L→R たく(Ba)、LOVE大石(Dr)、PON(Vo&Gu)、イコマ(Gu&Cho)

L→R たく(Ba)、LOVE大石(Dr)、PON(Vo&Gu)、イコマ(Gu&Cho)

【ラックライフ】ラックライフらしい
ロックナンバーと新しい一面を印象付
けるカップリング

ラックライフが再びTVアニメ『文豪ストレイドッグス』とタッグを組み、メジャー第三弾シングル「風が吹く街」をリリース。同アニメ第1クール主題歌であった前々作のバラードから一転、疾走感あふれるロックナンバーの今作についてPON(Vo&Gu)が語る!
取材:山口智男

「風が吹く街」は前々作の「名前を呼ぶよ」に続いて、TVアニメ『文豪ストレイドッグス』のエンディング主題歌として書き下ろしたものですね。前回はバラードというオファーがありましたが、今回は?

それがまったくなかったんですよ。“よろしくお願いします”とだけ言われて。何かないですか?って逆に訊いたんですけど、特になくて…だから、めちゃ難しかったですね。でも、バラードだった「名前を呼ぶよ」とも、明るいポップナンバーだった前作の「初めの一歩」とも違うものにしたくて、アゲめでいきました。“ラックライフ、来た!”って曲にしたかったんです。結果、ド頭にサビがくるというラックライフにはあまりない、疾走感のある曲になりました。

「名前を呼ぶよ」の時はバトルマンガに相応しいバラードというところで苦労したとおっしゃっていましたけど、今回、そういう苦労がありましたか。

前作で信頼は得られたかなと思って(笑)、今回も原作から自分と重なる部分を見つけて、自分がいいと思えるものを作りました。重要なキャラクターが過去に大切な友人をなくしていて、それがきっかけで生き方が変わるというストーリーがあるんです。それを読んで、僕らもバンドを辞めていった仲間とか、ライヴに来られなくなってしまったお客さんとか、そういう人たちと一緒に過ごしてきたからこそ、今、こういうふうに生きているんだなって思ったんです。

あぁ、曲を聴きながら、これは絶対にバンドの歌だと思いました。歌詞に《君がくれた言葉は》という一節がありますが、実際、印象に残っている言葉があるのでしょうか?

今思い返してみると、周りからいつも言われているような言葉ではあるんですけど、自分の心のコンディションによって響き方も変わるじゃないですか。悩んでいた時にシンガーソングライターの先輩から、“PONは悩まんでもいいよ。PONはPONのまま歌ってたら、それがPONだから”って言ってもらったんです。そういう何気ないひと言に支えられているんですよね。自分もそういう人になりたいと思ったんです。歌を歌ったり、言葉を発したりする人間として、誰かがしんどい時にふっと現れるようなバンドになりたいと思いながら作っていきました。ただ、メンバーとアレンジしながら“エンディングでこんな攻めていいのかな? ダメって言われたらどうしよう”ってちょっと心配になったんですけど。でも、“カッコ良いから、攻めよう!”って。

“風が吹く街”ってどのようなイメージなのですか?

誰にでも当てはまるシチュエーションだと思うんですけど、僕の地元である大阪の高槻に製菓会社の工場があって、雨の前日、町中にチョコレートの匂いがするんですよ。風向きなのか、チョコの匂いがすると、明日は雨だって分かる(笑)。歌詞を書きながら、そんなことを思い出しました。

表題曲はラックライフらしいものになっている一方で、カップリングの2曲は新たな一面を印象付けるものになりましたね。

「journey」は結構前からある曲で、「風が吹く街」が思いの外、ロック色の濃い曲になったので、その次にくる曲はめちゃめちゃJ-POPにして、気軽に聴ける曲にしてみようと思ったんです。ゆるやかなポップスというか、ふと聴こえてきてノれるというか、どうしたら耳馴染みのいい曲にできるか考えました。だから、歌も気張らずに。ラックライフの曲って気張りすぎる(笑)。ライヴでもサクッとできる曲があまりないんです。30〜40分のセットならウォーっていうノリでいけるんですけど、1時間半になると、肩の力を抜ける曲がないから、“ずっと本気じゃん! 一生懸命やりすぎじゃん!”ってなっちゃう(笑)。ウォーじゃなくて、みんなでニッコリできるというか、朗らかになれる曲があってもいいかなって。だから、「journey」は自分の中ではすごい変化球なんです。でも、J-POP育ちの僕は、こういう音楽を一番聴いてきたと思うんですよね。それがラックライフでってなると、肩に力が入ってしまう。だから、この曲ができた時は嬉しかった。

そして、3曲目の「デイルニハ」は…

甘ったるいラブソングを書いてしまいました(笑)。メジャーデビューが決まった夜のことを歌ったんです。バンドマンとして生きている僕ではなく、ひとりの人間として生きている僕を支えてくれている人たちがすごくたくさんいるんですよ。それで、音楽とは別のところで支えてくれる人の歌を作りたいと思ったんです。普段は“バンド、頑張れよ!”って空気をみんな出さないんですよね。“最近どうなん? CD売れてる?”って言うわけでもなく、ほんまに見守ってくれている。逆に不安になる時もあるんですよ。“みんな応援してくれてる? 俺、結構頑張ってるんだけどな”って(笑)。でも、メジャーデビューが決まった時、その人たちがすごい喜んでくれたんですよ。普段は口には出さないけど、長いこと応援してくれてたんだなって気付いたら、すごく感動しました。

特にAメロのコードの使い方がこれまでとちょっと違うからなのか、メロディーが大人っぽいところが新鮮でした。

自分の表現を広げたいと思って、これまでやっていないようなコード進行に挑戦してみたんです。「journey」と「デイルニハ」がカップリングになるのは、メンバーは嫌かなと思ったんですよ。どっちもキーボードが入っているし、ポップだし、大丈夫かなって。実は「デイルニハ」の他にもう1曲、明るいアップテンポの曲が候補としてあったんですけど、レコーディングしてみたら「デイルニハ」のほうがバランスがいいし、いいなって思ってて、メンバーに訊いてみたら、「デイルニハ」がいいと思うって言ってくれたんですよね。
「風が吹く街」
    • 「風が吹く街」
    • LACM-14547
    • 2016.11.02
    • 1300円
ラックライフ プロフィール

ラックライフ:2005年、同じ高校のクラスメイトで結成された大阪・北摂出身の4ピースギターロックバンド。前身バンドを経て08年3月にバンド名を現在の“ラックライフ”に改名。大阪、東京を中心に活動を続け、16年3月にはラックライフ8周年記念イベントを大阪なんばHatchにて開催し、800人を動員した。同年5月、シングル「名前を呼ぶよ」でメジャー進出を果たした。ラックライフ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント