主演俳優や勝地涼、広瀬アリス、鈴木達央らも登場! 『パワーレンジャー』ジャパンプレミアム、7月3日開催

    メイド・イン・ジャパン”のヒーローを総製作費120億円の圧倒的スケールで描く、日米ハイブリッド超大作『パワーレンジャー』が7月15日(土)より全国公開となります。
    アメリカで最も成功したジャパニーズコンテンツとして愛され、日本人なら誰もが知る“ジャパニーズ・ヒーロー”が、ハリウッドの圧倒的スケールによって誰も見たことがない、新たなヒーローとして覚醒いたします!

    このたび、本作の主人公レッドレンジャー(ジェイソン)を演じるデイカー・モンゴメリーとピンクレンジャー(キンバリー)を演じるナオミ・スコット、そしてディーン・イズラライト監督が初来日することが決定いたしました!
    日本生まれ、アメリカ育ちのヒーロー、レッドレンジャーとピンクレンジャーを演じる2人が、日本のファンのために待望の凱旋を果たします。初来日となる2人からのコメントも到着しました!
    アメフト部のスター選手でありながら選手生命を絶たれてしまい、自分の存在価値に悩む高校生・ジェイソンを演じるのは、デイカー・モンゴメリー。オーストラリア出身で、名優ヒュー・ジャックマンを輩出した演技学校である西オーストラリア・パフォーミングアート・アカデミー(WAAPA)を卒業し、本作がハリウッドデビュー。“第2のヒュー・ジャックマン”との呼び声も高い22歳のイケメン俳優です。
    そして、学校内でだれもが憧れる女子グループのトップとして君臨しながら、些細な事件でその地位を追われ孤立してしまうヒロイン・キンバリーを演じるのはナオミ・スコット。ロンドン出身で、巨匠スティーブン・スピルバーグによる大人気ドラマ「TERRA NOVA/テラノバ」では主人公の娘マディ役を演じ、『オデッセイ』では日本人のリョウコ役を演じ注目を集めた24歳。
    また、今回『パワーレンジャー』のメガホンを取ったのは、本作が映画監督2作目となるディーン・イズラライト監督。南アフリカで生まれ、TVシリーズの「パワーレンジャー」を観て育ったという監督は、オリジナルへリスペクトしつつ、現代的なアプローチで本作を作り上げました。
    ハリウッドのこれからを担う若手俳優の2人とディーン・イズラライト監督が今回初来日を果たし、7月3日(月)に開催されるジャパンプレミアに登場いたします! なお、ジャパンプレミアには3人のほかに吹き替え声優を務める勝地涼さん、広瀬アリスさん、鈴木達央さん、山里亮太さん、古田新太さんが登場予定です。
    合わせて、レンジャーたちと相棒メカ=”ゾード“の大迫力アクションシーンが満載の新映像<バトル編>も解禁! 運命によってパワーレンジャーに選ばれた5人が、初めて相棒メカ=”ゾード”に乗りこみテンションMAXで出撃するシーンや、最強の敵であるリタ・レパルサたちとのバトルシーンなど一瞬たりとも見逃せない内容が満載!
    さらに、レッドレンジャーがパワーソードを片手に敵をなぎ倒すなど、手に汗握る激しいアクロバティックなシーンはもちろん、ゾードに乗り込んだブルーレンジャーがコックピットを操作したり、ピンクレンジャーの相棒ゾードの先端が変形し、敵にビーム砲を放つシーンなどゾードの細部も描かれており、メカ好きにもたまらないシーンが盛り込まれています。そして地球を救うため、レッドの「行くぞ!」の掛け声で1つになった5人のレンジャー。本編で繰り広げられる、相棒ゾードの合体ロボ・”メガゾード”VS巨大な敵・ゴールダーのメカバトルが待ち遠しくなる内容です。
    『パワーレンジャー』新映像<バトル編>編

    ◆初来日となる二人からのコメントも到着!
    【デイカー・モンゴメリー コメント】
    日本に行けることに、最高に興奮しています!
    素晴らしい人々、素晴らしい文化、パワーレンジャーのツアーを締めくくるのにふさわしい場所です。
    またすぐ会いましょう!
    【ナオミ・スコット コメント】
    Hi Japan!
    全てのパワーレンジャーファンの皆様にお会いすることにとっても興奮しております。
    もうすぐ会えますね:)
    ★『パワーレンジャー』とは?
    1993年に全米で放送開始され、20年以上も続くテレビシリーズ。日本の特撮シーンと、外国人キャストで撮り直したドラマシーンを再編集して生まれたこのヒーローは、瞬く間に全米で人気を博し、アメリカの子供番組史上最高視聴率を記録。
    クリスマスに玩具の品切れ騒動が起こるなど、まさに社会現象に。今もなお放送が続き“米国で最も成功したジャパニーズコンテンツ”と言われている日本が誇るスーパーヒーロー。それが「パワーレンジャー」です。
    ≪STORY≫
    遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな戦いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に帰ってくる。
    小さな町・エンジェル・グローブに、普通に暮らす若者たちがいた。ジェイソン、キンバリー、ビリー、トリニー、ザック。ありふれた日々を過ごす彼ら5人は、偶然にも同じ時間、場所で不思議なコインを手にし、超人的なパワーを与えられる。
    自分たちの力に困惑する彼らの前に現れたのは、かつて世界を守っていた5人の戦士=“パワーレンジャー”の一人・ゾードンと機械生命体・アルファ5。
    かつて古代の地球で封印された悪の戦士=リタ・レプルサが蘇り、再び世界を滅ぼそうとしていること、そして彼ら5人はその脅威に立ち向かうべくコインに選ばれた、新たな「パワーレンジャー」であることを明かされる。
    しかし、自らの運命を受け入れられない彼らは、まだ、その秘めたる力を解放できずにいた。地球に残された時間はあとわずか。果たして彼ら普通の高校生に、この世界を救うことが出来るのか?
    世界がそして、仲間たちが危機にさらされた時、ついに“その力”が目覚める。
    【監督】ディーン・イズラライト
    【脚本】ジョン・ゲイティンズ(『フライト』『キングコング: 髑髏島の巨神』『リアル・スティール』)、アシュリー・ミラー『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『マイティ・ソー』
    【音楽】ブライアン・タイラー(『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』「ワイルド・スピード」シリーズ)
    【製作総指揮】アリソン・シェアマー(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『ハンガー・ゲーム』『シンデレラ』)、
           ブレント・オコナー(『グッド・ウィル・ハンティング』、『ジュマンジ』)
    【キャスト】デイカー・モンゴメリー/ナオミ・スコット/RJ・サイラー/ベッキー・G/ルディ・リン/ビル・ヘイダー(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)/ブライアン・クランストン(「ブレイキング・バッド」『GODZILLA』『トータル・リコール』)エリザベス・バンクス(『スパイダーマン』、『ピッチ・パーフェクト』シリーズ)
    【吹き替えキャスト】勝地涼/広瀬アリス/杉田智和水樹奈々/鈴木達央/沢城みゆき/山里亮太/古田新太
    ★公式サイト:http://www.POWER-RANGERS.jp/ ★公式Twitter:@PowerRangersJP #パワレン (https://twitter.com/PowerRangersJP
    ★公式Facebook:https://www.facebook.com/PRMovieJP
    Related posts:

    Voice-Style

    声優ファンのための、無料で、わかりやすく、オープンな情報サイトとして、ニュース、データベース、コンテンツの3つを提供しています。声優を好きになった人たちを肯定し、応援し、いっしょに楽しめるメディアを目指しています。

    0コメント