Sonar Pocket

Sonar Pocket

Sonar Pocket、惹かれ合う男女の恋愛
を綴った新曲「段々男女物語」を7月
12日にリリース

今作はポップサウンドのイメージが強いSonar Pocketのイメージを一新したトロピカルサウンドにあわせ、『同じ出会いなんて2度とは無い』をテーマに、惹かれ合う男女の恋愛を綴った楽曲だ。また、ジャケットデザインはeyeron(Vo)が指揮をとり、楽曲に沿った“惹かれあう男女の物語"をイメージさせるものとなっている。

MVではモデルとして活動し、男女問わず人気を集めているメロディー洋子氏をキャスティングに抜擢し、メンバーとの“ヴァーチャル疑似恋愛"を想像させるストーリーに。最後のシーンまで見逃せない、何度も見てほしい作品に仕上がった。なおシングルの初回限定盤にはMVとあわせて、撮影当日のメンバーオフショットも収録される。

また、発売を記念したリリースイベントも日本各地で開催予定との事。詳細は近日中にオフィシャルHPや各種SNSにて発表されるので、楽しみに待とう。さらに7月29日からは全国14都市28公演の全国ツアーを開催するSonar Pocket。ツアーの締めくくりは、5年ぶりとなる日本武道館での公演を2日間にわたって行なわれる。幕を開けたばかりの、Sonar Pocket第2章の物語に要注目だ。

シングル「段々男女物語」

2017年7月12日 発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL−31318/¥1,296+税
<収録曲>
■CD
M1. 段々男女物語
M2. イニシアチブ
M3.段々男女物語 – Instrumental
M4.イニシアチブ- Instrumental
■DVD
段々男女物語 Music Video + オフショット映像

【通常盤】(CD)
WPCL−12678/¥926+税
<収録曲>
M1.段々男女物語
M2.イニシアチブ
M3.段々男女物語 – Instrumental
M4.イニシアチブ- Instrumental

【2017年ワンマンツアー 詳細情報】

7月29日(土) 埼玉・狭山市市民会館
7月30日(日) 埼玉・狭山市市民会館
8月05日(土) 岐阜・バロー文化ホール
8月06日(日) 岐阜・バロー文化ホール
8月12日(土) 福岡・福岡市民会館
8月13日(日) 福岡・福岡市民会館
8月19日(土) 鹿児島・宝山ホール
8月20日(日) 鹿児島・宝山ホール
8月26日(土) 京都・ロームシアター京都
8月27日(日) 京都・ロームシアター京都
9月02日(土) 新潟・新潟テルサ
9月03日(日) 新潟・新潟テルサ
9月09日(土) 北海道・札幌教育文化会館
9月10日(日) 北海道・札幌教育文化会館
9月16日(土) 仙台・エレクロトンホール宮城
9月17日(日) 仙台・エレクロトンホール宮城
9月23日(土) 広島・広島文化学園HBCホール
9月24日(日) 広島・広島文化学園HBCホール
9月30日(土) 愛知・名古屋センチュリーホール
10月01日(日) 愛知・名古屋センチュリーホール
10月07日(土) 高松・サンポートホール高松
10月08日(日) 高松・サンポートホール高松
10月21日(土) 大阪・大阪グランキューブ
10月22日(日) 大阪・大阪グランキューブ
10月21日(土) 静岡・静岡市民文化大ホール
10月22日(日) 静岡・静岡市民文化大ホール
11月10日(金) 東京・日本武道館
11月11日(土) 東京・日本武道館
Sonar Pocket

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着