【中田ヤスタカ】米津玄師との初コラ
ボで誕生した大胆かつ極上のアンセム


文:田山雄士

佐藤 健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之らフレッシュな役者陣も話題の、原作は朝井リョウ(『桐島、部活やめるってよ』)、監督・脚本は三浦大輔(『ボーイズ・オン・ザ・ラン』『愛の渦』)という、“超観察エンタメ”映画『何者』。その音楽を手がけたのが、八面六臂に働きまくる中田ヤスタカだ。今作では、主題歌で米津玄師との初コラボが実現! さらに劇伴も中田が書き下ろし、『NANIMONO EP/何者(オリジナル・サウンドトラック)』としてソロ名義でリリースされることになった。
DISC1は、米津が作詞とヴォーカルを担当した主題歌+同曲のリミックス4トラックからなる、5曲入りの『NANIMONO EP』。大型タイアップに初のコラボと複数要素が絡む状況ながらも、Aメロとサビだけのとてもシンプルな構造にまとめ、その上で深みのあるリリックが自問自答のごとく展開されていく。そんな「NANIMONO (feat. 米津玄師)」に、まずはゾクゾクしてほしい。見えない未来への不安、就活の渦中で軋めく人間模様、SNSのリアル、“確かなものが欲しい”“愛されたい”“前を向け”という心の叫び――映画に出てくる若者たちの揺らぎを、米津はその言葉と声でエグいほど的確に、さらりとすくい取ってみせた。ヒエラルキーを連想させる《階段》を繰り返し用いつつ、《踊り場》とダンスフロアーを結び付けているのもうまい。おそらく現状打破のきっかけ、希望としてのダンストラックなんだと思う。踊ることで抜け出すというか、凝り固まることを回避するためのフィジカリティーというか。それを踏まえて、リミックスも徹底的にダンス攻めなのかもしれない。いずれにしろ、米津の譜割りと中田のリズム、そしてメロディーとの噛み合わせは最&高! ピアノのリフレインも切ない、大胆かつ極上のアンセムが誕生した。
リミキサーは中田の他、今年夏のカーリー・レイ・ジェプセンとのコラボが好評だったダニー・L・ハール、DAOKOの歌とナレーションが印象深い学校法人・専門学校HALのCM音楽などで知られるTeddyLoid、山下智久や湘南乃風に楽曲提供したりとマルチに活躍するプロデューサー/DJのbanvoxと、いずれも気鋭揃い! シンプルな曲構造だからこそやり甲斐があったのか、四者四様に個性を爆発させた「NANIMONO」を聴かせてくれる。
DISC2には、中田による映画『何者』のサントラを収録。キラキラとダンサブルなDISC1と対照的に、生ピアノが静謐に響いたり、ギターのアルペジオを柔らかく弾いていたり、代名詞であるエレクトロサウンドとは異なる魅力が味わえる。厳しさと凛々しさを湛えた「就活スタート」から、久石譲や坂本龍一を彷彿させるほど神々しい「拓人と瑞月」まで、キャストの心に寄り添った詩情あふれるトラックの数々は新たな感動を呼ぶ。
変革しつつある日本の映画・音楽シーンの今を象徴する、まさに豪華メンツが集った大注目作『何者』。ちなみにこの映画、劇中バンドの楽曲を忘れらんねえよ、LAMP IN TERREN、Rhythmic Toy Worldが提供し、カラスは真っ白のメンバーが演奏していたりもするので、音楽ファンにぜひ観てもらいたい。中田×米津の「NANIMONO」はじめ、活路を開いてくれるような人生のテーマソングと出会えるかも。
『NANIMONO EP/何者(オリジナル・サウンドトラック)』
    • 『NANIMONO EP/何者(オリジナル・サウンドトラック)』
    • WPCL-12472/3
    • 2016.10.09
    • 2160円
中田ヤスタカ プロフィール

ナカタヤスタカ:音楽家、DJ、プロデューサー。2001年に自身のユニットCAPSULEにてデビュー。その独自の音楽性によってシーンを牽引し続けている。プロデューサーとしては、Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど数々のアーティストを世に送り出した。また、世界中のアーティストから支持を受けている数少ない日本人アーティストであり、Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)など第一線で活躍中の彼らも“強くインスパイアされたアーティスト”として中田ヤスタカの名を挙げるなど、海外シーンへの影響力も大きい。国際的なセレモニーへの楽曲提供や、北陸新幹線金沢駅の発車予告音などパブリックな作品の他、ハリウッドを始めとする国内外数々の映画の楽曲制作にも携わっており、映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』では監督であるJ・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手掛けているなど、その活動の幅は多岐に渡る。近年では映画『何者』(2016年)のサウンドトラック、及びに主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」を発表している。中田ヤスタカ オフィシャルHP

CAPSULE プロフィール

プロデューサー・中田ヤスタカが、こしじまとしこ(vo)をフィーチャーするスタイルで活動を続ける男女ユニット。ボッサ/ラウンジハウス/モンド/フレンチ/ブレイク・ビーツなどを取り込んだ、インテリア・ポップ・ミュージックとも言うべきサウンドが中心で、アート・ディレクションも手がける中田のキュートなファッション性から、CDがインテリアショップや雑貨ショップなどに置かれることも多い。中田ヤスタカは03年にレーベル『contemode(コンテモード)』を立ち上げ、イベント・オーガナイズのほか様々な音楽パッケージ作品を発表。04年にはスタジオジブリ百瀬監督とのコラボレーション・フィルム「ポータブル空港」の制作も手がけている。

また、Perfume、MEG、鈴木亜美などアーティストのプロデュースや楽曲提供も手がけ、特にPerfumeの大ブレイクによって一躍注目を集める中、capsuleとしての作品リリースもコンスタントに行い、08年11月に発売したアルバム『MORE! MORE! MORE!』はクラブ・シーンからJ-POPシーンを超えてロング・ヒットを記録。そして、10年3月には映画『LIAR GAME〜The Final Stage』の主題歌及び挿入歌が収録されたアルバム『PLAYER』をリリース。公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着