EDC Japan 2017 直前特集! イエロー・クロウのスゴさを振り返る!! <後編>



    そんな絶好のタイミングに、彼らはなんとニューアルバム『Los Amsterdam』と、初のベストアルバム『Yellow Claw – Special Japan Edition』を同時リリース!

    このアルバムの国内盤ライナーノーツ(解説)をEDM MAXX編集部が執筆したというわけで、本特集では彼らの凄さを振り返りつつ、その解説の一部をご紹介します。

    全曲ボーカル入りでジャンルを超えたニューアルバム!

    イエロー・クロウのニューアルバム『Los Amsterdam』は、DJスネイクからのお返しなのか、今度は彼がゲストで参加。

    ディプロご贔屓のスウェーデン人女性シンガーのエリファントと共に「Good Day feat. DJ Snake & Elliphant」にフィーチャー。

    そのほか「Invitation feat. Yade Lauren」、大ヒット中の「Love & War feat. Yade Lauren」なども収録。この2曲でボーカルを担当するイェイド・ローレンは、オランダ出身の19歳のシンガー。

    同じくオランダ出身のロシェルも「Shot Gun feat Rochelle」を歌った時には20歳前後だったはずだが、新しい才能の発掘には常に積極的なようだ。

    ちなみにチェイス(イエロー・クロウのレーベルに所属する中国人アーティスト)は17歳。ニューアルバムにはロシェルも再び参加し「Light Years feat. Rochelle」でパワフルな喉を披露している。

    ファーストアルバム『Blood For Mercy』の制作では、シングル制作では味わえない自由を楽しんだと語っていた彼ら。セカンドアルバムでも同様だったに違いない。

    全曲がボーカルトラックで構成され、メロウな歌モノから、思わず腰を振ってトワークしたくなる「City On Lockdown feat. Jucy J & Lil Debbie」のような激しいクラブバンガーまで、あらゆるタイプを網羅。

    これぞ今のリスナーが求める折衷スタイルの集大成。

    時に熱く激しく、時にクールでセツナなサウンドを巧みに展開する。時代に寄り添ったというより、ようやく時代が彼らに追いついたと言うべきか。しかし散漫な印象は皆無。前作以上に彼ららしさや統一感に貫かれている。

    もしかして大の日本好き?

    2016年以降の彼らの動向を振り返っておきたいのだが、ご存知のように、2016年5月に初来日公演を東京・新木場「ageHa」で行ない、9月には『SENSATION JAPAN』で再来日。

    さらに、2017年の年明け早々には「electrox 2017」で来日したのに加えて、4月末の『EDC Japan 2017』への参戦も決定している。

    もしや大の日本好き?

    というのは、今後会った時にでも直接本人たちに訊きたいものだが、アジア好きというのは間違いなさそうだ。



    ヒット曲「Till It Hurts feat. Ayden」のミュージック・ビデオはタイのバンコクで撮影されていたうえ、彼らの発足したレーベルBarong Familyのバロンとは、インドネシアのバリ島に伝わる聖獣のこと。

    そのうち大金持ちになったら、バリ島に住みたいのだとか(すでに別荘くらい持ってそうだが…)。

    Barong Familyには、彼らも共演しているチェイスのような中国人アーティストも所属。

    つい先日『The Barong Family Compilation』なるコンピ・アルバムもリリースされ、レーベル所属アーティストたちが多数登場する短編ドキュメンタリー『The Barong Family Album Documentary』もオンライン公開されているので、ぜひともチェックを!

    トリオからデュオへ

    ただ残念なことに、2016年の『EDC Las Vegas』のステージを最後に、MCのビジーがグループを脱退。

    すでにビジー抜きの彼らのステージを体験したファンも多いかと思うが、今後はMCを加えることなく、デュオとして活動を続けていくようだ。

    突然の脱退だったとはいえ、今でもビジーとは仲良しで頻繁に連絡を取っていると語っている。

    DJスネイクとの相性バツグン!

    2016年8月にリリースされたDJスネイクのファーストアルバム『Encore』には、以前からコラボを繰り返してきた彼らも参加。

    両者の共演による「Ocho Cinco」には多数のリミックスが作られたが(実に30バージョン近くも!)、Your EDMの最新インタビューで、彼らはマイク・セルヴェロによるリミッックが特にお気に入りだと答えている。

    マイクもBarong Familyに所属する躍進中の注目アーティストだ。

    『EDC Japan 2017』の日本初上陸にそなえて、イエロー・クロウのニューアルバム『Los Amsterdam』とベストアルバム『Yellow Claw –Special Japan Edition』を、しっかり聴き込んでおけば楽しさ100倍じゃないでしょうか!?

    この記事に興味を持ったらEDMをライフスタイルとして提案する総合ポータルサイト「EDM MAXX」をチェックしてみよう!http://edmmaxx.comText by EDM MAXX編集部(Q)
    Photo by Dennis Branko

    http://edmmaxx.comhttps://www.facebook.com/edmmaxx/https://twitter.com/edmmaxxリリース情報Yellow Claw
    Los Amsterdam

    レーベル名:avex EDM
    オフィシャルサイト:http://yellowclaw.comリリース情報Yellow Claw
    Special Japan Edition

    レーベル名:avex EDM
    オフィシャルサイト:http://yellowclaw.comイベント情報EDC Japan 2017
    日程︓2017年4月29日(土・祝)・30日(日)の2日間
    場所︓ZOZO マリンスタジアム&幕張海浜公園・EDC特設会場
    時間︓10時開場、11時開演予定

    ■チケット料⾦
    受付期間:2017 年3月29日(水)12:00 ~ 4月27日(木)18:00(日本時間)2日通し券 29,000円(税込/ブロック指定)
    1日券 15,000円(税込/ブロック指定)
    2日通し券 VIP SOLD OUT
    1日券 VIP 35,000円(税込/ブロック指定)
    ★VIP 特典:(専用ライブ・ビューイング・エリア他)
    ※その他の特典は後日公式WEBサイトでご案内いたします。■受付URL
    EDC オフィシャル先着先行予約受付(国内)URL:http://eplus.jp/edc/
    EDC オフィシャル先着先行予約受付(海外)URL:http://eplus.jp/inb/edc/



    ■注意事項
    ※18 歳以上入場可、VIP は20 歳未満入場不可。
    ※入場時ID チェック有り。必ず顔写真付き身分証明書をご持参ください。
    ※アルコール飲料購入ご希望の方はID チェックブースにて顔写真付き身分証明書のチェックがござい
    ます。チェック後リストバンドを装着していただきます。
    ※雨天決行、荒天中止。
    ※各ステージの入場制限を行うことがあります。
    ※出演アーティストおよび出演ステージ変更によるチケットの払い戻しは致しません

    アーティスト

    タグ

      SPICE

      SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

      0コメント

        Amsterdamの関連情報