L→R テラ(Gu&Programming)、坂本尭之(Ba)、takao(Vo)、峻洋(Dr)、鳴風(Gu)

    L→R テラ(Gu&Programming)、坂本尭之(Ba)、takao(Vo)、峻洋(Dr)、鳴風(Gu)

    【Fo'xTails】今がバンドのターニン
    グポイント!

    メジャーデビュー1周年目前のFo’xTailsが、4thシングル「Contrast」をリリースする。爽快でポップな突き抜ける楽曲を立て続けに放ってきた彼らだが、ハードで憂いのあるギターロックを基軸にした新曲で新たな可能性を切り開く。
    取材:山本弘子

    TVアニメ『Dimension W』のED主題歌としてオンエア中の2016年第一弾シングル「Contrast」は、クールで勢いがありつつ憂いもあって、アレンジ的にも聴きどころが満載で、これまでのFo’xTailsとまた違うテイストの曲ですね。

    テラ
    原作のマンガとアニメのショート映像を観させていただいた時にイメージがすぐに浮かんだ曲です。Fo’xTailsはポップで明るめな曲が多かったんですが、今回はアニメの内容もあいまって、インディーズ時代にやっていたようなマイナーでクールなロックになりましたね。近未来の話なのでギターロックを基本にエレクトロな雰囲気もプラスしました。
    takao
    テラの個性がよく出ている曲ですね。
    鳴風
    転調が多い曲なので、最初はイメージを汲み取るのが大変でした。僕は自由にギターを弾きたいタイプなんですけど、この曲はカッチリ弾かないと成り立たない。
    テラ
    難問作りましたっていう(笑)。近未来というモチーフも含めて、今までの自分たちとは違う新しさを出したいと思っていたら転調が増えてたんです。
    takao
    今回のシングルって俺の中でもターニングポイントだったんですよ。今までのシングル3枚ではストレートに自分の想いをぶつけていたんですが、もっと進化したいと思って、この曲はいろいろな捉え方ができるようにしつつ、1曲にメッセージを凝縮した感じですね。

    練りに練って歌詞を書いたのですか?

    takao
    そうですね。『Dimension W』の原作を読んだら巻を重ねるごとにハマって、気付いたら前のめりになるぐらい好きになっちゃったんです。主人公はクールなんだけど、読み進めていくうちに過去にとらわれている人物だということが分かってきて、考えたら俺にも重なる面があるなと思ったんですよね。歳を重ねると過去の体験や知識があるから、物事を複雑に考えたりするようになるじゃないですか。どんどん陰が濃くなるというか。それで“Contrast”というタイトルを付けたんです。自分自身、過去にとらわれず、越えていきたいという想いもあって。

    《完璧を求める「異常」な時代に Siren》という箇所が印象的でした。今の時代もそうだなって。

    takao
    そうなんですよ。そもそも人間は完璧な生き物ではないし、もちろん完璧を否定するわけじゃないけれど、間違えるから気付くこともあるんですよね。

    この曲を聴いて今までのFo’xTailsと違うって驚く人もいるかもしれないですね。

    鳴風
    アーティスト写真からして“違うバンド?”ってなる(笑)。
    takao
    前回がポップすぎたのかも(笑)。MVもカッコ良いんですよ。床が鏡張りになっている箱みたいなものの中で僕らが演奏していて、照明が前後に動くみたいな。

    映像でも光と陰のコントラストを表現しているんですね。ギターで始まるカップリング「BE STRONG」はスラップが炸裂する曲でもあり、演奏にはジャムセッションのようなスリルがありますね。

    鳴風
    だいぶ自分の趣味が詰まった曲ですね。例えたら、俺が“鍋作るよ”って言ってダシだけとって、“具材はみんなに任せるよ”っていう感じでできた曲(笑)。
    テラ
    デモを聴いた瞬間、“こういうギターロックやりたい”ってすぐに返信しましたね。
    鳴風
    この曲ではテラちゃんもギターソロを弾いているんです。メンバーに言ったのはベースはバッキバキに弾いてくれとか、グルーブを大事にしてほしいっていうことぐらい。
    takao
    「Contrast」の歌詞は自分と向き合ってかなり悩んで書いたんですけれど、「BE STRONG」もまさにそうで。自分が弱いからこそ向き合って越えていくことによって強さが生まれていくんじゃないかって。最初から強いヤツなんて絶対にいないと思うし、弱さも強さの一部だと思うんですよね。僕自身、ライヴの前はいつもビビるし、悩んで立ち止まることもあるし。でも、そこで向き合って考えて前に進んでいくので、そんなことを考えて書いた歌詞です。
    テラ
    失敗したりビビッたりして、いろいろな経験を経て強くなるっていうのはその通りだなって。俺もビビりなので何かにつけて緊張するんですけど、いざギター持ってステージに出ていったら“俺は最強だ!”ってなる(笑)。

    ははは。3曲目の「Rainy」も今までのFo’xTailsになかった曲なのでは?

    鳴風
    “バンドでやったらどうなるのかな?”ってずっとやってみたかった曲調です。
    takao
    鳴風はふだん、こういうフレーズをよく弾いてますね。ボケーッとしながら(笑)。

    ミドルで跳ねるリズムが気持ち良くて、ちょっと大人なテイストがありますよね。

    鳴風
    そうなんですよ。リズムが大事な曲。
    takao
    歌詞を書いたら鳴風に重すぎるって言われて、軽く書いたらアホっぽいって言われて(笑)、“どんなイメージ?”って訊いたら、“恋愛じゃない?”って。
    鳴風
    そうそう。作った時に“後悔”っていうイメージがあったんだけど、うまく説明できなかったんですよ。
    takao
    で、自分の中では1枚のシングルとしてのつながりを考えていたので、恋愛の別れと過去の自分との別れを絡めてみようと思って書きましたね。

    失恋ソングでもFo’xTailsの曲ってウェットすぎないんですよね。それってバンドの特徴なのかな?

    鳴風
    確かに。雨の曲だけど湿気少なめ(笑)。

    では、最後に2016年のバンドの抱負をお願いします。

    テラ
    目標としてはアルバムを出したいですね。
    takao
    そうだね。アルバムを作ってライヴのキャパをどんどん大きくしていく年にしたいと思います!
    「Contrast」
      • 「Contrast」
      • LACM-14436
      • 2016.02.03
      • 1404円
    Fo'xTails プロフィール

    フォックステイルズ:2013年11月15日、坂本尭之が中心となり結成されたロックバンド。その個性ある才能を評価され、15年に人気アニメ『黒子のバスケ』第3期ED主題歌「GLITTER DAYS」でLantisよりメジャーデビュー。その後はレコ発ツアー全国8カ所を行脚。熱くアグレッシブなライヴパフォーマンスでオーディエンスを魅了し、注目を浴びている。16年12月には全てのシングル曲を収録した1stフルアルバム『INCEPTION』をリリースFo'xTails オフィシャルHP

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント