【インタビュー】真剣佑「自分に自信があれば好きな子をほかの人に譲らない」役として“存在”する役者の生き様

    【真剣佑 サイン入りチェキプレゼント企画】
    5月18日〜20日に掲載されるランキング記事&インタビュー記事下に3つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、20日掲載のプレゼント企画記事をチェック!

    ■“去る者は追わず”タイプ!?意外にドライな恋愛事情が見え隠れ

    ――真剣佑さんが演じたとーじは、いまどき珍しいくらい硬派で真面目な男の子。主人公・ももへの恋心も不器用なくらい真っすぐでカッコ良かったです。
    真剣佑 劇中では伊野尾ちゃん演じるカイリが、ももちゃんの幸せを願うキャラクターとして描かれているじゃないですか。でも僕にとってはとーじこそまさにそういうタイプで、自分のことを後回しにして常にももちゃんのことを考えている。そこはとーじの一番の魅力だなって誇りを持って言えます。

    ――真剣佑さんもそういうタイプ?
    真剣佑 僕は「幸せになってほしい」っていうよりは、「幸せにしたい」って気持ちの方が強いかも。だから自分に自信があればとーじみたいに好きな子をほかの人に譲らないと思う。ただ“去る者は追わず”ってタイプなので、相手の子が別の人に行くっていうならすぐ諦めます(笑)。

    ――とーじと真剣佑さんの恋愛観はちょっと違うと。
    真剣佑 そうですね。でも、そもそも僕はとーじに限らず自分を役に寄せたりクロスさせることがない。役と自分はまったく別物って捉えているんですよ。だから役に入るときは例えばとーじだったら、現場に入ってメイクをして髪の毛をセットして衣装を着ていくうちにとーじを作り上げていくっていうか。とーじそのものになっていく感じ…。言葉でうまく説明できないんですけど、それが僕の役との向き合い方なんです。

    ――いわゆる憑依型というか。役として“存在”する感覚に近いんでしょうね。とーじを演じているときは撮影の合間とかも、とーじになり切っているんですか?
    真剣佑 とーじのときはそうでもなかったけど、癖のある役だと普段のしゃべり方も役と同じになったりすることはあります。例えば“ジョジョ”(映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』)の億泰役をやったときは、歩き方や目つきまで完全に怪しい人になっていて。あの時期に道とかで僕と会った人達には本当、申し訳なかった(笑)。

    ――どの役をやっているかで、真剣佑さんを見た人の印象がまったく変わりそうですね。
    真剣佑 だから、悪役をやっているときはあまり外に出ない方がいいかも。多重人格だと思われそうですよね。でも、僕自身はそうやって役になり切ってしまう状態がまた楽しい。ある意味、生きがいかもしれないです。

    ■「伊野尾ちゃんはお兄ちゃんみたいな感じ」共演者の素顔を語る!

    ――それくらい演じることがおもしろいと。お芝居に目覚めたのはいつ頃ですか?
    真剣佑 ここ2年くらい。それまでは芝居ってものがわからなかったし、僕はアメリカで育ったので最初の頃は周りに壁を感じることも多くて。

    ――カルチャーショックがあった?
    真剣佑 ハグとかも日本で初対面の人にやったら、危ない人になっちゃうじゃないですか。そういう距離感みたいなものがわからないから僕も壁を作るようになってしまって。でも、最近はだんだん慣れてきて、現場にいるのも演じることもすごく楽しくなってきましたね。

    ――今作でも共演者の山本さんや伊野尾さん、永野芽郁さんとはすごく仲が良くて。撮影の合間にはエンドロールに使うための4人のオフショットを撮るミッションを与えられていたとか。
    真剣佑 それぞれ役として撮ってくださいってことで監督からケータイを渡されていたんだけど、僕が「みんなで撮ろうよ!」ってよく声を掛けていた気がします。僕、日によってアメリカンな感じになるんですよ。

    ――アメリカン?フレンドリーになるってこと?
    真剣佑 はい。日本の人ってシャイな人が多いから、こっちから距離を縮めた方がいいかなと思って。あと伊野尾ちゃんとはふたりでご飯を食べに行くこともあって、この間は食事した後にカラオケも付き合ってくれました。「マッケン、眠いよー」って言いながら一緒にカラオケに行って、僕がひとりで歌っている横で伊野尾ちゃんはなぜかラーメンを食べている、みたいな(笑)。本当、お兄ちゃんみたいな感じなんですよね。

    ――劇中ではそんな伊野尾さんに真剣佑さんが“壁ドン”ならぬ“木ドン”するシーンもありましたが。
    真剣佑 僕、壁ドン自体、初めてだったので力加減がわからなくて“ドン”じゃなく“ドーン!!”って、すごい強くやっちゃったんですよ。これでいいのかな?って思ったんだけど、男同士の壁ドン(木ドン)って不思議な感じですよね?

    ――いや、それはそれで十分、萌えました(笑)。完成した映画を観た印象は?
    真剣佑 全編キュンキュンしました。「5分に1度、恋の事件が巻き起こる!」ってキャッチコピーにありますけど、本当にそんな感じでドキドキもハラハラもするし、泣ける場面もあって入り込めるんですよ。で、観終わった後はスカッとした気分になれるので、若い女性だけじゃなくいろんな人に観てもらいたいですね。

    文/若松正子

    アーティスト

    タグ

      ランキングBOX

      “気になる人の気になるランキング”をテーマに、様々な分野の著名人へ直撃した「MY BEST3」を紹介!オリジナルのランキングインタビュー記事をはじめグルメなどのトレンド情報やエンタメなどのストレートニュースなども毎日配信中です。

      3コメント
      • 【インタビュー】真剣佑「自分に自信があれば好きな子をほかの人に譲らない」役として“存在”する役者の生き様 - okmusic UP's https://t.co/16WY6OpY23
      • [エンタメ]【インタビュー】真剣佑「自分に自信があれば好きな子をほかの人に譲らない」役として“存在”する役者の生き様 - okmusic UP's https://t.co/ZM3nh4ctwi 累計1300万部越えのウルトラヒットコミックを映画化した『ピーチガール』は、恋の三…
      • 【インタビュー】真剣佑「自分に自信があれば好きな子をほかの人に譲らない」役として“存在”する役者の生き様 - okmusic UP's https://t.co/TFeL7uO0wm 2017-05-19 21:00:14