【丸本莉子】一文字一文字を大事に歌
    って届けたい

    やさしく温かい歌声で、心の機微を切り取る丸本莉子。歌声から落ち着いた大人の女性を想像していたが、そこに現れたのは等身大の親しみやすい元気なキャラクター。知れば知るほど好きになるインタビューをどうぞ。
    取材:吉田可奈

    1stミニアルバム『ココロ予報~雨のち晴れ~』リリース後、心境の変化はありましたか?

    楽曲制作時に、“シンプルに想いを伝えよう”という気持ちが強くなりました。今作は前作よりも制作時間があり、いろいろと考えることができたんです。そこで感じたのが、何よりも大事なのは“声を届ける”ということ。そう思ってからは、サウンドも歌詞も、余計なものを削ぎ落として、シンプルなものを選ぶようになった気がします。

    その“声を届ける”という部分では、「なごり雪」のカバーがとてもいい結果として収録されていると思います。

    ありがとうございます。この曲はとても有名で、多くの人が歌える名曲です。原曲を聴くと、声だけで情景が浮かんでくるんです。実際に自分が歌ってみると、それがどれだけ難しいことが分かるんですよね。それに、イルカさんの歌い方は独特な節回しで、カバーするのがすごく難しいんですよ。でも、だからこそすごくいい曲だと思うんです。この良さをちゃんと歌い継ぐためには、できるだけ原曲の良さを崩してはいけないと思い、何度も練習してレコーディングに挑みました。とはいえ、ただ真似をするのではなく、私の声で、私なりに解釈した表現も交えつつ、いいバランスで歌えたと思っています。

    この曲を歌うことで、後の作詞作曲に影響は?

    ありましたね。細かいところですが、歌のメロディーを切ったり、わざと息を深めたりなど、歌い方をすごく意識するようになりました。もちろん、これまでも意識はしていましたが、突き詰めることで“もっと伝わるんだ”とか、“こう歌うことでこう感じてもらえるんだ”ということに気付いたんです。これまでよりもさらに一文字一文字を大切に歌いたいと思うようになりました。

    莉子さんの歌声は一音一音が音符に乗るというイメージがすごく強いのですが、きっとそこに気付いてから生まれる音楽は、さらに深みを増すのでしょうね。

    そうなると嬉しいですね。

    そして、歌詞の部分でとても興味深かったのが「つなぐもの」でした。このラブソングは言葉を選ばずに言えば、とても狂気的で、引き込まれました。

    この間、この曲がラジオで流れた時に、SNSで“この曲、腹立つ”って書き込んでいる男性がいて(笑)。でも、他の男性は“すごく好き”って書き込んでいたんです。それくらいさまざまな反応がある曲なんですよ。

    この曲は恋愛中の気持ちを書いたラブソングですよね。

    はい。ラブラブな時でもなければ、恋が始まる瞬間でも、失恋の曲でもない、恋愛中の曲なんです。私なりに恋愛をしてきて、相手には言えないけど、でも思っていることってどうしても出てくるんですよね。それは、きっと女子なら誰もが分かる感覚だと思うんです。

    うん。すごく、分かります。

    なので、男性には“重い”と思われるのかもしれないですけど(笑)、女子会ではきっと共感してもらえる曲だと思うので、ひとりで聴くというのではなく、カラオケで女子同士で歌ってもらえたら嬉しいですね。

    「がんばる乙女〜Happy smile again〜」も女子会で盛り上がりそうな曲ですね。

    この曲は“女子旅”をテーマにした曲なんです。実は数年前から高知県にライヴやイベントで行かせていただいているんですが、行くたびに好きになるいい街なんですよ。自然もいっぱいで料理も美味しくて、お酒も昼から飲んじゃうような元気いっぱいの街なんです。そこに女子同士で行ったらすごくストレス発散になるだろうなと思い、頼まれてもいないのに勝手にテーマソングを書いたんです(笑)。

    頼まれてもいないのに!?

    はい(笑)。でも、その後、完成したこの曲を高知県の方々に聴いてもらったらとても気に入っていただき、『2016奥四万十博』テーマソングにしていただきました。

    何事もやってみることが大事ですね。さらに、「やさしいうた」のライヴバージョンもすごく心にグッときました。

    この曲って綺麗事しか書いていないじゃないですか。

    え!? あ、まぁ、そうかもしれないですね…。

    実は、わざとこの綺麗事の裏に隠れているような面倒臭いとか、相手に対する嫌な想いを全て排除したんです。というのも、この曲は『ママが生きた証』という本を読んで家族の大切さを改めて考え、書いたんです。家族との間には嫌な感情はどうしても生まれるけど、縁を切ることができない特別な関係。だからこそ、そういうことをあえて書かないことで、この曲の中に余白を作って、この先もずっと歌い続ける大切な曲にしたかったんです。きっと、これから私は家族の中で別れや出会いを経験すると思うんです。その時に、この曲がさらにいい声で歌えるようになったら最高だなと思っています。

    素敵ですね。さて、今回の作品をリリースした今、改めて作ってみたい曲はどんなものですか?

    もっと面白いことをしていきたいと思っています。実はすでにプランがあるんですが、それは私が高校生の時に不良になりたかった想いを曲にしたいと思っていて(笑)。

    え? “不良になりたかった”という曲ですか!?

    はい(笑)。でも、ピュアだったのか、不良になりきれなかったんですよ。歌詞には“嘘だらけの自由”とかの言葉を入れたくて。

    (爆笑)。それって最高に面白いですよ!

    ですよね! 絶対面白いと思うんですよ。すごくコミカルなのに、聴き込んだらすごくメッセージが深いというか。

    なんだか引き出しはまだまだ多そうですね(笑)。

    今後は良い意味でみなさんを驚かせられるような曲もたくさん作っていきたいと思っています!(笑)
    『フシギな夢の中』
      • 『フシギな夢の中』
      • VICL-64517
      • 2016.03.16
      • 1944円
    丸本莉子 プロフィール

    マルモトリコ:広島出身のシンガーソングライター。高校2年生の頃からギターの弾き語りを始め、オリジナル曲も作るようになる。高校卒業後は約2年にわたる介護の仕事と音楽活動の二足のわらじ期間を経て、プロを目指して上京。2015年6月、史上初のハイレゾ先行配信によるデビューシングル「ココロ予報」でメジャーデビュー。ハイレゾ配信3サイトのデイリーチャートで1位を獲得し3冠を達成した。16年11月にアルバム先行シングル「誰にもわからない」をリリース。同年12月には3rdミニアルバム『誰にもわからない~何が幸せ?~』を発表。丸本莉子 オフィシャルHP

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント