L→R FUJI(Dr&Cho)、KENTA(Vo&Ba)、KO-SHIN(Gu&Cho)

L→R FUJI(Dr&Cho)、KENTA(Vo&Ba)、KO-SHIN(Gu&Cho)

【WANIMA】音楽は言葉や想いを届ける
ためにあるべき

2ndシングル「JUICE UP!!」は、制汗剤『8x4』のCM曲「ともに」とカーセンサーCM曲のカバー「切手のないおくりもの」の、二大タイアップを含む豪華な内容。新たな野心と、より多くの人に聴いてほしいという願いが詰まった傑作シングルだ。
取材:荒金良介

聴いてる人と一緒に音楽を共有したくな
った

今作は本当に素晴らしい出来映えです。2曲のタイアップを含みますが、制作はいつ頃から?

KENTA
前作のアルバム『Are You Coming?』からずっと曲を作り続けてますからね。ただ、CM曲(ニベア花王の制汗剤『8x4』)の「ともに」は、依頼を受けて書き下ろしました。「For you」は前作の頃には元がありました。

では、今作のビジョンは?

KENTA
前作のあとなので期待を裏切りたくないし、まだ出してないWANIMAの良さをもっと出そうと。今回はリズムにこだわったんですよ。エロカッコ良い曲でもあえて2ビートを使わなかったり、いろんな挑戦をしてます。一般の人に向けて、どうやったら届けられるかをすごく考えましたね。

それはなぜですか?

KENTA
初めましての人にも聴いてほしいからですね。
FUJI
前作までは速いビートの曲も入っていたけど、ミドルテンポのビートでもアガれる曲を意識しました。

確かに勢いで突っ走る曲は少ないですものね。

KENTA
広い会場でやると、2ビートに馴染みのない人もいるんですよ。そう考えると、勢いだけじゃダメだし、それでこういうリズムの使い方になったのかなと。WANIMAらしさを出しつつ、音のインパクトは変わらないようにしようと。音楽ってそういうものじゃないから。

音楽はそういうものじゃない?

KENTA
勢いだけではなく、聴いてる人と一緒に音楽を共有したくなったから。

1曲目「ともに」は、その想いが曲名に出てますもんね。

KENTA
そうですね。結局そういうことだなと。

KO-SHINさんはどうですか?

KO-SHIN
ギターは前作以上に何ができるだろうと考えました。例えばメロディックパンクはパワーコードをガンガン弾いたら、勢いは出るんですけど、それ以外に何かできないかなと。それで何テイクもギターを重ねたんですよ。そしたら、ポップなところ、切ないところもギターで表現できるんだなと。なので、より聴きやすくなったと思います。

アコギも効果的で、曲調に奥行きをもたらしてますね。

KO-SHIN
アコギは今までも使っていたけど、今回はより強く出したんですよ。歌謡曲っぽい雰囲気が出るから。アコギを強くすることで、曲に丸味が出ますからね。

音も温かみが増してますね。その「ともに」は、“青春”“部活”“汗”というテーマをリクエストされたとのことですが。

KENTA
そうです。最初は若い子だけに向けて作ろうと思ったけど、生きてる人みんなに共通してるものは何かを考えて作りました。で、最後の歌詞ができる時に熊本地震があったので、歌詞にメッセージを入れようと。俺ら熊本出身なので、飛んで行きたかったけど、その時はレコーディングに集中しなきゃいけなかったんです。

歌詞のどのあたりになるのですか?

KENTA
《生きて耐えて時に壊れ泣いて迷う影に笑顔咲き誇る 生きていれば…命さえあれば…》のところですね。地震が起きた時は友達とも全然連絡がとれなくて。俺たちができることは音楽だから、音楽で返したかったんです。
FUJI
歌詞は熊本に向けた気持ちが入ってるのはすぐ分かったから、それを考えてレコーディングに臨みました。
KO-SHIN
青春あり、最後には力強い言葉もあったり…豪華ですね。もし僕が曲を作る立場だったら、青春一辺倒の歌詞になっていたと思うんですよ。それで後半にああいう歌詞を付け加えるのはすごいなと。僕にはできないことですね。

今作は演奏と相まり、歌詞もすごく耳に入ってきます。

FUJI
みんなが同じ方向を向いてたからじゃないかな?
KENTA
期限に追われたけど、自分たちとしっかり向き合えたから。「ともに」はサビから出てきたんですよ。8時間以上セッションしながら歌って、やっと出てきたメロディーですね。

「ともに」は苦難の渦中にいる人に向けた歌詞ですね。

KENTA
元気な人も聴けると思うけど、WANIMAのライヴに来る人は何かを抱えてる人も多いだろうから。どうにかして、みんなと一緒に元気になりたくて。

2曲目「オドルヨル」は恒例のエッチシリーズで。過去曲と比べても、歌詞はさらに振り切ってませんか?

KENTA
俺の中では抑えたほうなんですけどね(笑)。

《リメンバー花びら大回転》の歌詞も?

FUJI
いや、そっちよりも《股間に響いた Diki DanDan》の歌詞だと思うんですけど(笑)。
KENTA
でも、言葉の意味を知らない人が聴いたら、“花びら大回転”ってすごくきれいな言葉と思うかもしれないし。
FUJI
人それぞれの“花びら大回転”があるから(笑)。
KENTA
そう、十人十色の感じ方がありますから。でも、この曲でもいろんな人を気持ち良くさせたかったんですよ!
FUJI
別にうまく言ってないけどね(笑)。

いい意味で変わらないWANIMAらしさも入れようと?

KENTA
そうですね。1曲目はCM曲で、2曲目にいきなりこういう曲で…。この曲を提出した時に、みんなが笑って“いいよ”と言ってくれたから。

この2曲を聴いただけで、WANIMAの音楽とすぐに分かりますからね。

KENTA
そうなんですよ! 真面目な曲とエッチな曲を見せられたら、僕はそれだけでいいんです。

この曲は韻を踏んだ歌詞が特徴的で、サウンド的にもお祭り感満載ですよね。

KENTA
この曲はマイアミの朝と夕方をイメージして作ったんですよ。ギターやドラムは、マイアミをイメージしてくれと。3人でマイアミの画像を観て演奏しました。椰子の木がフワーッとあって、きれいなビーチや夕暮れがある。こんな感じかなってノリですかね。
FUJI
あと、パーカッションやサンバホイッスルを入れてるんですよ。熊本にボシタ祭りというものがあって、それにインスパイアされて、お祭り感を出そうと。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント