L→R 萩原“チャー”尚史(Ba)、有安祐二(Dr)、吉崎拓也(Vo&Gu)、藤田朋生(Gu)

L→R 萩原“チャー”尚史(Ba)、有安祐二(Dr)、吉崎拓也(Vo&Gu)、藤田朋生(Gu)

【GOODWARP】新境地をアピールする正
反対の2曲

今年3月、初の全国流通作をリリースし、渋谷CLUB QUATTROワンマン公演を成功させたダンサブルポップバンド、GOODWARP。これまでの成長を物語る両A面EP『bravo!bravo!bravo! / Sweet Darwin』をリリースした。
取材:山口智男

前作のミニアルバム『FOCUS』と比べて、今回は音色の幅が広がったと感じました。それは曲に一番相応しいものを選んだ結果だと思うのですが、前作よりも繊細に作っていったという印象を受けました。

吉崎
前作よりも細かいところまで緻密に作れたという手応えはあります。今回、ホーンがたくさん入っていたり、「Sweet Darwin」がバラードだったりとちょっと前の僕らならやらなかったことに挑戦しているんです。それは今年3月にQUATTROでワンマンをやったあと、サーキットイベントやフェスに出演して、初めて僕らのライヴを観るお客さんの心を躍らせるには楽曲の細かいニュアンスではなく、もっと分かりやすい…それこそスタジアム映えするような華やかさやバンドなりのイメージを伝えて、そこでどれだけパンチを込められるかが大事だと考えるようになったからなんです。それで、これまで気にしていた細かいことは1回忘れて、いろいろ新しいことを試しながら曲の中に、分かりやすい顔を作っていったんですけど、そこからの作業は結構細かいこだわりを追求していきましたね。
藤田
歌がある以上、歌が一番の主人公ではあるんですけど、歌の情景をうまく作るために結果的にフレーズや音の作り方が繊細になったのかもしれないです。ただ、音数を減らしたことも含め、やっていることは前作に比べてシンプルになっていると思うんですよ。

こだわりながら作った音がどれも際立って聴こえるのはシンプルになっているからこそなんですね。「Sweet Darwin」はアニメ『うどんの国の金色毛鞠』のエンディングテーマですが、バラードというリクエストだったのですか?

吉崎
オープニングがテンポ感のある雰囲気なりそうだからエンディングはスローめがいいかもってぐらいの感じだったんですよ。僕が作った最初のデモの段階では実はもうちょっとテンポも速くて、ビートが利いていたんです。イントロからビートがあったんですけど、せっかくだからもっと歌を聴かせようということになって、まずイントロのビートが消え、次にAメロのドラムが消え、Bメロからベース/ドラムがインするパターンになって。ずいぶん思い切ったなと思っていたら最終的にBメロのそれも消え、サビからバンドインという(笑)。デモからはガラッと変わったんですけど、結果的にはそこまで思い切りできて良かったと思います。
藤田
1番であそこまで音数を減らしたからこそ、2番でバンドが入ってきて曲の世界観が広がりますよね。
チャー
これまではバラードでも、どこかにダンスの要素を加えて、僕ららしくしていたから、ここまで思い切ったものは初めてでしたね。

ただ、バンドの演奏が加わってからは曲調がググッと盛り上がる。そこはやっぱりバンドがやるバラードだなと思いました。

吉崎
そういうふうに聴いてもらいたかったんですよ(笑)。
有安
そうじゃなきゃヤバいですからね。GOODWARPは歌や歌詞が大きな武器ではあるんですけど、裏テーマとしてメンバーそれぞれに“ここを聴いてほしい”ってところがあるんです。その意味では、バンドマンとしても胸を張って聴いてもらえる作品になったと思います。

これまで得意としていた4つ打ちではないダンスミュージックに挑んだ「bravo!bravo!bravo!」では、どんな試みをしているのですか?

吉崎
そもそもはダツ・ダツ・ダツって頭打ちのビートの曲を作りたかったんです。あのビートってブラックミュージックというか、もともとのルーツはモータウンサウンドだから、みんなそこは大好きなんですけど、そこに寄りすぎると、僕らがやるには土臭くなりすぎてしまう。踊れる音楽にはしたいけど、あのビートを生かしながら、アメリカではなく、どちらかと言うとヨーロッパの風を吹かせようって。アレンジする時にみんなで話をして、歌メロは変えずにそれをどう聴かせるかってところでコードをいろいろ試してみました。
藤田
符割もダツ・ダツ・ダツに対して、ド・ド・ドだったんですけど、ド・ドーン・ド・ドーンって変えてみたんです。そうすると、ふわっとするというか、優雅になるというか、汗臭さがなくなるというか。ちょっとずつそっちに向かっていった感じですね。
吉崎
結果、だいぶ軽やかになったよね。

GOODWARPの曲は歌詞も聴きどころですが、「bravo!bravo!bravo!」はロマンチックな光景を描きながら、単なる絵空事になっていないところと捻りがあるところがいいと思いました。

吉崎
まず賑やかなビートがあったから、この感じだったらちょっとぐらいスケベなことを歌っても大丈夫だろうって(笑)。実は、かなり内面をえぐっているラブソングにできたと思います。大袈裟に言うと人生賛歌…ちょっとスケベな人生賛歌にしたかったんです。僕の中では結構ドロッとした歌詞という気持ちがあるんですけど、こういうダンサブルなサウンドだからこそ歌えたってところはありますね。これをバラードで歌ったら、ただのキモい奴になったと思うんですよ(笑)。

でも、《計算上 君の遺伝子は 僕を選ぶだろう》って、キラーフレーズだと思いますよ。

吉崎
ああ~、あそこはナルシシズムが炸裂しているからテンポが速くないと歌えないですね(笑)。

《一個上の君》という設定も絶妙ですね。

吉崎
年下じゃないと思ったんですよ。この曲に似合うのは、年上なんだけど、“いいからおいで”ってリードするのはタメ語で喋っている年下の俺って設定。そのほうがときめくし、見ようによってはなんかいやらしいし(笑)。11月29日と12月15日に東京と大阪で開催する自主企画イベント『YOASOBI』でもきっとこの曲が会場のテンションを上げてくれると思うので、ぜひ楽しみにしてほしいですね。
『bravo!bravo!bravo! / Sweet Darwin』2016年11月16日発売VAP
    • 【うどん盤】
    • VPCC-81886 1500円
    • ※アニメ描き下ろしイラスト紙ジャケット仕様 ※ポスター&セルフライナーノーツ封入 ※プレイパス対応/特典映像ダウンロード付き:「Sweet Darwin」MV(Full Size)
    • 【通常盤】
    • VPCC-81887 1500円
    • ※紙ジャケット仕様 ※ポスター&セルフライナーノーツ封入 ※プレイパス対応/特典映像ダウンロード付き:「bravo!bravo!bravo!」おまけ付きMV(Full Size)
GOODWARP プロフィール

グッドワープ:2012年1月結成。90’sポップス、シティポップ、クラブミュージック等への愛着を感じさせるダンサブルなサウンドメイクの中に、温もりある日常ドラマを歌う3人組バンド。結成後すぐに『出れんの!?サマソニ!?2012』を勝ち抜き、その後も『MINAMI WHEEL』や『COMIN’KOBE』をはじめとする各地のイベントへ勢力的に出演。初の描き下ろしバラード曲がアニメ主題歌に起用されるなど、注目度上昇中! 17年1月からはFM PORT『Tokyo→Niigata Music Convoy Wednesday』パーソナリティを担当。4月に有安祐二(Dr)が脱退し、現在の体制となる。GOODWARP オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。