5月25日@代官山UNIT

5月25日@代官山UNIT

MIYAVI、都内15本対バンライブでGLI
M SPANKYと熱いセッションを披露

GLIM SPANKYは昨年大ヒットした「怒りをくれよ」をはじめ、テレビ朝日『警視庁・捜査一課長 season2』の主題歌「美しい棘」など、全8曲を披露。

MIYAVIは、映画『無限の住人』主題歌「Live to Die Another Day - 存在証明 -」をはじめ、「Fire Bird」「Afraid to be Cool」と全19曲を披露し、SOLD OUTとなったこの日の観客を魅了した。最後に、MIYAVIとGLIM SPANKYの亀本寛貴(G)による「What's My Name ? 2017」を披露し、会場を大いに盛り上げた。その後、GLIM SPANKYの松尾レミも登場し、ステージ上から観客に向けて写真撮影を行なった。

対バンライブ2日目を終えたMIYAVIは、『Neo Tokyo 15 第二夜にして、燃え尽きました。が、まだまだ、攻めて行きます。Let's rock the future together.』とコメント。GLIM SPANKYの松尾レミも『最高に熱いパーティーでした! 日本の中の東京というより、世界の中の東京だと感じた夜。またMIYAVIさんと一緒にライブしたい!』とコメントし、亀本寛貴は『僕にとっては念願叶ってのツーマンだったので熱いライブになって良かったです! 最後のセッションもとても刺激的でした!』と世界のギタリスト・MIYAVIとのセッションを喜んだ。

デビュー15周年を迎え、さらに、勢いを増して、全世界を駆け巡り、魅了し、故郷の日本に戻ってきた“サムライ・ギタリスト"MIYAVI。世界を躍らせる熱きビートと、その日にしか起こらないドラマと熱を、ぜひ目撃してほしい。

『NTT DOCOMO presents MIYAVI 15th A
nniversary Live “NEO TOKYO 15"』

5月26日(金) Zepp DiverCity
(GUEST:氣志團、ゆるめるモ!)
5月28日(日) 下北沢GARDEN
(GUEST:LOCAL CONNECT)
6月06日(火) 赤坂BLITZ
(GUEST:金子ノブアキ)
6月10日(土) duo MUSIC EXCHANGE
(GUEST:coldrain)
6月11日(日) LIQUIDROOM
(GUEST:04 Limited Sazabys、魔法少女になり隊)
6月12日(月) LIQUIDROOM
(GUEST:SiM)
6月15日(木) TSUTAYA O-EAST
(GUEST:Crossfaith)
6月21日(水) clubasia
(GUEST:Crystal Lake)
6月22日(木) TSUTAYA O-WEST
(GUEST:OKAMOTO'S)
6月24日(土) 渋谷WWW
(GUEST:Charisma.com)
6月25日(日) 渋谷WWW X
(GUEST:ちゃんみな)
6月27日(火) 渋谷CLUB QUATTRO
(GUEST:ACIDMAN)
6月29日(木) 新木場STUDIO COAST
(GUEST:三浦大知)
※終了分は割愛
5月25日@代官山UNIT
5月25日@代官山UNIT
5月25日@代官山UNIT
5月25日@代官山UNIT
5月25日@代官山UNIT
5月25日@代官山UNIT
アルバム『ALL TIME BEST “DAY 2"』【初回限定盤】(2CD+DVD)

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着