑)。

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント