配信限定スペシャルライブ東京遊駿『TIME TO PLAY』キャプチャ

配信限定スペシャルライブ東京遊駿『TIME TO PLAY』キャプチャ

水曜日のカンパネラ×第84回日本ダー
ビーのコラボによる配信限定SPライブ
映像が公開

これは、5月28日(日)に東京競馬場で行なわれる第84回日本ダービー(GI)と水曜日のカンパネラがコラボレーションしたプロジェクト「東京遊駿」の一つとして行なわれたもので、東京ドーム約13個分の敷地面積(622,635㎡)、来場者数約15万人を集客する東京競馬場で観客を入れず、水曜日のカンパネラの公式Facebook、Twitter、Youtubeという3つのSNSから同時中継された。配信された23分間で視聴数は10万人を超え、累計再生回数は公開から一夜にして50万再生を超える盛り上がりをみせた。

今回公開されたライブの裏側を映したディレクターズカット版では、一回限りの東京競馬場内を移動しながら行なうライブという類をみないパフォーマンスの制作の舞台裏が明らかになっている。

さらに、水曜日のカンパネラ×日本ダービーのコラボレーション「東京遊駿」の第二弾が近日中に公開されることも予告されている。大きな反響を呼んだ『TIME TO PLAY』SPECIAL LIVE@東京競馬場につづく第二弾では、どのような形でコラボレーションを見せるのか注目したい。

【東京遊駿『 TIME TO PLAY 』SPECIAL
LIVE@東京競馬場 レポート】

今回のライブにおけるコムアイの設定は「ダービー出走馬」。コムアイが、日本ダービーに出走する競走馬たちの移動ルートに沿って、歌い駆け巡る史上初のライブパフォーマンスとなった。

配信がスタートすると一筋の光に照らされたコムアイの顔が映る。競走馬を輸送するために使われる馬運車から登場し、『ツイッギー』とともにスペシャルライブの幕が開く。普段は絶対に入ることができない装鞍所で歌うコムアイが、馬の体重計に乗って体重が表示されたり、サーモグラフィーカメラの前に現れたりするなど、生ならではの演出を披露。そのまま地下馬道を藁の積まれた車の荷台で移動しながら『松尾芭蕉』を歌い、パドックへと到着。パドックではダービー出走馬コムアイの情報が映し出されたパドックビジョンを背景に『アラジン』を歌唱。照明演出の施されたホースプレビューでは『オードリー』を歌いながら駆け巡り、ウイナーズサークルでは『ユタ』で勝ち誇った馬をイメージしながらフジビュースタンドの観客席を駆け登る。スタンドでは、歌うコムアイと17人のダンサーが、日本ダービーに出走する18頭の競走馬を表現。神秘的なダンスを踊りながらフィナーレへと向かう。普段競馬場の観客席では決して行なわれることのない、またライブ中継とは思えないMV並みの演出クオリティは、見る人全てを引き込み、ライブ中継をしたSNS上でも「本当に生配信なの?!」という驚きと、一度限りのライブパフォーマンスを惜しむ感動のコメントが多くみられ、今までにない形の熱量のあるエンターテインメントコンテンツを作り出した。

アルバム『SUPERMAN』

発売中
【CD版】
WPCL-12464/¥3,000+税
【USB版】
WPEL-10009/¥3,000+税
<収録曲>
M1-アラジン
M2-坂本龍馬
M3-一休さん
M4-オニャンコポン
M5-チンギス・ハン
M6-チャップリン
M7-オードリー
M8-カメハメハ大王
M9-世阿弥
M10-アマノウズメ

「水曜日のカンパネラ・ワンマンライブ
ツアー 2017 〜IN THE BOX〜」

6月07日(水) 札幌・PENNY LANE24
6月09日(金) 函館・金森ホール
6月10日(土) 青森・青森Quarter
6月14日(水) 仙台・Rensa
6月16日(金) 静岡・SOUND SHOWER ark
6月24日(土) 福井・響のホール
6月25日(日) 新潟・studio NEXS
7月07日(金) 名古屋・DIAMOND HALL
7月09日(日) 高松・festhalle
7月11日(火) 福岡・DRUM LOGOS
7月13日(木) 鹿児島・CAPARVO HALL
7月16日(日) 岡山・YEBISU YA PRO
7月17日(月・祝) 広島・CLUB QUATTRO
7月19日(水) 大阪・ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月26日(水) 新木場・STUDIO COAST
8月18日(金) 沖縄・ミュージックタウン音市場
配信限定スペシャルライブ東京遊駿『TIME TO PLAY』キャプチャ
配信限定スペシャルライブ東京遊駿『TIME TO PLAY』キャプチャ
配信限定スペシャルライブ東京遊駿『TIME TO PLAY』キャプチャ
配信限定スペシャルライブ東京遊駿『TIME TO PLAY』キャプチャ
配信限定スペシャルライブ東京遊駿『TIME TO PLAY』キャプチャ
配信限定スペシャルライブ東京遊駿『TIME TO PLAY』キャプチャ
配信限定スペシャルライブ東京遊駿『TIME TO PLAY』キャプチャ
配信限定スペシャルライブ東京遊駿『TIME TO PLAY』キャプチャ
配信限定スペシャルライブ東京遊駿『TIME TO PLAY』キャプチャ
配信限定スペシャルライブ東京遊駿『TIME TO PLAY』キャプチャ
配信限定スペシャルライブ東京遊駿『TIME TO PLAY』キャプチャ
配信限定スペシャルライブ東京遊駿『TIME TO PLAY』キャプチャ
配信限定スペシャルライブ東京遊駿『TIME TO PLAY』キャプチャ
水曜日のカンパネラ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着