声優ユニット「NOW ON AIR」が鎌倉の高校生と共演 ラジオ番組「コトダマラジオ」放送開始

     「きみの声をとどけたい」は、湘南・鎌倉の海辺の町・日ノ坂町を舞台に、16才の少女・行合なぎさをはじめとする女子高生たちの悩みや葛藤、夢などを描く物語。誰も使っていないミニFMステーションに迷い込んでしまったなぎさは、でき心からDJの真似をするが、その声は思いがけない人へと届いていた。

     「コトダマラジオ」は、同作のメインキャラクターを演じる6人組新人声優ユニット「NOW ON AIR」の面々が、地元・湘南の高校に通う生徒たちと一緒に「声」を通じて、「言葉の持つ力」と「想い」を届けていく番組。第1回放送では、NOW ON AIR から龍ノ口かえで役の田中有紀と、浜須賀夕役の飯野美紗子が出演し、番組タイトルと湘南にちなんだ、「サザンオールスターズ」の「愛の言霊 ~Spiritual Message~」をオンエアしたほか、鎌倉高校の放送部員たちと、高校生ならではの悩みや夢について語りあった。

     収録を終えて、田中は「初対面の高校生たちと会話がつなげられるか心配だったけれど、コーナーが進んでいくごとにどんどん打ち解けて話しやすくなりました」と感想をコメント。「このラジオを通して高校生たちの考えを聞き、お互いにいい刺激を与えあい、声の力でリスナーの方々にも『コトダマ』ってあるんだなと考えてもらえる番組にしていきたいです」と意気込みを新たにし、飯野も「高校生たちの緊張感とエネルギーにあふれた空気感の中で、楽しい収録となりました。まっすぐな気持ちがストレートに伝わってきて、高校生たちに浄化された気分です。今後も、等身大の意見を吸収して、みんなの意見を聞いて番組を作っていきたいです」と手応えを語った。

     また、鎌倉高校の放送部員の面々も「プロの方々と一緒にラジオに関われる経験はとても貴重なので、財産にしたいと思います。ラジオを通して話すことが、コミュニケーション力を高めるいい経験になりました。NOW ON AIR のメンバーは、透き通っていて声量もある、いい声だなと思いました。今日の経験を生かして、NHKのNコンに挑んでいきたいと思います」と番組への出演を喜んでいる。

     「コトダマラジオ」は毎週水曜日午後11時から、鎌倉FM(周波数82.8MHz)で放送中。
    0コメント